武田信義は甲斐源氏の祖!家系図と鎌倉幕府成立への貢献を年表で!

世界遺産毛越寺の秋の紅葉の写真
武田信義とは?
甲斐源氏は河内源氏の祖、源頼義を祖先に持ち、八幡太郎義家の弟
「新羅三郎」(源義光)
が祖先。

  • ・甲斐源氏の家系図
    ・武田信義が鎌倉幕府成立に貢献したこと
    ・正室と子供の名前とその後
https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

武田信玄の祖先ですが、甲斐源氏は「源義光」が祖です。

スポンサーリンク

 

武田信義と甲斐源氏の家系図!

甲斐源氏というか、源氏の奔流と傍流の系図です。

甲斐源氏の家系図

詳しくは、この流れからどんどん枝分かれしていきます。
河内源氏の祖は
「源頼信」
で、その大きな流れを、「河内源氏」と言います。

有名な「源義家」(八幡太郎義家)が、源氏の奔流と言われるゆえんです。
その弟が「源義光」(新羅三郎義光(しらぎ さぶろう よしみつ))という方。

馬術や弓に長けていて

  • ➀武田流
    ➁小笠原流

の祖と言われる方。

スポンサーリンク

武田信義の誕生年と父と母と兄弟!

「武田信義」
は以下の生誕です。

大治3年(1128年)8月15日、新羅三郎義光の孫である源清光の次男として生まれる。
(wikipediaより)

参考までに、家系図を作成してみました。

武田信義の家系図

「武田信義」
の兄弟は、たくさん。
15人の方の名前があるのですが、そのうち、現在判明の方だけをピックアップしてあります。
中に、父と兄弟の方も、息子になってる方もあるので、そういう方は除外しました。

兄がいるのですが、「逸見太郎光長」と兄弟。
一卵性双生児で「双子」です。

  • 逸見太郎光長:巳刻に生まれ
    武田信義:午刻に生まれる

なので、次男。

甲斐源氏は武田信義が祖!

武田八幡宮の写真

父は「源清光」です。
が・・実は、ここが少し複雑です。
武田氏の誕生には、少し物語があります。

甲斐武田氏の名字の変遷!

以下に詳しく。

源義光(新羅三郎義光) 祖

義清(3男):常陸国那珂郡武田郷に本拠「武田を名乗る?」

清光:甲斐国巨摩郡市河荘に流罪(乱暴狼藉で)
↓ その後逸見荘(山梨県北杜市)に本拠
「逸見」氏を名乗る
光長(兄)

逸見を継ぎ「逸見光長」

上の家系図で、光長は「逸見光長」です。
此方は兄なので、正当な家系として「逸見」を相続したんだと思います。
(想像)

弟の「信義」は、最初のおじいちゃんの「義清」の武田精を継いだんだな。

武田信義(甲斐源氏)の誕生!

「信義」
は、13歳で元服。
この時の場所が
「武田八幡宮」

ここで、幼名を龍光丸・勝千代と言った、名前を改名し

  • 「武田太郎信義」

と、名を改めました。
名実ともに、甲斐源氏の「武田氏」が誕生したわけです。
その後「武田八幡神社」は、武田家の氏神になります。

スポンサーリンク

武田信義の正室と子供とその後!

「武田信義」の正室は??

見当たらず。
しかしながら、妻がおらねば子はできませんから、当然いたんですが、情報がない。

子は5人のようです。
但し、4人までしか判明しません。
家督を継いだ「信光」が、「5男」ということですので、5人はいたかと。

  • 長男:一条忠頼
    次男:?
    三男:板垣兼信
    四男:有義
    五男:信光

この辺は、家系図を参考にされたし。
二男の方は見当たらないのですが、いずれ家督を相続した
「信光」
が五男なので、空いてしまいました。
(お許しください)

スポンサーリンク

武田信義は鎌倉幕府成立に果たした実績!

武田信義の墓がある願成寺

ここからが、「武田信義」が、鎌倉幕府成立に貢献した内容になります。
できるだけ、わかりやすくするために、表にして、年表形式にしてみました。

大治3年(1128年)8月15日この世に生誕
保延6年(1140年)13歳・武田八幡宮で元服
治承4年(1180年)4月頃以仁王の令旨を戴いた旨、挙兵『山槐記』9月7日条には「義朝子伊豆を領す。武田太郎(信義)、甲斐国を領す」と記載
同年9月(信義53歳)信濃国伊那郡へ出兵して平家方の菅冠者を討ち諏訪社との提携
10月鉢田の戦いで平家方の代官との戦いで勝利
11月9日頼朝との連合軍で富士川の戦いにおいて進軍してきた平氏に勝利。
その後(この三者は源氏で同格)源頼朝、武田信義、源義仲の三者が武家の棟梁として並立する時期が続く
養和元年(1181年)後白河法皇より信義を頼朝追討使に任じたという風聞。起請文書かされる。この辺から不穏!
1184年3月20日一の谷の戦いに参加
1185年4月25日壇ノ浦の戦いに参加 平家の滅亡
文治2年(1186年)3月9日享年59歳で病没
山梨県韮崎市神山町鍋山の願成寺

なかなか、正確にはいきませんが、大きなところとしては、こんなところ。

「武田信義」
の没年は文治2年(1186年)3月9日と記されていますが、しかしながら、その後も

  • ・建久元年(1190年)の頼朝上洛の隋兵
    ・建久5年(1194年)の東大寺造営や小笠懸の射手名が。

どうやら、可能性としてその後も生きていたかもしれません。
歴史の、表舞台は大きく鎌倉殿や、北条氏に動いてますから、その辺の事情(記録)もあったかと推察します。

スポンサーリンク

源氏の嫡流がいつの間にか鎌倉幕府御家人!

挙兵当時は「源頼朝」も、兵力が少なく

  • ・源頼朝
    ・木曽義仲
    ・武田信義

の、3源氏連合軍でしたが、次第に権力闘争でまずは「木曽義仲」が脱落。
「武田信義」
は、甲斐源氏の存続のために、「源頼朝」を、源氏の棟梁としてたて、その傍流、つまり

「鎌倉幕府御家人」

という、地位に甘んじることに。
もっともピンチは養和元年(1181年)。

「後白河法皇より信義を頼朝追討使に任じたという風聞。」

1181年(治承5年3月7日)

これには、頼朝が直接問い合わせ。
鎌倉に出向き、刀を差しだし、起請文(誓約書)を持ってきたため、許された・・が・・ここで立場が、上下関係が、確立した瞬間だったと思います。

「子々孫々に至るまで弓を引くことはない」

そんな感じですね。
源氏の棟梁は「源頼朝」で確定した瞬間かと。

スポンサーリンク

武田信義の鎌倉幕府との関係とその後!

ここでは、鎌倉幕府成立後の甲斐源氏(武田信義)について。
「源頼朝」
にとっては、力が大きくなりすぎるものは、厄介な存在。
それは「奥州藤原氏」も同じこと。

大幅粛清された甲斐源氏!

「頼朝」
にとって、驚異の存在になりつつある、「甲斐源氏一派」はその後、粛清の嵐。

1184年(元暦元年)6月16日嫡男の一条忠頼が謀反の疑いで誅殺
1190年(建久元年)三男の兼信違勅の罪で隠岐国配流。
1200年(正治2年)四男の有義・梶原景時の変に同心して逐電

甲斐源氏の祖の「武田信義」は、甲斐源氏一丸となって「鎌倉幕府」の成立、平家打倒で大きな成果を出すも、その巨大勢力ゆえに「粛清」され、大きく力を落としました。
「鎌倉幕府」
の中では、御家人という位置づけです。

その一方で「武田信義」の弟の
「加賀美遠光」
は、甲斐源氏でありながら、「信義」とは同一行動ではなく、当初より「頼朝」の陣に参加し、半ば家来の立場。
なので、こちらはのちに

「信濃の守」

に任官。
本来は、ここも甲斐源氏の領地だったのかと。

スポンサーリンク

鎌倉幕府の御家人ってどんな存在?

さて・・御家人と言っても、元は源氏の嫡流とも。
それが家来の一種?

さて「御家人って?」

要は、幕府と主従関係を結んだ武士のこと。
これには、契約書のようなものがあったんだそうな。

  • ➀:将軍に名簿(交名注進)を提出
    ➁:その後挨拶に行く。

そういう手順なんだそうな。
甲斐源氏なら、なんて書くんでしょうか?

  • 氏名:武田信義
    官位:従5位(これは適当です)

こんな感じのようです。
もしかしたら、承認の花押を押して、控えもあったとか‥なら、契約書らしいですね。(予想)
が‥後に大分簡素化されたようです。

・・・・・・・・・・・・
北条義時の正室と側室と子供のその後の解説です。

北条義時の正室と側室と子供の名前と何人いる?その後の処遇を解説!

源頼朝の源氏宗家の家系図。

源頼朝の源氏宗家の家系図!妻と側室と子供の名前やしたこと年表で!

妻や側室と子供の名前や、その後の人生を。
・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

甲斐源氏の祖・武田信義の感想とまとめ!

「武田信義」
という方は、とても機知に富んだ方のようですね。
うまく立ち回って、世界を冷静に見ていたように感じます。

その辺が「木曽義仲」とは、全く違ったところかもしれません。
存命中は、子供二人が相次いで、誅殺や沖ノ島に流されたり。
それでも「甲斐源氏」を存続は至上命題。

冷静な方でした。
大きく力を削がれても、甲斐の国は「武田氏」の領土。

歴史の表舞台に出るには「武田晴信」(武田信玄)の登場を待ちます。

・・・・・・・・・・・・・
木曽義仲の源氏の系図です。
子供たちやその後の処遇や子孫など。

木曽義仲の源氏と子孫の家系図!最後と源頼朝の関係と鎌倉への貢献!

鎌倉幕府成立には、無くてはならない方。

源義経の家系図と頼朝との関係!正室と静御前と子供と活躍の年表!

生き方が実直で、不器用だったのかもしれません。

・・・・・・・・・・
*ヘッダーの写真は、私が撮影した、奥州平泉の中尊寺金色堂の写真です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事