木曽義仲の源氏と子孫の家系図!最後と源頼朝の関係と鎌倉への貢献!

平泉毛越寺の大泉が池
「源義仲」ですが「木曽義仲」の方が、しっくりくるかと。

  • ・源義仲の源氏の系図での位置。
    ・木曽義仲の正室と側室と子供。
    ・子供の処遇その後と子孫。
https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

巴御前が有名なのですが、ロマンを感じるな~~。

スポンサーリンク

 

木曽義仲の源氏の位置関係を系図で!

源義仲の系図は以下です。

木曽源氏の家系図

ご覧のように父は「源 義賢(みなもと の よしかた)」で、驚くことに、頼朝の父
「源義朝」
と兄弟です。
なので、「義仲」は「頼朝」とは従兄弟になります。

源氏の系譜から言えば「八幡太郎義家」を擁する、嫡流の分かれになろうかと。

源義仲の誕生は久寿元年(1154年)!

木曽義仲写真
(wikipediaより)

「源義仲」
の誕生は

「久寿元年(1154年)」

です。
今から860年以上前のこと。
一大旋風を巻き起こしました。
しかしながら、根回しなどは苦手な方のようですね。

スポンサーリンク

木曽義仲の親と兄弟の家系図!

以下になります。

木曽義仲の親と兄弟

上の系図によります。
母は、「小枝御前」という方ですが、どうやら?がついて、はっきりしないようです。
兄弟は3人。

  • 長男:仲家:治承4年(1180年)5月17日平家追討軍で非業の最後。
    次男:義仲
    長女:宮菊姫:義仲没後、最終的に美濃国遠山荘の一村を与えられる。

宮菊姫については、政子よりも年長と思われ、実は義仲の娘ではないかとも、言われるようです。(想像)

木曽義仲の正室と側室と子供たち!

木曽義仲(源義仲)の正室と側室と、子供たちの家系図です。
いろんな情報を精査しながら、以下のようにな作成してみました。

木曽義仲の子供たちの家系図

記録に残ってない部分もあるので、正確かどうかはいまいちですが、以下のようになります。

スポンサーリンク

木曽義仲の正室は誰だ?

「木曽義仲」
の正室は諸説あります。

  • ➀:藤原伊子:父は関白・松殿基房。
    ➁:金刺盛澄の娘:諏訪神社に記載あり
    ➂:巴御前:伝説

など。
勝手な想像ですが、1番は政略婚。
しかし、この方義仲亡き後の再婚で
「道元」
さんを産んだと??
ほんとかな?(諸説あるようです)

山吹御前の子供たちとその後!

「山吹御前」
は、中原兼遠の娘で、巴御前の妹とも言われます。
一方で「金刺盛澄の娘」という説もあり、諸説あるようです。

  • ➃:長男:義高:鎌倉に人質:義仲亡き後12歳で非業の最後。
    ➄:中原氏(女性):山吹御前が義仲亡き後伊予の国に逃れ出産。

その後は不明

金刺盛澄の娘の子供たちとその後!

この方が正室という、そんなお話も。
『諏訪大明神絵詞』に、
「諏訪下社大祝である金刺盛澄が、義仲を婿にとり女児が誕生」
不遇の時代のお話かもしれませんね。

  • ➅:金刺氏(女性)

その後の所在は不明

母親不明?の子供たちとその後!

此方は母親不明ですが、子供たちは、歴史的には一番名前が出てくる方。

  • ➆:沼田義重(二男):『西筑摩郡誌』では木曾氏の祖
    ➇:沼田義基(三男):『木曽考』・『木曽殿伝記』では木曾氏の祖
    ➈:鞠子 :不明

沼田義基(三男)の方は、上野の国沼田に落ち延び、その後親鸞の弟子に。
越後で長称寺を開基。
寺には「義仲」の太刀や義基の懐刀が寺宝として伝わるようです。

この「義基」からの別れが以下。
「原氏・上野氏・馬場氏・古畑氏・贄川氏・千村氏」
です。

スポンサーリンク

藤原家国の娘?の子供たちとその後!

「藤原家国の娘?」
名前はわからず。

  • ➉:沼田義宗(四男:『尊卑分脈』では四郎(細野四郎)と云われ、『西筑摩郡誌』では木曽氏の祖。

この方、「頼朝」を討とうとしたことが。
しかし、許されて

“湯本”の姓と地頭職を与えたと湯本氏諸系図に記載。

青の厳しい頼朝がよく許したもんだな~~と、正直な感想。

巴御前の子供たちとその後!

「巴御前」
は、もしかしたら「木曽義仲」が最も愛した女性ではないでしょうか?
共に戦い、いつもそばにいたようですね。
まさに「女武者」の代表格。

11:沼田基宗(五男):『高遠記集成』では義仲の五男とし、木曾氏の祖
しかし、この五男は、四男(義宗)の誤記かもと言われるようです。

12:双子

義仲亡き後、木曾の奥地である萱ヶ平に逃れ双子を産むとあります。
此方が

「小木曽氏」

を名乗ったという・・とあります。
これはロマンですね~~~

母親不明?の子供たちとその後!

またまた不明の方です。
がいたんですね~~

13:平栗丸(へぐりまる):山口県柳井市の島に逃れ、その名が平郡島(へいぐんとう)になった。

14:(男子か女子か不明)
岡山県英田郡東栗倉村中谷は、全国でも珍しい「源氏の落人」の部落。
そこに、木曽義仲の子孫が流浪の末に定住。
現在も、29代目として続いてるそうな。

これは驚きました。

・・・・・・・・・
源頼朝の源氏宗家の家系図です。
妻や側室と、その子供たちとその後を解説しました。

源頼朝の源氏宗家の家系図!妻と側室と子供の名前やしたこと年表で!

甲斐源氏の祖の方。

武田信義は甲斐源氏の祖!家系図と鎌倉幕府成立への貢献を年表で!

父までは「源」せいですが、「武田」箱の方から。
・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

木曽義仲の子孫はどのようになった?

宝輪寺の写真

「木曽義仲」
亡き後も、その子供たちは、果敢に生きていましたね。
戦国時代の「木曽氏」は、その末裔で、どうやら間違いなさそうです。

特に戦国時代の「木曾義康・義昌・義利」越後で、寺を開祖した
「義基」
の流れと言われます。
義仲亡き後に、いったん甲斐の国に身を隠し、その6代後の子孫の
「家村」
の時に、木曽谷を領地にし、原氏・上野氏・馬場氏・古畑氏・贄川氏・千村氏の諸家に分かれたとあります。

そして、なんとも不思議な
「源氏の落人」
ですか~~
初めて聞きました。

他にも有力な大名に勤続された方もいて、優秀な方は、やはり採用されるんだな~~と。

*資料を調べて、至った結論を自分なりにまとめました。
もし、差異があっても容赦ください。

スポンサーリンク

木曽義仲の平家との戦いと源頼朝との関係!

木曽で、うたたねをしていたら、「以仁王から平氏打倒を命じる令」が!
こんな場面でしょうか。

以下年表に。

「久寿元年(1154年)」誕生
治承4年(1180年)以仁王が全国に平氏打倒を命じる令旨を発し
同年小見「麻績」の戦い合田の戦いに勝利し幸先がいいスタート
治承5年(1181年)6月白鳥河原に木曾衆・佐久衆・上州衆など3千騎を集結し城助職を横田河原の戦いで撃破。
寿永元年(1182年)以仁王の遺児・北陸宮を擁護し、以仁王挙兵を継承する立場を明示
寿永2年(1183年)2月志田義広と、行家を匿い、頼朝と険悪に。3月長男義高を鎌倉に人質に。
同年5月11日越中国礪波山の「倶利伽羅峠の戦い」で10万とも言われる平維盛率いる平氏に完勝!
同年7月28日今日の都の入京する
同年8月10日従五位下・左馬頭・越後守 さらに16日「伊予の守」「朝日将軍」も賜る
その後京都の飢饉と、兵士追討の戦が一進一退で進まず。
朝廷との仲が最悪になり、敵が兵士ではなく、頼朝に代わる。
11月19日法住寺殿を襲撃、後白河法皇を幽閉
12月10日源頼朝追討の院庁下文
寿永3年(1184年)1月15日征東大将軍に任命。宇治川や瀬田での戦いに惨敗
最後同年1月21日近江国粟津(現在の滋賀県大津市)で討ち死にした(粟津の戦い)享年31歳。
九条兼実の嘆き「義仲天下を執る後、六十日を経たり。信頼の前蹤と比するに、猶その晩きを思ふ」

と、かなり端折った年表ですが、あっという間の天下で、あっという間に終わってしまいました。
挙兵から、たったの4年に満たない期間です。

どこが失敗?

この辺は書くまでもないでしょうが、現代社会にも通じるかと思います。

スポンサーリンク

木曽義仲の人生に思う事!鎌倉幕府の短命も含めて!

「源義仲」
とも「木曽義仲」とも、どちらでもいいのですが、しかし
「源氏」
という、ブランドの上に、この時代は成り立っていることは事実。
1地方の豪族が、源氏の正当な嫡流ならば、それはもう馬印としては、最高の旗だったんだな。

  • 1:木曽義仲
    2:武田信義
    3:源頼朝

この三人は、それぞれに源氏です。
しかし、源姓はあくまでも

「源頼朝」

なんですね~~
此方が、本流(嫡流)です。
「武田信義」
は、それが十分にわかっていた方、だったんだと思います。
「起請文」
も書いているわけです。

スポンサーリンク

木曽義仲の鎌倉殿への貢献はどんなことがあるか?

「頼朝」
にしてみればどうでしょうか?
此方サイドから見ると、なんとなくイメージできるかと。

  • 1:面倒な、平家を今日の都から追放してくれた。
    2:ちょうど良いように内部崩壊。
    3:これこそ漁夫の利

的に思うかもしれません。
平家は、あとは残党程度ですから。

今度は本人の立場から・・・

木曽義仲は、何が何だかわからずに、京都まで進軍して、連戦連勝。
天狗になってしまった?

そこはやはり、調整が必要だったのでは?
独断専横が、過ぎたのかもしれませんね。

しかし、子孫は、各界でその後活躍していきます。
この間「石田三成」の事を書いたのですが、こちらの子孫はすごいことになっていました。
DNAは、永遠ですね。

・・・・・・・・・・
北条義時と鎌倉北条氏の、家系図と政子との関係など。

北条義時と鎌倉北条氏家系図は?北条政子との関係や執権職を考える!

清和源氏の系図です。

清和源氏とは?家系図から見る祖と嫡流や河内源氏と鎌倉幕府の改革!

なんともすごい系図でした。
・・・・・・・・・
ヘッダーの写真は

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事