徳川四天王とは?ランキング最強は誰?関ケ原以降石高推移と幕末!

地奥川四天王のイメージ写真

徳川四天王は、家康公に天下を取らせた武将としても、最高の評価で徳川家中でも最強です。
が・・さらに、この4人の中での最強は誰だ?

個人的な主観で、ランキングで評価してみました。
関ケ原以前と、以降での石高の推移は?
さらに、関ケ原以降の徳川四天王家の、その後と幕末まで続いたかの考察をしてみたのですが、歴史ですな~~

スポンサーリンク

徳川四天王とは?名前と由来は?

 

徳川四天王は誰?

以下の4名の武将です。

1:本田平八郎忠勝

徳川四天王の写真
(Wikipediaより引用)

2:酒井忠次

徳川四天王の写真
(Wikipediaより引用)

3:榊原康政

徳川四天王の写真
(Wikipediaより引用)

4:井伊直正

徳川四天王の写真
(Wikipediaより引用)

この4名の武将のことを言います。
他に12名を入れた

「徳川十六神将」

がいますが、これはまた別な機会に。

 

いつから徳川四天王と言われるように?

 

徳川四天王とは、いつから言われるようになったのでしょうか?
一説には、この4人から酒井忠次を除いた

「徳川三傑」

ともいうようです。

「歴史上、いつから言われたかこれは、定まっていないようです」

しかしながら、不明であるとしても上に書いた「徳川三傑」は、「榊原家譜」により1586年9月に使われ始めたと書かれているようですね。

一説には、1586年9月徳川家康の名代として、豊臣家に(大阪)に上洛した3名を、上方の武将が「徳川三傑」と言い始めたのが始まりだと言われているようですね。

この3人の武将は、言わずもがな徳川家をその時の立場にした、大功績がある武将なので、おそらく豊臣家の家臣団でも、敬意を持って見られたのだと私個人は思います。

どうも私が思うに、酒井忠次は徳川家康公が人質の時代に、今川家に一緒について行ったり、徳川譜代の家臣で三河で譜代筆頭であったがために、加わったのかな?と思いますがさて?

その後、1894年フレデリック・ヴィクター・ディキンズという方が書いた、「パークス伝」第二巻によると

「井伊、榊原、本田、酒井」

が仏教で言うところの「四天王」と呼ばれていたと書かれているようです。
1894年と言うと、幕末と言うか明治の時代。
パークスというのは、イギリスの当時の日本に来ていた「公使」(外交官)のことだと思います。
この方は、かなり勝海舟と仲が良かったように感じます。

徳川四天王の由来は?

仏教の言うところの、「四天王」から出ているようです。

スポンサーリンク

次に紹介します。

 

徳川四天王の元になった仏教の四天王とは?

 

仏教で言うところの四天王は、以下のような定義になるようです。

四天王(してんのう・中腹に在る四天王天の四方にて仏法僧を守護している四神(東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天)
(Wikipediaより引用)

さらに

持国天 – 東勝身洲を守護する。乾闥婆、毘舎遮を眷属とする。
増長天 – 南贍部洲を守護する。鳩槃荼、薜茘多(へいれいた)を眷属とする。
広目天 – 西牛貨洲を守護する。龍神、富単那を眷属とする。
多聞天 – 北倶盧洲を守護する。毘沙門天とも呼ぶ。原語の意訳が多聞天、音訳が毘沙門天[3]。夜叉、羅刹を眷属とする。
(Wikipediaより引用)

この4人の武将は、帝釈天に仕えるとあります。
また聖徳太子は、戦の際に四天王に祈願して、勝利を収めた際に四天王寺を建立したとあります。

という解釈ならば、徳川家康公に仕える4氏に四天王と言う称号は、まさしく相応だと思うんだな。

 

徳川四天王筆頭と最強は誰?ランキングをつけてみた!

 

さて、この4人の武将について、ランキングをつけるとしたら、どうでしょうか?
私としては、上記に書いたように、酒井忠次氏は徳川譜代筆頭と言う立場なので、しかも徳川家康公よりも15歳も年上。
しかも1588年には隠居しています。
という事は、関ヶ原には参陣にしていません。

ということで、勝手な解釈ですが「徳川三傑」について、ランキングをつけてみます。

 

徳川三傑のランキングは?

 

これは難しいですが、私の中では「榊原康政」は、残念ながら3番目です。
となると1位は

1:井伊直政
2:本多忠勝

どちらかになりますが、私はどうしても「井伊直政」を一位に推薦したいですね。

なんで?

やはり、以下の理由が挙げられます。

1:井伊の赤備え
2:関ヶ原の抜け駆け先陣

この2つをとれば、私は最強だと思います。
体力的な強さはいざ知らず、もちろんそれもあったでしょうが、余人にないものをあげるとすればやはり

「度胸」と「プライド」

でしょうか。
他の2人についても、もちろん度胸もプライドも充分。
が、ちょっと違うのは、やはり主君徳川家康公からの、信頼が1番だったような気がします。

名門甲斐源氏の「武田家」が滅びた際、武田騎馬軍団に象徴される、赤の甲冑の部隊。
その部隊を徳川家康公から預けられる信頼。

となれば、私の中ではやはり

「井伊直政」

をランキング1番に推薦したいと思います。
歴史好きの方にしてみれば、そんな事は無いとおっしゃる方も、いるかもしれません。
私も歴史ファンですが、いろんな見方があって、良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

徳川四天王の関ケ原以降の処遇と石高は?

 

徳川四天王と呼ばれる4人の武将は、いずれも最終的には、結構な石高を有するようになるのですが、その経緯を少しだけ表にしてみました。

実は、徳川家康公が関東異風になる前には、徳川四天王については、酒井忠次を除いては、領地が与えられていませんでした。

徳川三傑の3人の所属は

「旗本衆」

の筆頭的な扱いだったようですね。
いわば「青年将校」と言えばいいのかなと、私は思っています。
給料は確か「二千石」だったと、どこかで読んだ記憶があります。(記憶違いなら申し訳ないですが)

幕府用人で、国持でない方の奉行と称する方の最高石高(給料)は

「2000石」

だったと思います。

「子母沢寛」

の小説(勝海舟など)によると、軍艦奉行や時の適塾(阪大)の「緒方洪庵」は「奥医師兼西洋医学所頭取」でしたが、この給金も「2000石」と書かれていたように思います。
歴史を踏襲していたのかな~~とも思うんだな~~(勝手な解釈です)

その後、小田原征伐が終わり、徳川家康公は関東に移封されました。
その時に初めて、徳川三傑は国持ちになったわけです。
石高は以下のようです。

  • 井伊直政:12万石(上野国箕輪)
    本多忠勝:10万石(上総国大多喜)
    榊原康政:10万石(上野国館林)
    酒井家次:3万石(下総国臼井)

結構な石高ですね。
酒井忠次は、隠居してましたので息子の家次が家督を継いでいます。

 

徳川四天王は関ヶ原以降はどのような石高になった?

 

気になる、関ヶ原の戦が終了した後の徳川四天王の、それぞれの領地の処遇、石高はどうなったか見てみようと思います。
以下の表になります。

  • 井伊直政:佐和山藩18万石(石田三成の居城)
    本多忠勝:伊勢国桑名藩10万石
    榊原康政:上野国館林10万石
    坂井家次:上野国高崎5万石

と、こんな具合になる様です。
井伊直政は、佐和山で最期を迎えました。
その後子供の直継が家督を相続。
彦根城が完成と同時に彦根藩30万石に、大幅増でしたね。

上のように、徳川三傑または、徳川四天王と言われた武闘派の時代は、この関ヶ原の時代を境にして、終了したように思います。
その後は、本田正信(正純)や大久保忠隣などの、文人派が闊歩するようになるわけです。

戦国の時代は終わりに向け、安定した政権運営に、大きく舵を切っていくそんな時代の波が、この関が原の戦の意味だったのかもしれません。

もちろん、まだまだこの先に、大阪冬の陣と夏の陣が待ち受けていますが!

しかしながら、ほぼ勝負は決していたと思います。
・・・・・・・・・・・・

徳川四天王モニュメントの数々一覧!

戦国時代の合戦時の陣形を調査してみました。
武田信玄は偉大でしたね~~

戦国時代の合戦の陣形は?主要陣形一覧と武田八陣形を考案は誰だ?

徳川家康公の、駆け出しの時代から、石高はどう推移していったかの考察です。

徳川家康の石高の推移と増え方を歴史の年表で!幕府開始時は幾ら?

出世が素晴らしいですね。
・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

 

徳川四天王の藩は幕末まで続いた?考察してみた!

 

徳川四天王の、関ヶ原以降の藩はどうなったのでしょうか?
明治の、維新の時代まで続いたかどうかの考察です。
個別の藩を見ていこうと思います。

 

井伊直政祖先彦根藩は?

 

これはもう歴史上、知らない方はいないと思います。
桜田門外の変で誅された「井伊直弼」は彦根藩の、当時の殿様で、幕府に大老として出向。

天皇の許可を得ずして、日米通商条約を締結。
そのために反感を買ったわけですね。
しかしながら、国替えは一度もなされないで済みました。

井伊直政の、関ケ原での抜け駆け先陣は

「これは我らの戦である!」

やはり最強には、徳川家康公が報いたのかもしれません。

本田忠勝の伊勢桑名10万石はどうなった?

 

  • 伊勢桑名藩(いせくわな:三重県桑名市)
    播磨姫路藩(はりまひめじ:兵庫県姫路市)
    大和郡山藩(やまとこおりやま:奈良県大和郡山市)
    陸奥福島藩(むつふくしま:福島県福島市)
    播磨姫路藩(2回目)
    越後村上藩(えちごむらかみ:新潟県村上市)
    三河刈谷藩(みかわかりや:愛知県刈谷市)
    下総古河藩(しもうさこが:茨城県古河市)
    石見浜田藩(いわみはまだ:鳥取県浜田市)
    三河岡崎藩(みかわおかざき:愛知県岡崎市)

江戸時代、こんなに回数を多く国替えを幕府から命じられたわけです。
ただでさえ、江戸時代の真ん中あたりは大不況の嵐で、経済が逼迫する中、かなり大変だったようですね。
三河岡崎藩は、どうやら100年以上続いたようです。
そして、ここで明治維新を迎えます。

榊原康政館林10万石以後は?

 

榊原康政は、当初は群馬県の館林藩からです。
年表は以下のようになります。

  • 1590年 – 1643年: 上野国館林藩(群馬県館林市)
    1643年 – 1649年: 陸奥国白河藩(福島県白河市)
    1649年 – 1667年: 播磨国姫路藩(兵庫県姫路市)
    1667年 – 1704年: 越後国村上藩(新潟県村上市)
    1704年 – 1741年: 播磨国姫路藩(兵庫県姫路市)
    1741年 – 1871年: 越後国高田藩(新潟県上越市)

こちらも、国替えが頻繁に行われたようですね。
大きく、財政を圧迫したのは、言うまでもないことだと思います。

酒井家館林10万石以後は?

 

酒井家は以下のように、国替えを余儀なくされました。

  • 下総国臼井藩3万石
    上野国高崎藩5万石
    越後国高田藩10万石
    信濃国松代藩10万石
    出羽国庄内藩15万石

最後は、上記のように庄内藩で、明治維新を迎えることになります。
余談ですが、藤沢周平の小説が私は大好きでしたが、その舞台がこの庄内藩になります。

藤沢周平氏自身も、出身が鶴岡市になります。
まさに地元。

「三屋清左衛門残日録」

だっけかな〜〜これを1番最初に読んで、はまっていったわけです・・藤沢周平さんの世界に!
面白い本なのでお勧めします。

・・・・・・・・・

徳川四天王モニュメントの数々一覧!

戦国時代の石高のランキングです。
石高での兵力動員数も、換算してみました。

戦国時代の石高ランキング上位ベスト10は?石高に見る兵動員数!

昔の給料は、どうしても石高!

石高で1石は江戸時代で現在の価値ではいくら?武士の年収も調査?

では、一石はお金でいくら?
そんな考察です。
・・・・・・・・・・・・・

 

徳川四天王のような武闘派が今いたら?

 

今の時代には、武闘派は合わないかもしれません。
それよりは、やはり関ヶ原以降の文官が重んじられるかもしれませんね。

しかしながら、世の中が乱れたときに、リーダーがやはり必要でしょう。
どのようなタイプであろうと、優秀な方は必要です。

徳川家康公を支えた、徳川四天王は立場変わって、今の日本の政権にいるだろうか?
見方を変えれば、わが社の社長を支える人材の中に、このように意気軒昂な、さらに知性も持った、そんな人材がいるか?

そういうことを、歴史から学ぼうとしているのではないでしょうか?
私はそう思います。

だから、歴史と言うのは面白いのであって、また自分が進むべき方向への参考というか、指針にもなるようなそんな気がします。

徳川四天王のこの4人は、もう少し掘り下げて、迫ってみたいですね。
その辺はまた別の紙面で!

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。