清和源氏とは?家系図から見る祖と嫡流や河内源氏と鎌倉幕府の改革!

鎌倉東慶寺の写真

清和源氏とは?
清和天皇の皇子や諸王を祖とする、源氏氏族の総称をいいます。
家系図で、源氏の祖の一人、清和天皇第六皇子の貞純親王の子・経基王(源経基)の子孫について、解説します。
源氏の嫡流として、河内源氏、摂津源氏、大和源氏がありますが、河内源氏が多くの戦国武将を輩出しました。

スポンサーリンク

 

源氏とは?清和源氏にはどんな流派があるか?

 

清和源氏のイメージ写真

源氏とは?
読み方が「げんじ・または・みなもとうじ」です。

  • 1:嵯峨源氏
    2:仁明源氏
    3:文徳源氏
    4:清和源氏
    5:陽成源氏
    6:光孝源氏
    7:宇多源氏
    8:醍醐源氏
    9:村上源氏
    10:冷泉源氏
    11:花山源氏
    12:三条源氏
    13:後三条源氏
    14:後白河源氏
    15:順徳源氏
    16:後嵯峨源氏
    17:後深草源氏
    18:後醍醐源氏
    19:正親町源氏

上の1~19の名前は、天皇の名前で、嵯峨天皇の流れの源氏もあれば、清和天皇の源氏もあります。
当時の天皇の子供、要は皇子や皇孫が、臣籍降下して「源(みなもと)」の姓を受けて、簡単に言えば武士になったわけです。
姓(カバネ)は朝臣(源朝臣(みなもとのあそん))と称します。

朝臣なので、朝廷の配下ですね。
全部で、21の流派があると言います。

源氏と言えば清和源氏の理由は?

これだけ多くの「源氏」を輩出しても、有名なのはどうしても
「清和源氏」
です。

他の源氏は、多くの内紛を抱えて、自滅するか吸収されるかしたようですね・・結果的には。

清和天皇の皇子のうち4人、孫の王のうち12人が臣籍降下して源氏を名乗ったとあります。
その中でも、第六皇子貞純親王の子・「経基王(源経基)」の子孫が著しく繁栄しました。

清和源氏経基王の子孫の家系図
(wikipediaより)

源経基の子の「満仲」が「多田源氏」として摂津国川辺郡多田(現 兵庫県川西市多田)に本拠を構えました。
地名を取って「多田源氏」と言われます。
ここで大きく流れが変わります。
満仲の

1:長男・源頼光:摂津国に拠点(摂津源氏)
2:次男・源頼親:大和国宇野(現奈良県)を本拠地(大和源氏)
3:三男・源頼信:河内国壷井(現大阪府羽曳野市壷井)を本拠(河内源氏)

この三つに分かれます。
上の家系図を参照にしてください。
さて・・その後、その三人の源氏はどうなったのか?

*経基王について、貞純親王の兄陽成天皇の子・元平親王の子ではないかという、推測もあるようですが、ここでは従来の節で紹介いたします。

 

長男・源頼光の摂津源氏の家系図!

 

清和源氏のイメージ写真

「源満仲」
の長男で、そのまま摂津の国を継承していくのですが、多田源氏とも呼ばれます。

摂津源氏の家系図
(wikipediaより)

ここで注目は「麒麟が来る」で、美濃の土岐氏が出てきますが、「明智光秀」も源氏の傍流。
此方の系図なんですな~~納得です。

最後は、「行綱」で終わっているのですが、源平合戦では活躍したのですが、密告が疑われて鎌倉将軍「源頼朝」の怒りを買い、多田の庄の所領を没収されています。

スポンサーリンク

 

次男・源頼親の大和源氏の家系図!

 

「源満仲」
の次男で、「源頼親」の大和源氏の家系図です。
大和国宇野(現奈良県)を本拠地にしていました。

大和源氏の家系図
(wikipediaより)

上の家系図によります。
「頼親」
は、朝廷より大和の国を国司となり、現奈良県で勢力を拡大して、いましたが、興福寺と対立して武力衝突し、その罪で流罪となったとあります。
お寺さんの権威って強かったんですね~~
しかし、その後一族は大和一円を支配。
が‥徐々にに衰退し、地方豪族でもまとまりを失い、分散したようです。

 

三男・源頼信の河内源氏の家系図を解説!

 

清和源氏のイメージ写真

「源満仲」
の三男の「源頼信」の家系図です。
此方はのちに、日本の歴史を作っていく存在です。

河内源氏の家系図1
(wikipediaより)

右が切れてるので追加で「義広」に右側です。

河内源氏の家系図2
(wikipediaより)

此方の名前を見ると、その栄華が理解できると思います。
何せ、有名な
「八幡太郎義家」
がいます。
その子「義忠」孫が「為義」です。
「義朝」との、親子での争いでは悲劇でしたね~~
その子が、鎌倉殿の「源頼朝」です。
ここで極まった感じがします。

しかも、源氏の棟梁という「絶対権力」を握った「頼朝」は、源氏に対しても、大幅な粛清を実施。(これはまた後で)
しかし、一流の源氏の嫡流である、宗家も「実朝」で途絶えてしまいます。

しかし、ここには「新田義貞」の新田氏や、足利将軍の足利氏も入っています。
嫡流でなくとも、延々と地脈は受け継がれるんだな。

スポンサーリンク

 

源氏の傍流で戦国時代の有名武将の家系図!

 

嫡流ではなくても、傍流でも反映して地方豪族から一大大名になった、戦国大名になった武将も多くいます。
やはり、「河内源氏」の流れを汲んでる方多いですね。

上の家系図での、流れを見て、その先の家系図です。

源義光流の家系図!

源義光流は「八幡太郎義家」と兄弟。
頼義の三男になります。

義光流れの家系図の写真
(wikipediaより)

此方の家系図には、多くのなじみの武将の祖先が入っています。
「甲斐源氏」の武田氏。
佐竹氏や小笠原氏。
武田氏は、この流れだったんですね~~理解しました。

源頼清流の家系図!

「源頼清」
は義家や、義光から見たら、おじさん。
2代源氏嫡流「頼義」と兄弟で、初代の「頼信」の次男です。
此方の流れも、ある程度は繁栄したんですね。

源頼清流の家系図の写真
(wikipediaより)

信濃の「村上氏」がこの流れにいます。
伊予村上氏もここです。
信濃村上氏は、武田信玄に激しく抵抗しました。

源満政流と源満快流の家系図!

最後の家系図は

1:源満政流
2:源満快流

の家系図です。
上の図で、多田源氏の「満仲」の兄弟です。
経基王(源経基)の子で満政は次男、満快は五男になります。

満政流れの家系図の写真

河内源氏の陰に隠れています。
反映するというのは、やはり難しいことなんだな~~と実感。

・・・・・・・・・・・・・
伊達政宗公の関ケ原以前と、関ケ原以降の石高の推移を紹介しました。
兵力動員数も。

伊達政宗の関ケ原以前と以後の石高と兵力動員数は?生涯年表で表示!

武田信玄の石高の推移を年表形式で紹介しました。

武田信玄の石高の推移年表と兵力動員数!風林火山は孫子兵法が由来!

もし、甲斐でなかったら、どうなっていたのかな~~って。
地の不利は、何ともしがたいですから。
・・・・・・・・・・・・

 

源氏の系図で見た有名武将の流れの先祖は?

 

清和源氏のイメージ写真

ここで、有名武将は、どこの源氏の流れに入っているか、私の独断で入れてみました。
以下のようです。

摂津源氏

1:太田道灌:江戸城建築で有名

源国房流

1:土岐氏
2:明智光秀
3:馬場信春

河内源氏嫡流

1:源義家
2:源為義
3:源頼朝
4:源義仲

源頼清流

1:村上義清

源義光流

1:佐竹氏
2:武田信吉(甲斐武田氏)
3:南部光行

源義国流

1;新田義貞(新田氏)
2:足利尊氏(足利氏)
3:里見義俊
4:畠山義純

私が好きな武将を、ピックアップしてみました。
有名どころはやはり甲斐武田氏と足利氏や新田氏。
大きな歴史を作ってきました。

スポンサーリンク

 

源頼朝は鎌倉幕府で源氏の棟梁として改革を断行した!

 

多くの源氏が、当時は乱立していたことは、想像に難くないです。
何せ、冒頭に書いたような21の流派があるのですから。
どうしてこうなったんでしょうか?

やはり、お召し抱えが、いくら皇子と言えども、そうそう簡単ではない事情があったんだべな~~~と。
それと、空いてる土地があれば、そこへ支配する国人として、任官させる・・そんな思惑もあったんだと思います。

しかし、武家と朝廷の立場が逆転した、「鎌倉幕府」では、それもまかりならんわけです。
そこで、源氏の嫡流としての棟梁の「源頼朝」は大改革を断行したんだな。

1:家人の自由任官禁止(義経の例)
2:源氏一門、御家人の位階任官を鎌倉殿の独占権
3:多田源氏の多田行綱を多田荘から追放し、その家人を御家人に編入
4:功績のあった者のみに源姓使用を許す門葉として遇する
5:上記以外は源氏の一門と言えども「源姓」の使用を禁止

日本全国で、源姓を名乗ってる方が多くいて、朝廷の臣下を名乗られては、迷惑千万だったでしょうね~~
そこで、源氏の棟梁の気概を見せた・・そういうところかと。

したがって、多くの源氏の流れを汲んでいても、名字の違う「武田」や「新田」や「足利」という姓が出てきたんだと思います。

 

清和源氏と家系図の感想とまとめ!

 

清和源氏のイメージ写真

「征夷大将軍」
は源氏の象徴ともいえる、まさに「権威」の象徴と言えるかもしれません。
が・・鎌倉幕府の執権政治では、将軍職がかすんで見えるのは、私だけかな?

しかし、いずれ天下を制した証でもある、この称号はまぎれもなく武家の最高の称号であることは、間違いないでしょう。
そこに、居並ぶ将軍のほとんどが

源義仲(木曾義仲)以降、源氏です。
徳川家康公は、諸説ありますが源氏という事になっています。

日本で「源」の姓を名乗ってる方は、ちょっと調べてみたのですが、4,000人程普度いるそうです。
名詞頂いたら「おっと~~」ってなるな‥私の場合は。

全て書ききれませんし、紹介もできませんが、私の知りたいところだけ書いてみました。
次回は「桓武平氏」について、紹介しようと思います。

・・・・・・・・・・・・・
北条義時と鎌倉北条氏の家系図を紹介しました。
執権職とは・・についても解説しました。

北条義時と鎌倉北条氏家系図は?北条政子との関係や執権職を考える!

織田信長の正室が濃姫。

織田信長の正室と側室と子供は何人?息子と娘の嫁ぎ先やその後の人生!

しかし、側室は複数いて、子供も・・そのあとの処遇や、どうなったかも含めて解説しました。
・・・・・・・・・・

*ヘッダーの写真は、一昨年行った鎌倉の東慶寺の写真です。

スポンサーリンク

関連記事