画竜点睛の故事の話とは?意味や使い方と例文は?英語表現の考察!

x-t4で撮影した須川岳の冬の写真

画竜点睛とは?
故事の話としての物語が、とても面白いので、紹介しようかと。
また、この画竜点睛を使う場面や、使い方や例文を私の経験から作成してみました。

この故事の、四字熟語でも英語で表現できるかや、どうなるのかな~~との考察をしてみました。

読み方は「がりょうてんせい」です。

スポンサーリンク

画竜点睛を欠くの意味は?

「画竜点睛」

読み方は「がりょうてんせい」です。
難しい漢字ですね。

画竜点睛の意味は?

意味は以下のようです。

「物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ」

ということで、最後の最も肝心かなめの、最後の一押しで、全体を一層引き立てる・・そんな例えです。

原文の中国語読みを分解すると‥

「竜(りょうを)画(えがいて)睛(ひとみ)を点ず」

竜の絵を描いたのに、瞳を入れなかったらどうなるか?

そんな例えですね。
それは、文章でもお話でも、肝心かなめの一押しがあると無いとでは、これは価値が全く違ってくるというもの。

単なる話ならば、ただだらだらとして、メリハリがない・・そんな意味だと解釈します。

ある意味、四字熟語でその壮大な意味を言い当てている・・素晴らしい熟語だと感心!

画竜点睛の語源となった中国故事の物語の話とは?

時代は梁(りょう)の時代(南朝502~557年)に有名な画家で

「張僧繇」(ちょうそうよう)

という画家がいたんだな。
当時の皇帝は「武帝」と言いますが、大のお気に入りで、たくさんの絵を注文して描かせていました。

ある日、武帝は健康(現南京)の安楽時に、四匹の竜を描くように命じたんだな。
すると、なんと「張僧繇」は、たったの三日で書き上げたんだそうな。

しかも、その竜はまさに生きている如しで、見に来た見物人は感嘆の声を上げたんだそうです。

が・・スカスだ・・

よくよく見たら、その竜には目が入ってないんだな。
そこで、みんなは「張僧繇」に、目を入れるように頼んだそうです。

すると、「張僧繇」曰く

「竜に目玉を入れるのは簡単ですが、しかしそうするとこの竜は壁からとび出して飛んでいってしまいます」

へ???・・まさか・・誰でもそう思うはずです。
描いた絵の竜が、とんでいくだ~~??
そんなはずねえべ!

の世界ですね。
私だってそう思います。

そのうち、人々は「張僧繇」は、うそつきだと言い始めたんだそうな。

嘘つき呼ばわりは、いかにしても、腹に据えかねたんだと思います。

「張僧繇」は、目を入れることに。
但し、四匹の内二匹だけだ・・という約束を。

そして当日、その場には大勢の見物客が‥

正に、二匹目の竜に目を入れたときに、どうなった?

1:空に黒雲が広がり
2:激しい風が起こり
3:雷鳴がとどろき
4:稲妻が走り

トンでも自然現象ですが、その中を二匹の竜が壁を破って起き上がり、牙をむき出して爪を躍らせるようにして、天空に飛び去ったそうな。

そののち、すぐに空は何事もなかったように、晴れて元通りに。
人々は、もちろん唖然!

目を入れなかった、二匹の竜は壁に残っていました。

この物語(お話)に倣い

「画竜点睛」(竜を書いて瞳を入れる)

という、故事成語の言葉が生まれ、詩や、文章や絵などでの、大事な部分に一言を入れて、明快な意味にするという意味で、この言葉を使用するようになった。

そんなお話です。

しかし・さすが中国ですね~~スケールが違います。

スポンサーリンク

画竜点睛を使う場面や使い方や例文を作成してみた!

「画竜点睛」

を使う場面って、どんな所か考えてみました。
私なら、ブログ記事を書いているときに、この記事のポイントは?

話の起承転結で、言いたい部分はここだ・・そのためには、これが絶対のポイントだな・などそう感じるときかもしれません。

画竜点睛の例文を考えてみた!

ちょっと難しいですが、私の経験から考えてみました。

1:俺の設計したこのデザインは、この帯が正に画竜点睛だな。顧客からの評判も上々だ。
2:この文章・・なんか肝が足りないよな~こういうのって、画竜点睛を欠くって、いうのかもしれないな。
3:今日の講演、なんかだらだらでメリハリがなくって、結局何が言いたかったんだ?画竜点睛を欠くって、その見本だと思う。
4:画竜点睛を意識することで、何となく日々の生活に、価値を見出しそうな予感がする。
5:俺のMAZDA2のポイントはAWD。俺にしてみれば、之こそ、この車の画竜点睛で、隠れてて見えないけど、雪道では最高の機能だ!

などなど・・
1番は、私がデザイン設計した商品が、顧客から評判でした。
20代の時のお話で、もう40年近く前のことですが。

そういえば・・で思いだしながらの、例文です。

画竜点睛の類義語にはどんなものが?

「画竜点睛」

の類義語にはどんなものが?

以下のような儀区が考えられます。

  • 1:仏作って魂入れず
    2:物事の肝
    3:仕上げ

他にもあるようですが、私の場合はこの3点で。
特に、1番の

「仏作って魂入れず!」

は、ホントその通りだな~~と思うんだな。
魂が入ってこそ、その機能をするものが・・物事の肝もそうですが、肝心かなめの部分が抜けていては、せっかくのものも片手落ちになってしまいます。

なるほどな~~です。

画竜点睛を英語で表現するとどうなる?

では、いつものように検索で

画竜点睛:finishing touch

う~~ン・これは、そうかもしれません。
ちょっと納得します。

他には?

1:completing something by executing the final
2:critical step

これは、いい訳ですね。
納得します。

the work lacks the finishing touch。
(画竜点睛を欠く)

などなどですね。
こういう四字熟語でも、きちんと英訳できることが、素晴らしいと感じます。

・・・・・・・・・・・
今話題の会食・・なかなか守れないようですが、一回の会食でなんとも・・

会食の意味は?接待との違いや服装やマナーについて!恐怖症とは?

予断を許さないとは?

予断とは?許さないと油断の意味の違いは?使い方や例文と英語表現!

今の時期には、ぴったりの言葉かもしれません。
・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

画竜点睛を私の人生に当てはめてみた感想!

「画竜点睛」

について、考えたり調べたりして、書いてきました。
改めて意味は

「最後の肝の仕上げで、ほんの少し手を加えることで引き立つこと」

を言います。
確かに、いま行っている仕事や、書いてる文章に、少しだけ手を加えることによって、全く違った効果を得られ、内容が引き立つ。

それはありますね。

私個人のことを言うと、私は40代まではCADで、設計を行ってきました。
対象は、金型であったり、商品の開発もやってましたので、デザインも手掛けてました。

その中で、

「この商品は何処が売りだ?」

ということは、やはり考えるわけです。
出来た商品のイメージ(デザイン図や図面)を見て、そこでひと手間くわえると、やはり見違えることはあります。

そこで加えても、実際に金型から出てきたものが、ちょっとな~~はよくありますが、さらにそこで不満の場合はまた、ひと手間くわえます。

そうやって、いい商品を・・って・・皆さんこうやってました。

実は、「画竜点睛」は、この言葉を知らなくても、プロの方は体や意識の中で、知っているんですね。

書いていて、私はそう思っていました。

確かの、この四字熟語を知っていれば、納得する部分もあるかもしれませんが、名人と言われる方たちは、それが身に沁みついているんだと思います。

私ごときが、そういうことを言うのも、おこがましいですが、しかし誰でも思うことは自由です。

いい言葉だと思います。

「画竜点睛」

身に沁みます!

・・・・・・・・・
戦国時代の、有名武将の石高ランキングと、兵力動員数をまとめてみました。

戦国時代の石高ランキング上位ベスト10は?石高に見る兵動員数!

江戸時代の一石は、お金にすればなんぼ?

石高で1石は江戸時代で現在の価値ではいくら?武士の年収も調査?

また、給料はいかほどだったんでしょうか?
そんな考察です。

・・・・・・・・・

*多少ピントがずれていても容赦くださいね。
ヘッダーの写真は、私の愛機x-t4で撮影した、岩手県の須川岳の写真です。
雪が多いので、とてもきれいな風景でした。

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。