漁夫の利って何?意味や英語や例文での使い方!国の時代背景は?

庭のイワヒバの冬の霜の降りた写真
漁夫の利とは?
意味は、両者の争いのすきに、第三者が難なくその利益を横取りするたとえ。

  • ・語源と由来と故事の物語。
    ・原語と書き下ろし文と現代語訳。
    ・使い方を例文と会話例作成で。
    ・類語と言い換えや反対語と英語訳。
https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

漁夫の利を得るって、すごく労せずにもうかった印象があるな~~。

スポンサーリンク

 

漁夫の利とは?読み方と意味を詳しく!

「漁夫の利」
読み方は、「ぎょふのり」です。
故事では「漁夫之利」と書きます。
意味は以下の解説。

漁夫の利とは、当事者同士が争っているうちに、第三者が何の苦労もなく利益をさらうことのたとえ。
(故事ことわざ辞典)

他には、漁夫の利の意味についてですが、一般的には以下の解説もわかりやすいかと。

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。
引用:デジタル大辞泉の解説

この物語の由来は、以下の方で紹介いたします。

もう一つは

2:他人の争いごとに乗じて、何の苦もなく得られる利益のことを言います。

これも、いい例えと言うか、いい紹介かと思います。
他人(または他社)が利することを、考えずに争い、結果何の関係もない、第三者が思わぬ利益を享受する。
よくありそうです。

スポンサーリンク

漁夫の利の語源は「戦国策」の「燕策」が由来!

「漁夫之利」
の由来は、中国故事の「戦国策(せんごくさく)」の中の「燕策(えんさく)」によります。

「戦国策」とは?

『戦国策』(せんごくさく)は、戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、その他の逸話を国別に分類し、編集した書物(全33篇)。前漢の劉向の編。「戦国時代」という語はこの書に由来する。
(wikipediaより)

著者の「劉向」は、紀元前77年~6年の方。
由来の物語は中国戦国時代のお話。

漁夫の利の由来となった物語とは?

戦国時代、趙と燕が争ってましたが、蘇代と言う演説家が趙の恵文王に、説いたお話が由来になっています。

蘇代が言うには

こちらに来る前に、鴫が(しぎ)蛤をついばんで、食べようとしたのですが、蛤は殻を閉じて鴫のくちばしを挟み込んだ。
それを、漁師が一挙両得で鴫と蛤を難なく捕獲して、利を得た。

趙と燕が争って、国力を消耗する間に、強大な秦が両国を難なく征服してしまうだろう・・と説きました。
これを聞いた、恵文王は燕攻めを思いとどまったというお話ですね~~

当時は、お国をかけての覇を画策する時代。
どのお国も、目を光らせていたはず。

このシーン、確かドラマの
「昭王」(秦の王)
の中でありました。
でてくる蘇代は、有名な「蘇秦」の弟。
蘇秦は「史記」で「蘇秦列伝」で紹介されています。

漁夫の利の原文の書き下ろし文と現代語訳!

原語と、その書き下ろし文と、現代語訳をさらに詳しく。

原語は以下。

「今者臣來過易水。
蚌正出曝。
而鷸啄其肉。
蚌合而箝其喙。

鷸曰、
『今日不雨、明日不雨、即有死蚌。』

蚌亦謂鷸曰、
『今日不出、明日不出、即有死鷸。』

両者、不肯相舎。
漁者得而并擒之。
今趙且伐燕。
燕趙久相支、以敝大衆、臣恐強秦之爲漁父也。
故願王之熟計之也。」

ちょっと長いので、「漁夫の利」の部分のみ抜粋で。

漁者得而并擒之。
(漁者得て之を并(あは)せ擒(とら)ふ。):漁者は、労せず両方を得た

この部分が、漁夫の利の部分ですね。
現代語訳にすると上のようになります。

しかし、すごいですね‥この原文。

スポンサーリンク

漁夫の利を使う場面はどんな時だ!

漁夫の利を使う場面は、以下の場面を想定してみました。

場面1配置転換で利権を失った
場面2接待ゴルフは漁夫の利
場面3選挙の共倒れ
場面4彼女を争ったのだが・・
場面5相手のミスで棚ぼた勝利

などなど。
接待ゴルフは、ただでできてこれは美味しかったな~~
最初は気を使っても、慣れれば一人でコースに遊びに行く感覚。
仕事も進んで私のとっては、漁夫の利だった。

漁夫の利の使い方を例文と会話例の作成で!!

以下のような例文で。

例文1今回の配置転換で、顧客と売り上げを失い、代わりのBが漁夫の利を得たな。
例文2漁夫の利映えるものだから、日ごろから常に周囲に目配りし、冷静な気持ちを持つことが大事だ。
例文3選挙区で与党候補が共倒れで、結局漁夫の利を得た野党候補が当選した。
例文4漁夫の利を与える側であっても、その利にある仕掛けをしておけば、腹も立たないな。
例文5F1レースで、1位と2位の車がクラッシュ。残り二周でトップに出た3位の選手が漁夫の利を得て優勝した。
例文6貿易摩擦で、漁夫の利を得るのは、決まって第三国だ。

などなど・・
使い方は利害関係がポイントかと。
それは、物でも金銭でも精神的なものでも‥なんでも当てはまるような気がしますが、基本第三者に横取り・・ですね。

でも、横取りされるともしわかっていたら、それは漁夫の利ではないですが、でも相手は利を得た‥そう思っていたら??
こんなことも、もしかしたら作戦巧者は、考えているかもしれません。

奥が深いです!!

スポンサーリンク

漁夫の利の会話例!

以下の会話で。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

ねえねえお父さん、今度の選挙誰に入れたらいい?

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

そんなの知るか!自分で考えろ。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

なんか、ここの選挙区から与党から二人出るらしいから、やばそうだって言ってたけどホント?

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

そりゃ~~票を食い合うから、まずいかもな~そうなると野党候補は、漁夫の利を得て晴れて当選??かもな~~。

などと、選挙の話題です。
これは結構ありそうですね。

漁夫の利の類義語(類語)と言い換えは「犬兎の争い」!

「漁夫の利」の類義語は以下。

濡れ手で粟何の苦労もせずに大きな利益を得ること
棚からぼたもちまったく努力せずに思いがけない幸運に恵まれること
犬兎の争い両者が争って共に弱り、第三者に利益を横取りされること
鷸蚌の争い無益な争いによって共倒れになること
虻蜂取らず(あぶはちとらず)争っているもの同士が共倒れで、その争いとは関係ない人が利益を得る
言い換え犬兎の争い

などなど。
言い換えとして適当だな~~と思うのは

  • 「犬兎の争い」

です。
いみが
「両者が争って共に弱り、第三者に利益を横取りされることのたとえ。」
で、ほぼ同じです。

スポンサーリンク

漁夫の利の反対語(対義語)は「二兎追うものは一兎をも得ず」!

漁夫の利の対義語(反対語)を考えてみました。
偶然にも、二つの物を得ることができる「漁夫の利」ですが、そうはならずに、どちらも失敗。
二つの物を得ようとしても、結局何も得ることができず、徒労に終わった。

二兎追うものは一兎をも得ず二つのことを同時に追いかけても、両方とも失敗に終わること。
虻蜂取らず(あぶはちとらず)欲を出しすぎると失敗する

ですね。
1番は、ローマのことわざが由来になっています。
一つ選ぶなら

  • 「二兎追うものは一兎をも得ず」

にしておきます。
とても分かりやすいですね。

もう一つこんなのがありました。

「犬骨折って鷹の餌食(いぬほねおってたかのえじき)」

漁夫の利を得ようとして、画策していたら、結果は散々な目にあった。
そんな例えです。
・・・・・・・・・・・
火に油を注ぐとは?
語源や使い方など解説。

火に油を注ぐの意味と使い方を例文で!ことわざの語源と英語表現!

仏の顔も三度までとは?

仏の顔も三度までとは 意味と使い方を例文で!語源の由来と英語表現!

実際のお話で、少し怖い気もしますが、なるほど~~でした。
・・・・・・・・

漁夫の利を得るの英語訳表現と例文!

漁夫の利を得るの英語表現は以下。

1:profiting while others fight.

他には英語圏のことわざ。

Two dogs fight for a bone, and the third runs away with it.
(一本の骨のために2匹の犬が争っていたら、3匹目の犬が現れて持ち去ってしまった。)

他にはこんな例文も。

to play off one man against another(漁夫の利を得る)
When two men quarrel, a third party gets the benefit.(漁夫の利を得る)
(斎藤和英大辞典より)

これは、とても参考になりました。
わかりやすいです。

スポンサーリンク

日常生活の中での漁夫の利って?感想と集約!

「漁夫の利」
の本記事の内容を、以下の表にしてみました。

意味両者の争いのすきに、第三者が難なくその利益を横取りするたとえ
語源と由来中国故事「戦国策(せんごくさく)」の中の「燕策(えんさく)」由来
使う場面配置転換、選挙、接待ゴルフ(個人差あり)、相手のミス・などなど・
代表的な例文選挙区で与党候補が共倒れで、結局漁夫の利を得た野党候補が当選した。
類語(類義語)濡れ手に粟、棚からぼたもち、犬兎の争い、鷸蚌の争い、田父の功
反対語(対義語)二兎追うものは一兎をも得ず、虻蜂取らず(あぶはちとらず)
英語表現profiting while others fight.

内容を、表で一覧にしてみました。
漁夫の利とは第三者が当事者に代わって、利益を横取りすること。
平たく言えば、こんなことの意味かと。

スポンサーリンク

日常生活の中での漁夫の利って?

さて??
日常生活の中で、漁夫の利ってあるかな?
たま~~に感じることはありますが、狙ってそうなる物でもありませんから。
謙虚に行った方が、無難かと思っています。

もしもの仮定の話ですが、漁夫の利を、最初から狙っていたら、これはひとえに作戦勝ちと、言えるかもしれません。
ただ、この言葉の意味の裏には、苦労せずに利益をあげたいとか、自分だけ得をしたいとか、ライバルを貶めたいとか、そんな意味が、この言葉の裏には隠されていると思います。

上の方で、ちょっと書きましたが、正直ではないんだという意味もあるかと。
それで得た利益は、あまり、きれいではなさそうだな〜〜と、私は思うんです。

そういう方の、周囲からの信頼性って、どうなのかな?
考えすぎかもしれませんが、そうも思ったりしませんか?。

こういった故事成句や、いろんなことわざや四字熟語には、いろんな意味がありますが、その裏には秘められた戒めもあるんだと思います。
由来となった物語や、例え話をよくよく読んでみると、いろんな意味が含まれていますから、それは現代でも同じように通用するものだな~~と思うんだな。

こういうものから、自分がどう生きたいか、あるいは自分は、どうするべきかの参考にすればいいのかな~~などと。
皆さんは如何思いますか~~
・・・・・・・・・・・・
拍車をかけるとは?
意味と、使い方や例文など解説。

拍車をかけるの意味と使い方を短文の例文で!英語表現や類語のお話!

首ったけとは?

首ったけとは 意味と語源と由来は?英語表現や類語と反対語を考えた!

意味と語源や由来のお話と、使い方など解説。

・・・・・・・・・・・・
ヘッダーの写真は、我が家の庭の冬の霜の降りた風景写真です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事