• HOME
  • BLOG
  • 四字熟語
  • 油断大敵の意味と使い方を短文の例文で!語源と類語や英語の例文は?

油断大敵の意味と使い方を短文の例文で!語源と類語や英語の例文は?

自宅庭の風景写真

油断大敵とは?
意味は、注意を少しでも怠れば、思わぬ失敗を招くから、十分に気をつけよという、戒めの四字熟語のことわざになります。
使い方を短文の例文の作成で検証!
英語表現での、単語と例文や、ことわざの類義語(類語)や反対語にはどんな言葉が?
油断大敵の、ことわざの意味の神髄に、迫ってみようと思います。

スポンサーリンク

 

油断大敵とは?ことわざの意味の本質を探る!

 

油断大敵のイメージ写真

「油断大敵」

読み方は「ゆだんたいてき」です。
意味は以下のようです。

1:注意を少しでも怠れば、思わぬ失敗を招くから、十分に気をつけるべきであるという戒め。
2:「油断」は気をゆるめること。油断は大失敗を招くから、どんなものより恐るべき敵として気をつけよ、という意。
(新明快四字熟語辞典)
油断は大敵と思っていましめよ。大丈夫だろうと気をゆるめて注意を怠ると、思いもよらない危険を招くことになる。
(ことわざを知る辞典)

こんな意味になるんだな。
何か物事に対する行動を考えた時に、気を抜かずにシュミレーションしておくことは大事ですね。
それが、油断をしないコツのような気もします。

「このくらいは大丈夫」
「俺一人くらいなら・・」
「俺ワクチン二度打ったから大丈夫」

いえいえ・・決してそうではないんですよ~~~
危険が、常にそばに控えていますから。

 

油断大敵に思う本当の意味は?

 

一つの例ですが、大勢の中の、自分一人の存在を考えてみます。
これは昨今の社会情勢を鑑みて。

「油断」
は確かに、大敵ですね。
このくらいはいいだろう‥と誰でも思うんです。
私は守られてる・・そんな変な迷信のような考えをしていると、いつの間にやら気が付いたら、足元をすくわれた・・よくある話です。

私は違う・・これは油断以外の何物でもなくって、そう思った時点ですでに、ほかのその他大勢と、同じ位置にいるんだと思います。
まさに「油断大敵」だと思う。

 

油断大敵の語源や由来のお話!三つの説があり!

 

油断大敵のイメージ写真

「油断大敵」

の語源や由来のお話です。
「油断大敵」の語源には二つの説があるようです。
どんな言葉にも、大抵の場合由来がついて回ります。
油断は油を断つとも書きます。
どんな由来なのか、以下にまとめてみました。

 

比叡山延暦寺の根本中堂の「不滅の法灯」の説!

 

比叡山の「根本中堂」にある
「不滅の法灯」
が起源説です。

「不滅の法灯」とは?
以下のようです。

比叡山延暦寺の根本中堂内陣にある不滅の法灯(ふめつのほうとう)は、西暦788年(延暦7年)に最澄が根本中堂の前身である一乗止観院を建立した時に本尊の薬師瑠璃光如来の宝前に灯明をかかげて以来、1200年間一度も消えることなく輝き続けていると伝わっているため、「不滅の法灯」と呼ばれる灯火。
(wikipediaより)

開山の最澄の末法の世を乗り越えて、弥勒如来がお出ましになるまで・・僧侶が昔ながらの菜種油を朝夕の二回、継ぎ足して1200年以上・・
これこそ、緊張の糸が切れて、気を抜くと火が消えてしまう・・「油断大敵」ですね~~

なお、この
「不滅の法灯」は、山形県の「山寺」に分灯されています。
2021年オリンピックの山形県では、ランナーの聖火の火で、点火されました。

これは重い、語源説です。

 

原始仏教の経典「北本涅槃経」の逸話が語源の説!

 

此方も仏教にまつわる、逸話が語源になっているという説です。

仏教ですからインドが舞台です。
ある日のこと、王様が家来(部下)に、「油を満タンに入れた鉢をもって、街を歩くように命令」したそうな。
油を一滴でも漏らしたら、君を処刑すると‥(多分何か王様の気に入らないことをやってんだしょうな~~)

家来は、緊張しながら、八いっぱいの油を漏らさぬように、慎重を期したことは、想像に方くありません。
もし、少しでも気を抜いたら、鉢から油がこぼれ、私は亡き者に。

まさに植えの意味の解説の「注意を少しでも怠れば、思わぬ失敗を招く」ことを意味します。
ここから「油断大敵」という言葉が生まれたという説です。

 

古語の「ゆたに」が起源との説!

 

「ゆたに」
とは、古語では「のんびり」という、そんな様子を意味します。
万葉集に出てくる言葉です。

「のんびり」=怠け者

ですね。
この「ゆたに」が変化して「油断」になって、「油断大敵」になったという事ですが、これはちょっと無理がない?
っても、個人的には思います。

しかし、江戸のいろはかるたに採用されていたので、それもあながち無視はできないな~~とも思います。

スポンサーリンク

 

油断大敵を使う場面と使い方を短文の例文作成で!

 

「油断大敵」

を使う場面は、やはり結果として、油断大敵だった・・が多そうな気がします。

油断大敵というから、気を抜かずに行こう・・(事前の戒め)
もしくは
油断大敵というが、やはりこれはまずかった・(結果油断大敵だった)

かのどっちかと。
後者の場合が多そうな印象ですが、皆さんはどう思いますか?

 

油断大敵を使った例文を作成してみた!

 

以下のように作ってみました。

1:お金があると思って、浪費するとすぐになくなる。まさに油断大敵だな。不足を常と思わないと、人生思わぬ落とし穴が。
2:このくらいはいいか‥そう思うといつも失敗する。油断大敵ってこのこと。緊張感が大事なんだな。
3:いつもと気分を変えて、違う道路を・しかしこっちは狭くて危険がいっぱい。油断大敵とはこれを言うのかな?いつも道路を行こう。
4:甲子園の代表で、下馬評は優勝校筆頭。しかし油断大敵だ‥一回戦から全力で気を抜かず行こう。
5:毎日の健康運動だが、ちょっと気を抜くとさぼってしまう。油断大敵というが、これは本当だな‥怠けてはだめだな。

などなど・・身の回りや、感じたことから作ってみました。

  • 1:このくらいは
    2:今あるからいっか~~(お金)
    3:気分転換(普通はいいが・・)
    4:格下相手(気のゆるみ)

などなど・・たくさんの油断大敵が考えられます。

気を抜かずに行きましょう!!

 

油断大敵の類義語(類語)にはどんな言葉が?

 

油断大敵のイメージ写真

「油断大敵」

の類語(言い換え)には以下のような言葉があるようですね。

1:勝って兜の緒を締めよ
2:好事魔多し
3:猿も木から落ちる
4:油断はけがの元
5:油断強敵

などなど・・関連語は、結構多いですね。
気になる類語は、私の場合は

「勝って兜の緒を締めよ」

ですね。
これは確かに‥勝った後に、真の気のゆるみが出るんだな。
これは、日常でもそう思います。

 

油断大敵の反対語(対義語)にはどんな言葉がある?

 

油断大敵のイメージ写真

「油断大敵」

の反対語(対義語)ですが、どんな言葉があるかな~~って考えました。
油断の対極ですからこれはどう考えても

  • 「慎重」
    「堅実」

などではないかな~~と思います。
他には

  • 「警戒」
    「用心」

も入るかと思います。
いつもの反対語は、とても悩むのですが、今回はちょっとイメージしやすかったです。

*私個人の感想です

スポンサーリンク

 

油断大敵を英語で表現!単語や例文は?

 

いつものように検索で

油断大敵:Guardian enemy

う~~~ん・・わかりません・・いいのかな~~と。
他の英訳で

I’m Just Wild About Jerry
(油断大敵)

です。
諺があるようです。
以下です。

Security is the greatest enemy.
(安心は最大の敵=油断大敵)

ですね。
これ覚えた方がよさそうです。

ここで出てくる単語

enemy=敵

という意味の単語です。
これはなるほど~~でした。

・・・・・・・・・・・・
合縁奇縁とは?
意味や由来のお話で鵜s。
縁とは、奇遇なものですね~~

合縁奇縁とは?使い方を人生の例文で!意味や由来と英語訳での表現!

春風駘蕩って?

熟語の春風駘蕩の読みと意味は?季語の時期と使い方や例文と英語表現!

良い春の季節を、彷彿とさせてくれます。
・・・・・・・・

 

油断大敵ならぬ油断しっぱなしの自分の人生!感想とまとめ!

 

油断大敵のイメージ写真

「油断大敵」

の意味や、由来や語源について、また英語表現や短文の例文の作成など・・少しでもこの言葉の意味を理解しようと思って、調べたりしてきました。
語源は、とても参考になりました。
三つの説の、本当はどれなんでしょうか?

以前漫画で、「延暦寺」の説は載っていたので、知っていました。
他の二つは全く知りませんでした。

意味のおさらいです。

油断は大敵と思っていましめよ。大丈夫だろうと気をゆるめて注意を怠ると、思いもよらない危険を招くことになる。
(ことわざを知る辞典)

油断してしまって、失敗した~~の一つや二つは、誰もあるものだと思います。
私はしょっちゅうでしたが・

 

油断大敵がモットーだった私の人生!

 

「油断大敵」

どころか、油断しっぱなしで、よく騙されましたし、よく利用されました。
でも思うんだな~~
この年になっても、敵が多いんだな~~って。

油断すると、やられてしまう。
しかも、いいピエロだったり。

今も利用されそうな気分。
緊張のしっぱなしで、とても気分が憂鬱!

油断せずに、生きていかないといけませんね。
人生は、まだまだ先を見せていただけそうですから!

・・・・・・・・・
画竜点睛の故事のお話は、とても面白かったです。

画竜点睛の故事の話とは?意味や使い方と例文は?英語表現の考察!

熟慮断行とは?

熟慮断行とは?意味と語源や由来の歴史は?使い方や例文と英語表現!

意味や語源などの紹介です。
使い方も、例文で検証してみました。

・・・・・・・・・・・・
**多分に自分の主観を入れて書いてますので、???な部分があっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、私の愛機のx-s10で撮影の、自宅庭の風景写真(エビネランの花が終わった)の7月の風景写真です。

スポンサーリンク

関連記事