源義経の家系図と頼朝との関係!正室と静御前と子供と活躍の年表!

源義経は悲劇の方で、頼朝との兄弟の確執も。

  • ・義経の家系図で頼朝含む兄弟。
    ・義経の正室と静御前と墓の存在
    ・源平合戦の活躍を年表で。
    ・鵯声と八艘とびの逸話。

 

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

鎌倉幕府成立には欠かせない頼朝の頼れる弟・しかし・・

スポンサーリンク

 

源義経の源氏の家系図からどの位置か確認!

「源義経」
の父は「源義朝」です。
源氏の本流(嫡流)になります。

河内源氏の流れを清和天皇までさかのぼる!

以下の系図になります。

河内源氏の家系図

この図から、「源義家」(八幡太郎義家)の流れがわかるかと。
その一番下に、「頼朝」がいますが、実際はその時々で、数多くの兄弟がいます。

その兄弟の中でも、甲斐武田氏のように、甲斐源氏という流れと、新田義貞や後の室町幕府開府の「足利氏」のような流れもあります。
しかし、頼朝はその流れの中でも、直下ですね。
源平合戦の、馬印にはこの方しか、適任はいないかと。

その弟が「義経」。

スポンサーリンク

義経の兄弟を源義朝の家系図から!

「義経」
には、多くの兄弟がいます。。
それを父親の「源義朝」の系図で。

源義朝と義経の家系図

「源義朝」
の子供と、義経の正室と、静御前とその子供です。

「義朝」
の子は、全員が義経の兄弟と言えます。
勿論「頼朝」も。

義経の源平合戦の活躍を年表で!

源義経の写真
(wikipediaより)

「義経」
が、もしいなかったら、さて?
どうしたって、義経が台頭した時点で、「木曽義仲」軍によって、平家は都から追放され、虫の息。
何とかなったかもしれませんが、稀代の戦名人ですから、鎌倉幕府の成立は、かなり遅れたかもしれません。

鎌倉幕府成立にはこんなに貢献した!

分かりやすいように年表に、表にしてみました。

平治元年(1159年)河内源氏の源義朝の九男として誕生。
承安4年(1174年)3月3日近江国蒲生郡鏡の宿で自分で元服「義経」は父の義と源氏初代「経基」からと。
治承4年(1180年)8月17日兄「頼朝」の挙兵を聞き鎌倉に参じる
黄瀬川の陣で頼朝と兄弟の対面、その後軍は「義経」と弟「範頼」の指揮下に。
寿永2年(1183年)10月17日「頼朝の弟九郎(実名を知らず)、大将軍となり数万の軍兵を卒し、上洛を企つる」という記載
寿永3年(1184年)宇治川の戦いで志田義広の軍勢を破
同年2月4日三草山の戦いで夜襲によって平資盛らを撃破
同年2月7日一ノ谷の戦いで大勝利
同年8月6日後白河法皇より左衛門少尉、検非違使に。
同年9月河越重頼の娘を正室に迎える(郷御前)
元暦2年(1185年)2月屋島の戦いで勝利
同年3月24日壇ノ浦の戦いで勝利 これで平家は滅亡した。
その後頼朝との仲は最悪になる。よって活路を奥州藤原氏に求める。
文治5年(1189年)4月30日持仏堂で最期を迎える・享年31歳

と、かなり端折りましたが、有名どころを年表で。
ところで、どうして頼朝と「義経」は、こんなに最後敵対したのでしょうか?

スポンサーリンク

義経が頼朝と犬猿の仲で敵対した理由はこれだ!

以下のように、想像も含めてですが、表にしてみました。

怒りの➀勝手に官位を授かった。頼朝は面目を失った
怒りの➁戦での独断専行と東国武士を勝手に評価し成敗まで。東国は頼朝の基盤。
怒りの➂東国武士の恩賞の機会を奪って、周囲から反感を買う
怒りの➃壇ノ浦での性急な戦で安徳天皇や二位尼を自害に追い込みさらに、宝剣を紛失。

できるリーダーに、あり事の内容に感じます。
部下に花を持たせるが、良しとする場面に、部長がどんどん自分の成績とばかりに、攻めまくる。

部下も形無しで、勝手にやれよ‥そんなところでしょうか。
公平な社長は、そこは見逃さず

「こんのやろ~~~どっか勤務先ないか?」

と言って、今なら左遷でしょうが、昔は何せ命がけの時代。
これ、調べていて、なるほどと、そんな雰囲気でした。

スポンサーリンク

義経の正室と側室とその最後!

「義経」
は、最後は平泉の「持仏堂」で最期を迎えました。
一緒は正室の「郷御前」
「静御前」
は、とても悲しいですね。

義経と正室郷御前と子の最後は平泉持仏堂!

正室の「郷御前」は「河越重頼の娘」とされます。

「平泉」
に逃げた、一行に藤原泰衡が率いる500の部隊が、藤原基成の衣川館を急襲し、弁慶ほか防戦したが、叶わず。
最後は闘わず、正室郷御前と女子共々、非業の最後を。

現在は、世界遺産の「奥州平泉」の、中尊寺より数百メートル離れた

「高館義経堂」

というところと、いう事で、観光地化されています。
地図はこちら


(google mapより)

高館義経堂の写真
(管理人撮影)

私も何度も行ってますが、奥州平野が真下に見える、景色の良いところです。
「木人形」
が飾ってあって、それらしい雰囲気ですが、ここがね~~と感慨深いです。

静御前と子は悲しい運命!

「静御前」
は悲しい運命。

京都府京丹後市網野町磯地区で禅師の娘として誕生。

文治2年(1186年)3月に母の磯禅師とともに鎌倉に。
その時点では「義経」は追討される運命。

その「側室」なら、さもありなんですね。
「舞」を舞う命令に「義経」を恋忍んだ歌で。
頼朝は激怒も、政子は同情。

その時点で、子を宿していたが、男子なら・・・それがまさかの男子だった。
その年の7月、男子を出産。

・・・・

その後、静御前の消息は、京都に・・しかし不明です。

スポンサーリンク

義経はて白旗神社に!郷御前と子の墓が平泉に!胴塚は栗原市に!

「義経」
は最終的には、藤沢市の「白幡神社」にまつられました。
此方は、確実なようです。

白旗神社の写真

ところが、胴体はそのまま現地に。
なんとも・・・
それは、宮城県栗原市栗駒沼倉地内の半官森に埋葬されたと。
今度行って、お参りしてきます。

そう遠くはないので。

郷御前と女子(当時4歳)は、平泉に墓があります。
中尊寺から、歩いていけますが、金鶏山の入り口付近に

「千手堂」

という、お堂があります。
そこの、隣に二人の墓があります。
私の何度も行ってるのですが、とても悲しくなる場所ですね~~

源義経の墓の胴塚の写真とお参り!

今日【2月20日】行ってきました。
場所は栗原市です。

マップは以下。

ジオパーク記念館のわきを通っていきます。
しかし、案内がないんですね。

入り口にはこんな看板が。

源義経胴塚の写真

その奥には。

源義経胴塚の写真

が‥ここからが問題。
どこをどう行けばいいのか?
聞いてみました・・近くの郵便局で。
んで・・ジオパーク記念館のわきを通っていくと。
入り口です。

源義経胴塚の写真

遊歩道はこんな感じ

源義経胴塚の写真

ほどなくつきます。

源義経胴塚の写真

ここから見た、下界の景色です・

源義経胴塚の写真

どんな思いだったのかな~~と。
感無量でした。

スポンサーリンク

郷御前と女子(当時4歳)が眠る千手院!

何度も行って、お参りをしたことがあるのですが、写真が見当たらず。
「鎌倉殿の13人」
で盛り上がっているで、この際と、会社の帰りに行ってお参りしてきました。【2月26日:雪がこんなにあります)

マップはこちら!


(google mapより)

平泉駅から、1kmちょっとで、歩くルートなら

毛越寺 → 千手院 → 中尊寺

の順で行けます。
私の何度も歩いています。
千手院の写真はこちら。

千手院の写真

このお堂の、左上に地蔵さんが立っています。

千手院の源義経の郷御前と女子の墓。

説明書きがあります。

源義経郷御前の説明文

これ、以前から思っていたのですが、せっかくの歴史遺産なので、この説明書き錆びていて、もう少し立派にならんかな~~って。
思っていました‥(スイマセン平泉町さん‥)

*中尊寺については、こちらで写真付きで、詳しく紹介しました。

中尊寺金色堂と世界遺産本堂の御朱印!駐車場と観光のアクセス情報!

「世界遺産」
にも登録されている文化遺産。
源義経の最後の地でもあります。
ぜひ一度観光においでください。(私は地元の隣)

スポンサーリンク

義経伝説で言われる鵯声と八艘とびの逸話

「源義経」
の逸話なら、大きなものは、私なら二つ。

  • ➀:ひよどりごえ(一ノ谷の戦い)
    ➁:八艘飛び(壇ノ浦の戦い)

ですね。

ひよどりごえは急な崖を馬で降りて本陣に突撃!

場面は「一の谷」です。

  • 「鵯越」(ひよどりごえ)は地名。

この山から兵庫県神戸市須磨(すま)区の一ノ谷に降りる坂は,《平家物語》に〈人のかよふべき様候はず,まして御馬などは〉とある断崖であった。
(コトバンクより)

この「一の谷の戦い」
では、正面の生田口から源範頼が。
その背後が、断崖絶壁の「鵯越」。
ここから降りると、平家の本体の真後ろをつけるわけです。

それを馬を駆って、降りたのですから、平家の本体は総崩れ。
馬が大事と「畠山重忠」は馬を背負ったとか。(ちょっと無理かと思うが・・)

・・・・・・・・・・
武田信義は甲斐源氏。
武田氏の祖になります。

武田信義は甲斐源氏の祖!家系図と鎌倉幕府成立への貢献を年表で!

木曽義仲の鎌倉幕府への貢献や、したことを年表で。

木曽義仲の源氏と子孫の家系図!最後と源頼朝の関係と鎌倉への貢献!

子供やその子孫の話など。
・・・・・・・・・・

八艘飛びの部隊は壇ノ浦の合戦!

相撲の手にあります「八艘飛び」は、ここから。
舞の海さんの技を見たことがあります。
現在では、「身軽に飛び回る」ことを、比喩した表現に使われますが、語源はここから。

平教経と船の上で鉢合わせした義経。

「長刀脇にかいはさみ、みかたの船の二丈ばかりのいたりけるに、ゆらりととび乗り給ひぬ」
(コトバンクより)

二丈とは6m。
さすがに、そんな身軽な義経を追いかけるのは無理と思った、平教経は追いかけるのをあきらめたと。

但し、これも強調されるのですが

義経が飛び移ったのは一回だけ。
口上では後に、次々に八艘もの船を飛び移ったと伝えられるようになりました。

まあ~それだけ、戦上手でとてもかなわない方だったんですね。

スポンサーリンク

義経と頼朝に思う兄弟の情!感想とまとめ!

「頼朝」
との確執もあったかもしれませんが、歴史に名を刻んだ方。
義経が、大きな仕事をしていたのは、

1180年の頼朝との対面から、1189年の最後の場面のたったの9年間。

しかも、勢いがよかったのは、壇ノ浦の合戦(1185年3月)までの、たったの5年です。
常勝将軍なら、壇ノ浦の以前、1年ほどに、凝縮されるかもしれませんね。

この間の、戦の場面や私事の事などを含めれば、それこそ激動の時間だったと思います。

半面、頼朝さんにしてみれば、そんな短期間で天下を取って
「鎌倉幕府」
を、成立させたわけです。
そして、源氏の棟梁としての地位も。

兄弟での許せない天下の約束事!

「頼朝」
の気持ちは、ここに尽きるかと。
部下を思いやれない方や、先のことも考えない、熱血漢は得てして、無謀なことをするかもしれません。

赦せることはあっても、これから天下に布武する身としては、示しがつかなかったのかもしれません。

「頼朝」

は本来なら、その時点で逆賊「義朝」と同じ運命であったはず。
それが平清盛に許されて、その時点で、存在しているわけです。

ここを許すと、第二の自分が出てくる。
すると、鎌倉を揺るがす事態も。
そんな禍根は摘んでおかないといけない。

静御前の男子の子は、そんな思いですね。
なんとも悲しいことですが、その時代では、仕方がないことだったのかも。

歴史を、調べていると、現代に通じることも、多数感じます。
参考になることも。
だから、歴史は面白んだと。

・・・・・・・・・・・・
北条義時の正室や側室と子供のその後など。
北条氏は、執権で栄華を極めていきます。

北条義時の正室と側室と子供の名前と何人いる?その後の処遇を解説!

源頼朝の正室と側室と子供の名前。

源頼朝の源氏宗家の家系図!妻と側室と子供の名前やしたこと年表で!

したことを年表で解説しました。

・・・・・・・・・

*ヘッダーの写真は、私が撮影した、奥州平泉の毛越寺の写真です。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事