概要の内容や長さと目的は?意味と使い方や例文と英語表現と類義語!

庭の灯篭 冬の写真

概要の内容や、文章の長さとそれを書く目的は?

概要の意味と、使い方や私の経験上で感じて作った例文を紹介します。
英語ではどう表現するのでしょうか?

それと類義語も調べてみました。

概要って、初めに何を書く?
大まかなまとめとわかっていても、やり方や作り方は、なかなか難しいものだと思います。

スポンサーリンク

概要の意味とそれを書く目的は?

「概要」

読み方は「がいよう」です。
普段は、聞かないかもしれませんが、しかしレポートや私のような、企画書などを作成してきた人間には、欠かせない言葉になります。

概要とは?意味は?

概ね以下のようです。

「あらましや概ねの意味を持ちます」

文章ならば、概要とは対象案件に対して

「要点をまとめたもの」

となるのかな‥多分。

概:あらまし、大体
要:要点、大事な部分

と言う漢字の分析です。
こうすると、何となくわかりやすいのが、漢字のいいところだと思います。

概要文を書く目的と長さは?

例えば、講習会参加のレポートならば、細かい事から入るのではなく、最初にトップに

「概要」

と言う欄で、その講習会の概要となる、あらましを要点をかいつまんで、書いておくと後々書く要点(項目)が、すいすいと書き始められます。

また読み手は、このレポートは何を書きたい、言いたいのかを瞬時に察することができます。

が‥ですよ~~~

この概要に要点が、まとまっていないと読み手は指摘します。
また

「なんだこれは‥全然まとまってないじゃな~~ないか・・書き直させろ!」

と言うこともあるかもしれませんね。
よく、最初の頃は怒られました。

概要を書く目的

1:上で紹介したように、読み手に何のレポートかを、冒頭であらかじめ紹介しておく。(全体が把握できるようにを短くまとめる)
2:また自分に対しては、要点を最初に整理しておけば、後の内容が書きやすい。

そんなことだと、私は思います。

概要の文章の長さは?

出来るだけ簡潔に‥ですね。
だらだらと長くなると、それは概要ではなくなります。

上の内容を、簡潔にまとめればそれでよしだと思います。

会議やミーティングでの概要は必須!

もう少しですが、会議やミーティングや何かの説明会などでは、まず冒頭で

「本日の会議の主題は〇〇についてですが、あらかじめその概要を説明します‥」

と言うことがよくありませんか?
最初、この概要を紹介して(説明)、それからその中の個別の問題を話し合う・・または、その主題に入っていく。
それが一般的のように思います。

概要を書く文字数や書き方のコツってある?

書き方のコツですね~~

まずは、タイトル(目的)ですね~~
そして、私の場合は

1:背景
2:要点
3:結論

などをまとめていきます。
各案件の対象によっても違いますが、必ず背景は書いていました。

でも‥あらましですから(概要)、かいつまんで短く・・ですね。

要点はしっかりと、抑えましょう。
ここに書かれてない要点が、内容のテーマの中にでてきては、ちょっとおかしなことになりますから。

「要点を短くまとめる」

これがコツですね・一口に言えば。

スポンサーリンク

概要の使い方や私の経験上で作成した例文!

概要と言う言葉を、使う場面はやはり先ほど書いたように、会議の席。

「最初に、本会議の概要を‥今回は〇〇について、協議します。〇〇は、わが社にとっては脅威となりうる案件で、対処法を協議いたしたく。」
「問題は、3点ほどありまして、そこをどう抑えるかが課題かと。」
「その3点とは何か?」

云々

リアルですが、これも概要かと思います。
何も文章だけではないかと。

現実的な経験から作成した例文は?

以下のように作成してみました。

1:今回の不良内容について、概要を紹介します。
2:新規の案件で、〇〇の導入について、協議願いますが最初に概要を、紹介いたします。そののち、要点について問題点など協議いただきます。
3:困った‥概要を書くにも、要点が整理できない・・これでは、レポートにならんな。
4:あんりゃ~~俺何の講習に行ってきたんだっけ?寝ていたから概要も何も知らん!
5:せめて概要程度の理解くらいは、しておかないと会議で放り出されるな。

などなど・・私はこんな経験をしてきました。
講習会でさぼって、寝ていて何を聞いたかさっぱり・・後日レポートは教科書の項目だった・・

会議のテーマが事前に、知らされていたのに、何も基礎知識なしに行って、えんらいどやされた!
せめて、大まかな部分(概要)くらい勉強して来い!

ですね。

でも、概要って大多分の方は、レポートや会社概要などを、イメージすると思うんだな~~

意外と、リアルの現実にもあるんですよ~~

「皆さんご苦労様です・本日は、Aについての認識の中で、内容は〇〇〇と3点について、紹介します。ではその3点とは?」

これでも立派な概要ですね。
そのあとに、要点が来ますから。

これはよくあるパターンだと思います。

概要の類義語にはどんなものがある?

概要の類義語には、どんなものが?

以下のようなものが考えられるようです。

  • 1:概略
    2:要約
    3:概説
    4:要略

などなど・・他にもあるようですが、こんなところで・・殆どに

  • 1:概
    2:要

が入っていますから、おおよその意味が似たようなもの・・と理解できるかと。
この中でも、私的にはよく聞くのが

「概略」

ですね。
これは、おおよその内容や、あらましで、ほぼ概要と似たようなものかと思います。

略した内容などと、言えば何となく意味が通じるかと。

概要を英語で表現するとどうなる?

ではいつものように検索で

概要:Overview

と出てきます。
う~~ん 予測が違ったな~~

他には

1:summary
2:outline
3:profile

などがあります。
私はてっきり、2番だと予測していましたが、これもいいのですね。

This is our company’s outline.
(これが会社概要です)

などの使い方になるようです。
これは、私でも理解できました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は冬真っ盛りですが、多少の寒暖があっても春が待ち遠しいですね~~

春寒料峭の意味や出処由来は?使い方の例文や季節の解釈や英語表現!

私の人生はまさに、こんな感じでした。

五里霧中とは?人生での使い方は意味と語源や故事の由来を理解!

でも、これからも、負けず劣らず霧の中を進むがごとし・・なんだと思います。

・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

私のビジネスでの概要の書き方は?思い出してみた!

「概要』

と言う言葉の紹介をしてきました。
私自身は、この概要については、かなりお世話になりました。
会社に勤務して、レポートや会議の場など、さらには企画書等の立案には、多分ですが、ほぼ必要な項目だと思います。

また、概要があることによって、そのレポートや会議が何について記される、何について話合われるかが冒頭にあると、話がスムーズに進むと思います。

なので進め方、レポートの書き方として、文章の書き方としても概要はお勧めです。

上での紹介の仕方が、ちょっとごちゃごちゃしてますが、書き方のポイントとしては、重複するかと思いますがあらためて。

  • 1:目的
    2:背景
    3:要点
    4:結論

こんな感じで、まとめれば良いかと思います。
私のよく重要視したのは、背景と要点です。
目的と結論は、おそらくレポートのタイトルに入っているでしょうから、重要視していませんでした。
ただそういった意味では、レポートのあるいは、会議のテーマはかなり重要です。

要点を、きちんと整理して、この概要に入れ込めば、後の文章のセンテンスが明確になります。
結論は、レポート本文の1番最後に、いつも入れておきました。(ここは詳しく)

しかし概要の、最後に一行程度で入れておくのも、効果的なので忘れずに入れていけば良いかと。

書き方は、人それぞれかと思います。
しかしながら共通して言える事は、わかりやすく要点をまとめて・・・ですね。

これが概要ですから。

皆さんの概要は如何ですか?

*多少???と言う個所があっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、我が家の灯篭ですが、ご覧の雪です。
えんらいこってす。
カメラは愛機のフジの「x-t4」です。

スポンサーリンク

関連記事