戦国時代の石高ランキング上位ベスト10は?石高に見る兵動員数!

中尊寺の瓦紋

戦国大名の石高ランキングや、兵力の動員数について調べてみました。
武将の石高ランキングとでも言いますか、時代は戦国時代、関ケ原時点(豊臣政権時代末期)と、江戸時代の藩(幕末含む)大名の石高ランキングです。

なお、時代とともに貨幣価値や動員数も違うので、参考程度まで。

スポンサーリンク

 

戦国時代の石高ランキングと兵力動員数は?

 

戦国時代の大名は、どれほどの石高を抱えていたのか?
とても興味があります。

戦国石高のイメージ写真

 

戦国時代大名の石高ランキングは?

 

大体以下のようです。
1570年時点です。

  • 1位:織田信長:240万石:60,000人
    2位:上杉謙信:130万石:32500人
    3位:北条氏康:127万石:31750人
    4位:武田信玄:122万石:30500人
    5位:朝倉義景:87万石:21750人
    6位:佐竹義重:74万石:18500人
    7位:蘆名盛氏:65万石:16250人
    8位:里見義尭:62万石:15500人
    9位:徳川家康:56万石:14000人
    10位:雑賀一向宗:40万石:10000人
    11位:浅井長政:39万石:9750人
    12位:本願寺顕如:32万:8000人
    13位:伊達正輝宗:22万石:5500

この兵力の算出条件ですが、一般的に言われてる数字ですが

1万石:250人

要は40石で1人です。
これは、江戸幕府の時代もほぼ、同じような石高に対する家臣の、義務付けを見てもほぼ同様に感じます。

但し、織田信長だけは、兵力には

「傭兵」

を用いていましたから、年中戦ができました。
他の大名は、暇なときは農作業ですから、機動力には劣ったかもしれません。

朝倉氏は、87万石もあったんですね~~
織田信長は、やはり脅威で浅井氏にお市の方を送って、同盟しようとしたんでしょうが、うまくいかなかったようです。

しかし最後はあっけなかったですが。

この時代以降は、織田氏の圧倒的な勢力拡大図が、本能寺の変まで続いていき最終的には

織田信長:700万石

まで行ったわけです。
基は尾張の小大名だったのですが、破竹の勢いだったですね。

NHK大河で、明智光秀が言うように人の心を掌握できないと、天下は取れない・・
そういうことなんだと思います。

*伊達のお殿様は、まだ父の輝宗の時代で、この時代はまだ米沢ですね。

 

関ケ原時点の大名の石高ランキングと兵力動員数は?

 

戦国石高のイメージ写真

時はだいぶたって、豊臣政権下です。
豊臣政権が発足して、この関ヶ原の時点までは、多少の改変はあったとしても、大枠は以下のようだと思います。

この大名は東西に分かれて、戦ったわけです。

 

関原時点の石高ランキングと兵力動員数は?

 

概ね、以下のようです。

  • 1位:徳川家康:255万石:63750人
    2位:豊臣秀頼:222万石:55500人
    3位:上杉景勝:120万石:30000人
    4位:毛利輝元:120万石:30000人
    5位:前田利長:83万石:20750人
    6位:伊達政宗:58万石:14500人
    7位:宇喜田秀家:57万石:14250人
    8位:島津義弘:56万石:14000人
    9位:佐竹義宣:54万石:13500人
    10位:小早川秀秋:36万石:9000人
    11位:加藤清正:25万石:6250人
    12位:最上義光:24万石:6000人
    13位:長曾我部盛親:22万石:5500人

などなどとなってるようです。
この時点でのキーパースンの

石田三成:19万石:4750人

で、この後に続きます。
この場合の兵力動員数ですが、関ケ原に参じた大名の兵力の数は、動員数よりも多い大名が多数。

目いっぱい背伸びして、天下分け目と判断して、人生をかけて戦をしたんでしょうね~~
そんな気がしました。

ちょっと異質なのは

「豊臣秀頼」

ですね。
これだけの、直轄がありながらなんとも・ですね~~

旗印の行き先が、全くわからなくて右往左往の様子が伝わります。

が・・今になって、こういう歴史を振り返るから、そんなことが言えるのであって、当時は生きるか死ぬかの瀬戸際で必死だったでしょうね。
・・・・・・・
伊達政宗公の側室や子供の名前と、その後の仕置きの内容です。
随分と子だくさんだったんですね~~

伊達政宗の正妻と側室と子供は何人?名前とその後の処遇はどうだ?

やはり、大将は気になります。

徳川家康の石高の推移と増え方を歴史の年表で!幕府開始時は幾ら?

石高の増え方は、半端なかったですね~~徳川家康公は‥
・・・・・・・・・

 

江戸時代の大名の石高ランキングは?

 

戦国石高のイメージ写真

では時代は、平和な江戸時代。
戦のない世界で、麒麟が来たのかな~~

結局平和な世を築いたのは、「徳川家康公」でした。

 

江戸時代の大名の石高ランキングは?

 

文久3年の幕府大目付調べと言う石高ランキングがあります。ん
文久3年:1863年です。

  • 1位:加賀前田藩:祖:前田利家:120万石
    2位:薩摩鹿児島藩:祖:島津義弘:72万8000石
    3位:陸奥仙台藩:祖:伊達照宗:62万石
    4位:尾張名古屋藩:祖:徳川家康:61万9500石
    5位:紀伊和歌山藩:祖:徳川家康:55万5000石
    6位:肥後隈本藩:祖:細川藤孝:54万石
    7位:筑前福岡藩:祖:黒田孝高:47万3000石
    8位:安芸広島藩:祖:浅野長政:42万6000石
    9位:長門萩藩:祖:毛利隆元:36万石
    10位:肥前佐賀藩:祖:鍋島直茂:35万7000石
    11位:常陸水戸藩:祖:徳川家康:35万石
    12位:伊勢津藩:祖:藤堂虎高:32万3900石
    13位:越前福井藩:祖:結城秀康:32万石

と言う、ランキングです。
大目付と言うからには、おそらく徳川幕府の見地による、ほぼ正確なものではないかな~~と個人的には考えます。

なお、この時点では平和ですから、兵力の多寡は割愛しました。

ここから、幕末に向かって行くわけです。

・・・・・・・・・
徳川家康公の子供の人数や、その後の処遇などまとめてみました。

徳川家康の子供の数は何人?母親(側室)の名前と明治維新まで続いた?

伊達政宗公の石高の推移を、イベントの内容に応じて、まとめてみました。

伊達政宗の関ケ原以前と以後の石高と兵力動員数は?生涯年表で表示!

アップダウンが激しかったんですね~~
・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

 

戦国から現代までの特権階級や世の中に思うことの感想!

 

戦国時代の、戦国大名の石高ランキングと、豊臣政権時代(関が原時点)の、大名の石高をランキングにしてみました。
戦国時代を生き抜いた武将の石高は、とても興味があったのですが、事実を知るにつけ、なかなか面白かったです。

興味深いのは、兵力の動員数。

おそらく、織田信長の場合は、主力が傭兵部隊ですから、兵の動員数はもっと多かったと思います。
織田信長が、短期間でなぜあんなに多くの領土を拡張することができたか、ここがポイントだと思うんだな。

この大名は、旧態依然とした兵力は戦がないときは、足軽等は農民が多かったようです。
したがって、織田信長のように、年がら年中戦をやるわけにはいかないんですね。
石高を維持するための、食料を作らないとどうにもなりませんから。

戦国石高のイメージ写真

時代は、豊臣政権になってとりあえず平和になりました。
そこで太閤検知が行われ、石高がある程度正確になったのかもしれません。
領土の多い少ないはあるにしても、このときの知行が関ヶ原の戦の時点の、各大名の石高と私は解釈しました。

大名の多くは、この席が原の戦でもちろん負けたほうは改易で、勝利した徳川方は、大きく加増されたようです。
その時点の、各大名の石高はそのまんま、江戸時代の平和な世の中に持ち越しになったのかなあと、思った次第。
もちろん、関ヶ原の戦以降も大阪夏の陣と冬の陣がありますから、その時の功績も考慮されたかと思います。

江戸時代の、大名の石高は幕府大目付の資料の、文久3年のものがあったので、それからランキングしました。
徳川家康公の、子供たちが全国に要所要所に愛されていたことが、このランキングでなんとなく解釈できます。
他の記事の、江戸時代の武士の年収について書いた記事があるので、そちらも参考にしてほしいのですが、武家の給料は石高です。

しかしながら、その石高に応じた位の義務づけられていたようです。
もちろんそれはいざと言うときの、戦の対応する義務があったんですね。

兵力の動員数は上で紹介しましたが、おおむね

1万石:250人

と言われていたようです。
関ヶ原の戦の時に、連れて行った兵力を見ると、気合の入れ方が判断できるような気がするんだな。
まだまだ余力のある武将もいれば、領地の事は考えず、ほぼ全員連れてきて、人生をかけて戦・・まさに天下分け目に賭けた方もいます。
そう思うと、人生だなぁと思うんだな。

NHK大河で「麒麟が来る」をやっていますが、とても見る視点というか、それがオリジナリティーが感じられて、とても面白いです。

戦国武将の生き様から、人生の教訓を得る事はとても多いです。
ちょっと、武将の方には申し訳ない気もしますが、とても参考になります。

皆さんはいかがですか?
・・・・・・・
明智光秀の支配地域と石高を、年表にしてみました。
また、石高に合わせて、兵力動員数も換算してみました。

明智光秀の本能寺の変時点での石高を年表の推移で!兵力の動員数は!

戦国の英雄「上杉謙信公」の石高の増え方を、まとめてみました。

上杉謙信の石高(領地)の推移と増え方を年表で!毘と龍の旗の意味は?

素晴らしいですね。

・・・・・・・
*私自身の主観も入れて書いてますので???な部分は容赦ください。
ヘッダーの写真は、愛機のフジの一眼で撮影の、中尊寺正門の瓦紋の写真です。

スポンサーリンク

関連記事