沽券にかかわる事態とは?意味と使い方を例文で!英語ではどう表現?

展勝地の桜の写真

「沽券にかかわる」の沽券の意味は、もとは江戸時代の土地家屋の売買証文の事なんだそうな。
それが何で、品位や体面やプライドの意味として使われるように?

語源の由来やその経緯と、意味と使い方を例文作成で検証してみます。
英語表現や、類義語についてもどんなものがあるか考察して見ました。

スポンサーリンク

 

沽券にかかわるの意味は?沽券を漢字の分析で!

 

「沽券にかかわる」

読み方は「こけんにかかわる」です。
このことばは、「男の沽券にかかわる」みたいな使い方で、実際私も使ったことがありますが、正しいかどうかは、ちょっと曖昧でしたね。

 

沽券にかかわるの意味は?

 

以下のような意味になります。

1:品位や体面にさしつかえる。
2:体面(面目)に差しさわりがあって、プライドが傷つくこと

という意味があります。
人の値打ちが下がるような、品位を問題にした場合に、使われるような言葉に感じます。

 

沽券にかかわるの沽券の意味を漢字分析は?

 

さて、では沽券というのはどんな意味が?
漢字を見ていこうと思います。

沽:沽る(うる)、沽う(かう):売買を表す漢字
券:証明するもの、証文、券そのもの

ここで「沽券」の「沽」ですが、これめったに見ない漢字ですよね~~
難しい漢字に感じます。
が・・実は、奈良時代には

「沽価」

と書いて「こか」と読んで、実はこれは「価格」を意味する言葉でつかわれていたそうです。
古いんですね~~
しかも、律令制度の中で「沽価帳」という資料も、作成されていたそうな。
目的は物価の安定や公正な取引の目的だったそうで、なかなか日本の文化は進んでいたんだな~~が実感!

では、次にそんな歴史的な背景から、「沽券」の語源や由来に迫ってみようと思います。

 

沽券にかかわるの語源の由来は?もとは売買証券!

 

「沽券にかかわる」

の漢字の歴史的な使われ方について、少し上で紹介しましたが、「沽」という漢字が、売買を表す意味であれば、「券」をそれを証明するものは、ある程度予測がつくかと思います。

 

沽券にかかわるの語源の由来は江戸時代!

 

「沽券に関わる」
の語源は、「沽券」によります。
この沽券は、江戸時代の土地や家屋の売買証文として、使われるようになりました。
多くの場合は、土地の売渡証文になるのですが、ある時期から家屋も対象になった様ですね。

その証文の中には、まるで登記簿のように、土地の場所、面積、売主と買主の名前、江戸時代ですから小作料があればその内容まで、詳しく記載されていたそうです。

そのお題目には「沽却 私地事」と書かれていたそうな。
これは、売却を意味しています。

ちなみになんで江戸時代だ?

古くから日本では、土地の私有地が認められていました。
723年の「三世一身法」や743年の「墾田永年私財法」によります。
しかし、売買は当事者間だけで行われず、地域を所管する宮司にお伺いを立てる必要があった。

なかなか窮屈だったわけです。

それが江戸時代になると、沽券貸しや沽券借りなどのが行われるように・・借金の担保ですね。
また、私有財産が求められるようになったために、一般の町民も土地や家屋を自由に持つことができるようになったために、そういった取引が可能になったわけですね。

いわば沽券は、当時の「町民の身分を補償するステータス」だった訳です。
「俺は家と土地を持っているぞ!」
的な感じでしょうか。
つまり「沽券」は「町民の身分を象徴するもの」だったわけです。

これは当時はやはり、人の値打ちや品位を象徴することになって、やがてそれは

「体面やプライド」

に変化していって、「沽券に関わる」になったと言う訳です。
なるほど。
しかし日本と言う国は、本当にすばらしいですね。
律令制度の時代から、私有地を認めていたのですから、驚くべきことだと思います。

ステータスと言えば、やはり今でも「家と土地」は、今でも1つの人生の目標に掲げている人は、多いかもしれません。
私も、家を建てたいと思っていて、実現しましたがやはりこれは、ある種のステータスだと私も認識します。

スポンサーリンク

 

沽券にかかわるを使う場面と使い方を例文の作成で!

 

「沽券に関わる」
を使う場面というのは、どんな時でしょうか?
やはり自分が、かちんとくるような、プライドを感じる場面、もしくは私の体面を汚されるような、そんな場面を想定します。

 

沽券にかかわるを使って例文を作成してみた!

 

以下のように作ってみました。

1:人から借金するなんて、男の沽券に関わる事態だ。お金借りるなら銀行に行け。貸してくれないならやめろ!これが私のモットーだ。
2:私の仕事の流儀を否定される事は、体面が傷つき、まさに沽券に関わる事態だ。
3:自分の子供を中傷される事は、親としては看過できない、まさに沽券に関わる事だな。
4:自分の家の構えを否定される事は、古くから沽券に関わる事態といわれるが、どうにもできないこともある。
5:男にとって、沽券に関わるとは、まさにプライドを感じる時だな。しかし、口に出しては、ますます男が下がる時がある。

などなど、作ってみました。
これは全て私のことです。

1番の、お金を借りる事ですが、他人様からお金を借りるなら、絶対に止めないといけません。
どんなに困っていても、人からお金を借りる事は、沽券に関わる事態です。
私の中でこういう行為はありません。
そもそも、住宅ローンのような資産形成ならいざ知らず、他のことで窮した場合は、そもそもその事はやる資格がないという、私の価値観です。

自分の子供を中傷されるって、親としてどんな教育をしたのかと、間接的に言われてるようで、心苦しいですね。
そういう場合はやはり、沽券に関わる事態かと。
自分が間違っていれば、認めなければいけませんが、そうでなければのお話です。

などなど、「沽券に関わる」は、結構使えるのですが、でも口に出して言う事は、私の場合はなさそうです。
これはやはり、心にしまっておき、次のバネや反骨心に変えるものではないかな〜〜とも思います。
いちいち、反応するべき事でも、ないような気もするのですが、それはその人の価値観の問題かもしれませんね。

スポンサーリンク

 

沽券にかかわるの類義語にはどんなものが?

 

「沽券にかかわる」
の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 1:プライドにかかわる
    2:信用問題
    3:面目が立たない
    4:示しがつかない
    5:このままでは名折れ

などなど・・ほとんどがプライドに関する言葉になります。
それはそうですね。
もともとが、ステータスやプライドに関することばなのですから。

でも、上の言葉って、沽券にかかわるという言葉を知らない方でも、普通に同じような意味で使ってるのではないでしょうか?
皆さんの周囲の方、もしくは本人でも使ったことがあるのでは?
・・・・・・・・・・・
舌を巻くの意味は?
語源の由来はどんな書が出典元?

舌を巻くとは?意味と使い方を例文作成で!語源の由来と英語のお話!

精を出すの意味は?

精を出すとは?使い方や意味を例文の作成で!英語表現はどうなる?

使い方や例文を作成してみました。
・・・・・・・・・

 

沽券にかかわるを英語で表現するとどうなる?

 

いつものように検索で

沽券にかかわる:Involved in ticket

全くの「券」が出てきました。
さて・・
ほかの訳は?

「be beneath one’s dignity」

お~~これそれらしくって、いいような感じに思います。

considered helping with the dishes to be infra dig.
(皿洗いをすることは沽券にかかわると考えた)

これいいですが、今こう言う考えは通用しないですね。
夫婦で協力しましょう!

dignity:尊厳や威厳の意味があって、これにぴったりの単語に思います。

スポンサーリンク

 

私の沽券はどこでどうなったのだ?沽券の言葉の感想!

 

「沽券にかかわる」

語源や由来のお話が、すごくおもしろかったです。
なるほど~~でした。
律令制度の、700年代からこういう制度があったんですね~~ある意味、日本という国は進んでいたんですね・・個人を思う制度としては。

意味のおさらいです。

1:品位や体面にさしつかえる。
2:体面(面目)に差しさわりがあって、プライドが傷つくこと

を言います。
歴史的なお話や、語源については上記で紹介しました。
例文についても、私の周辺や、自分の考え方をもとに作成してみました。

 

沽券にかかわることが人生ではナンボくらいあった?

 

さて??
数限りなくあったと思います。
生きている中で、または生活する中で、「俺はこれだけは譲れない」と思う事は、誰だってあると思います。
もちろん私も。

もしそれを否定されるようなことがあれば、もしくは屈辱的に否定された場合、やはりこれは「沽券に関わる事態と思う事は、誰だってあると思います。
もちろん私も。

しかしながら、それにいちいち反応していたのでは、とても心も身も持たないね。
なので、私の場合は多くの場合、心の中に押し込めてきたと思うんだな。
それほど、熱くなることでもない事柄に対して、いちいち「沽券に関わる」プライドが云々、ステータスが・・
などと言っていたのでは、ちょっと違うなぁとは思って、生きてきました。

心の中で、沽券に関わることを反芻しながら、私の考え方は間違っていないか、などと考えたりしてきたのが実際です。

ゆずれないことがあった場合、どうするか?

「この屈辱忘るべからず」

の世界ですね。
ぐっと心に秘めて、耐え難きを耐えの世界で、それをバネにしてきたような、そんな気がする。
「沽券に関わる」
と言う言葉を噛み締めながら、そう思うんだな。

皆さんはいかがですか?
・・・・・・・・・・・・
継続は力なりの語源や由来のお話も楽しいですね。
やはり、継続することが成功の近道ですよ~~

継続は力なりの意味は?使い方を例文作成で!語源の由来や英語表現!

百聞は一見に如かず!

百聞は一見に如かずとは?続きが真の意味と由来は?体験を例文作成!

たしかに・・語源となった物語は、やはり・・・ですね。
・・・・・・・・・・・・

※本文の内容は、多分に私の主観を入れて書いてありますので、多少変なところもあるかと思いますが、容赦くださいね。
ヘッダーの写真は、一昨年撮影の展勝地の桜です。

スポンサーリンク

関連記事