石高で1石は江戸時代で現在の価値ではいくら?武士の年収も調査?

多聞山の4月の写真

江戸時代の武士の収入は、「石高」でした。
ならば、1石はコメの単位ですが、量と金額と価値のお話です。

武士の年収も、調査してみたのですが、意外と生活は大変だったようですね。
見かけ上は、多いのですがしかし、平時とはいえいざ鎌倉・・に備えて家臣を常時雇用していなくては‥そんな事情からです・

スポンサーリンク

石高の一石はコメなんぼ?金額換算ではいくらになる?

戦国時代やそれ以前からの、大名の規模を表す、または給料の額を表す単位が

「石」(コメの単位)

ですね。
食べることが基本だった時代に、コメは主要な産品で、しかもお金に代わるものだったので、まさに

「米本位制」

だったんだと思います。

一石はコメの量でなんぼ?

昔の単位は「尺貫法」ですから、それによると

  • 一石:2.5俵
    重量:150㎏
    量:大人が一年に食べるコメの量
    測定すると:1000合:100升:10斗

ですよね~~ちなみに1合は、180㏄になります。(約コップ一杯)
約ですが、一日3合食べる勘定になります。

一石は金額に換算するとなんぼ?

これは諸説あるのですが、江戸時代の初期と、終わり(明治に近いころ)では、かなりの貨幣の価値の差があるようです。

でも、決まっているのは

一石=一両

これは同じようですね。
さて、この一両の貨幣価値ですが大体

「10万円~20万円」

の間であろうということです。
江戸時代は、一般的に言われるのは、1両あれば一か月暮らせたそうです。

って‥ことは、12石の過料(収入)があれば、年収としては生活だけは出来た‥そういうことなのだと思いますが、事はそう単純ではなさそうです。

しかし、今と違って電気もなければ、娯楽もなければ携帯もありませんし、テレビもない時代。

飯食って寝る・・そんな時代だったかもしれません。

変な遊びや、飲み歩きをしなければ、確かに10万ちょっとで暮らせたかもしれませんね。
今だって、私は何もなければそんくらいで、暮らせるかもしれません。

田んぼもありますし、畑から野菜がありますし、家は持ち家で借金はありません。
年金で十分かと。

でも、江戸時代ですからね~~対象は武士です。

大名と直参家臣団と藩士の違いは?

武士の階級も、いろいろあるようですね~~

1:大名:一万石以上

を言います。
そして

武士の区分けですが、大きく分けて

  • 1:直参旗本(直臣団)
    2:藩士

1は徳川将軍家の家臣団で、2は地方大名の家臣団になります。

いずれも、大体同じような構造になっていたようです。
但し、大名でも小規模だと、家臣団(藩士)の人数が少ないですから、構造的には簡単だったようですが、ここでは最も多い方の例で。

ここでは、便宜上1番で。(直参・・)

1番は、さらに2種類に分かれるのですが、人数はどれだけいたのかも併せて。
人数は、1722年の数字になります。

  • 1:旗本:5205人
    2:御家人:17399人

と別れます。
旗本と言えども

「9500石~15石」

くらいまであって、ひとえに名前が旗本だからと言って、高給であったかと言うと、そうでもなさそうです。

一番多いのは100~300石の層で、ここで半分以上だったそうです。
一方で、御家人はほとんど

「50石未満」

だったと。
勝海舟は、父が勝小吉で御家人の41石です。

「子母澤寛」

の小説が好きで読んでいたのですが、その時の記述が確か

「50石二人扶持」

だったように思います。
いずれ、勝小吉は生まれは旗本でしたが、三男のため勝家に養子、そこが御家人の41石だった。

これに、今納得しました。

いずれにしても、大変な上下の格付けだったんですね~~

スポンサーリンク

武士の平均的な年収のお話!しかし実際は家臣が必要だった!

では、江戸市中のお話で。
ってか・・どこでも同じだったと思います。
当時も、中央と地方の格差ってあった?

さて・・どうでしょうか?

これはまた後程別の紙面で。

江戸時代の武士の平均年収はどん位だった?

さて・・どん位でしょうか?
ここでは、上記の平均年収石高を参考に見ていこうと思います。

「100~300石」

が平均ならば、そのまた中間の200石を例にとって計算してみます。

この場合の年収は以下のような計算になります。

  • 総収入:200石
    税金:120石(6割・・高)
    手取り:80石(80両)
    一両=12万円

とすると収入は:960万円

で、結構な金額で、今の時代でも結構いけてます。
他に雑収入で

  • 1:勤務していれば勤務手当
    2:使用人への多少の科料

があったようですが、それもまちまちで勤務できればいいのですが・・さてね~~

ところで、上記の勝小吉さんの、41石御家人ではどうでしょうか?

  • 総収入:41石
    税金:24.6石
    手取り:16.4石
    一両=12万円

とすると収入金額は:1,968,000円にしかなりません。

これで一家を養うには、とてもですよね~~
しかも、次に紹介する縛りがありますから、なおさら・・平時なのにね~~

*ちなみに今の日本では確か200万以下はワーキングプア―ですよね‥確か・・

直参旗本に見る家臣団の義務付けで収入大幅減!

これはどういうことかと言うと、徳川将軍家の家来は石高に応じて、家臣を雇っていなくてはならなかったのです。

これは、いざ鎌倉(関が原)・・そういう時に直参旗本や御家人も含めて、全員支度して、はせ参じなくてはいけなかったんだな~~

それが、義務だったんです。

先ほどの、勝小吉の「五十石二人扶持」と言うのは、戦になったら部下を二人連れてこい・・そういうことなんだと、私は解釈します。

すると‥徳川直轄400万石で、旗本八万騎は説明つくな~~って思った次第です。

実際は、そんな単純ではなかったようですが、細かく決められていたようです。
以下のようです。

200石:5人
100石:2人
300石:7人
500石:11人
1000石:21人

これ結構な家来ですね。

問題は、この分の出費・・しかし、小説の中で勝小吉が、使用人を雇っていたか?
確かいたな~~って、思うんだが40年ほど前に読んだので、さて・・どうだったか‥いたような気がする。(記憶あいまい)

思い出してみたのだが、年に一回?お城に証拠で参じないといけなかったような・・
そこで、家来はバイトを雇って・・証拠にしていた・・でなかったかな~~たしか。
(記憶違いならスイマセン・・)

多分、そんな年収で人を雇えって言われても無理だと思うので、皆さん無視していたのではないかな~~って、勝手に思いました。

スポンサーリンク

有名どころの直参旗本の年収は?大岡越前や長谷川平蔵の年収は?

ではここでは、時代劇ドラマでおなじみの、超有名人の懐具合を。
とはいっても何せ、江戸時代のおhがなしですから、多少の齟齬があってもお許しあれ!

では当山の金さん

当山金四郎:500石
税金:300石
手取り:200石
200両ですから、12万円をかけると

年収:2400万円

ですね。
結構な金額ですね

では今度は大岡越前の上の場合は

大岡忠相:1920石
税金:1152石
手取り:768石
768両ですから
年収は:9216万円

です。
これは結構な年収ですね
一流会社の社長クラスかと。

鬼平犯科帳の長谷川平蔵は

総額:400石
税金:240石
手取り:160石
手取り年収:1920万円

です。
まあ~~それぞれが、部門の責任者ですから、当然かと。

しかし・・目に見えない、上記で紹介した、使用人と言うか家臣の数は

200石:5人
100石:2人
300石:7人
500石:11人
1000石:21人

とこんな感じの、家臣を常時雇っていないといけないのですから、これはちょっと大変かと。

例えば、遠山金四郎さんは500石ですから

「11人」

ですよね~~
っていうことは、2400万円の給料で、11人常時家臣がいないといけないんです。

いくらなんでも11人とは・・ですが、当時は平時でも備えていなくてはいけなかったんだと思います。

・・・・・・・・・・・・
戦国時代の、石高ランキングです。
石高で当然、兵員の動員数も変わってきますから、その人数も参考に入れてみました。

戦国時代の石高ランキング上位ベスト10は?石高に見る兵動員数!

戦国時代の合戦時の、陣形のお話です。

戦国時代の合戦の陣形は?主要陣形一覧と武田八陣形を考案は誰だ?

武田八陣形は有名ですね。
・・・・・・・

スポンサーリンク

江戸時代の暮らし向きや年収に思うこと!今と比べてどうだ?

江戸時代の武士の給料について、調べてきたのですが、とても興味深かったです。
いつの時代でも、貨幣価値って変わっていくもんですね~~

江戸時代の初めと、終わり頃ではどん位の差があったのかな~~と・

そういえば、小判の金の含有量もかなり減っていったというのを、見たことがあります。

我が家には

「一分銀」

があります。
この一分銀四個で一両だったようですね。

昔のお金のようで、やっはり角が、その形がちょっと変ですね。

これでよかったんでしょうな~~

一石=1両=12万円=150㎏=2.5俵

なのですが、今の時代は?

一俵で、今は約15,000円です。
私の農家の出し値です。(JA買取金額)

一時私金は12,000円程度ですが、本生産で15,000円近くまで行くのですが、最近は下回っているようですね。
生産者は、なかなか儲かりません。

私は先祖代々の、コメ農家ですが兼業農家で、今は田んぼがある以上は仕方がないかな~~と、そんな感じです。

江戸時代なら一石は約12万円で2.5俵ですから割ればいいのですね。(仮に12万円)

48,000円になります。

一俵あたり、その金額なら私の耕作面積でも、農業で食えていきます。

すごいですね。
時代ですね~~

食べることが、難しい時代と、現代のように食べるのは普通の飽食の時代と、でも、困難は分野が違えど、同じなのかな~~とも思います。

その時代時代での困難さは、種類が違うだけで同じなのかもしれませんね。

ちなみに、前述した地方格差ですが、やはりあったようです。

同じ給料でも、やはり地方は物価が安いので、暮らしやすかったようです。

これも、いつの時代も同じなんですな~~

勉強になりました。

・・・・・・・・・・・
冬が来たら、今度は春が来るは道理ですね。
でも、もう少し奥が深いお話です。

冬来たりなば春遠からじの意味と言葉の由来は?英語表記と例文考察!

飛躍の年・・飛躍の一年・・躍進との違いは?

躍進と飛躍の違いは?躍進とは 意味と使い方の例文や英語表現考察!

似たような言葉でも、少し違うようですね。

・・・・・・・・・・
*私の主観を入れて書いてますので??な部分があってもお許しください。
ヘッダーの写真は愛機のフジの一眼で撮影の、松島四大観多聞山(偉観)の春の写真です。

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。