たかをくくるの意味は?短文の例文で使い方を検証!漢字や語源のお話!

唐桑半島巨釜半造の夏の風景写真

たかをくくるとは?
意味は、その程度だろうと、行きつくところを安易に予測することを言います。
漢字では「高を括る」と書きます。
意味をもう少し詳しく、また使い方を短文での例文作成で検証!
語源や類語や英語表現など、言葉にまつわる内容など、調べたので紹介します。

スポンサーリンク

 

たかをくくるの意味を詳しく!漢字表現から意味を探る!

 

高を括るのイメージ写真

「たかをくくる」

漢字では「高を括る」と書きます。
意味は以下のようです。

1:その程度だろうと予測する。いきつくところを安易に予想する。たかをしめる。たかを積もる。
(日本国語大辞典)
2:このくらいの量(高さ)だろうと予想する(括る)こと
(実用日本語辞典)

のような意味です。
どうやら、相手を甘く見るとか、甘い見通しのような、そんな感じの意味に感じますが・・さて?

次は漢字の分析から!

 

たかをくくるの漢字分析!

 

「たかをくくる」
の漢字は「高を括る」と書きます。

  • 高:分量を表す(この場合)
    括る:予想またははかる

要は、分量を(高)を予想する(括る)という意味になるので、このことを

「高を括る」

という、こんな表現になるんだな。

なるほどですね。
この言葉は、なかなか転ばぬ先の杖みたいな、そんな気分にさせてくれますね~~
要は、高を括ったような予想をした場合は

「ん??ちょっと待てよ‥甘くねえか?」

そんな疑問を持った方が、良さそうに感じるんだな。(私の場合)

 

たかをくくるの語源のお話!

 

高を括るのイメージ写真

「高を括る」
の語源はどこから来てるんでしょうか?
これはしっかりあるんですね~~

時は、武士の時代の戦国大名の・・もっと以前かも。
昔は、コメの生産量は石高。
武将の勢力や武力は、ほぼですが、この石高で決まっていましたね。

敵国の石高を、低く見積もったり評価したことで、自国の戦力や兵器の充実を怠り、戦に負けることがあったそうな。
その時の表現を

「たかをくくった」「高を括った」

と表現したそうです。
かなり昔の事ですから、「検地」も進んでいなかった時代。
相手の支配地域の石高を、正確に見積もることは、困難だったのでしょうね~~

「な~~に~~相手の石高はせいぜい5万石。兵力動員は1000ちょっと、負けるわけがありませんぞ‥殿!ここは一気に攻め込みましょうぞ!」

こんな耳障りの良い言葉を信じたが最後・・だったのかもしれません。
実際は8万石で、兵士は2000人強。

「こんなはずでは・・」

ですね。
現実社会でも用心しましょう!

スポンサーリンク

 

高を括るを使う場面と使い方を短文の例文で検証!

 

「高を括る」
を使う場面は、物事に向き合うときに、相手の実力や本質に対して、予想するときに使うものだと理解します。
向こうは、これで出てくるだろうけど、こっちは隠し玉のこれがあるから、大丈夫だろうと、所が‥思わぬ伏兵が・・こんなことかと。

 

たかをくくるの例文を作成してみた!

 

以下のように作成してみました。

1:ハワイなんざ~~平気さ・一人でも歩けるよ・・と高を括っていたら、英語でしどろもどろで、やっぱし現地は甘くなかった。
2:明日の会議では、資料はすべて用意したはず・・と高を括っていたら、思わぬ内容に不備があった。
3:この手法なら、アクセスが集められると、たかをくくっていたが、そう甘くはいかなかった。
4:年金で余裕で暮らせると、たかをくくっていたが、それは甘い幻想だという真実に、気が付いた自分。
5:この設備、まだ大丈夫だろうと高を括っていたら、とんでもない故障が生じた。やはりメンテナンスは重要だと認識した次第。

などなど・・
15年ほど前に、ハワイに行ったのですが(初めての海外)、英語はどうかな・・何とかなるべ~~と思ったら、なんともはなったのですが、結構これがしんどかった。
英語は必須ですね。

年金で暮らせると、余裕こいていたのですが、いざその段階になったら、全くそうはいきません。
暮らせはしますが、余裕は全くありませんね。
やっぱし、バイトでもなんでもやっていかないと、余裕が生まれることはありません。

これ現実!

高を括っていると、痛い目にあいますよ~~

 

たかをくくるの類義語(類語:言い換え)にはどんな言葉がある!

 

高を括るのイメージ写真

「たかをくくる」
の類義語(類語)には以下のような言葉があるようですね。

  • 1:侮る
    2:軽視する
    3:見下げる
    4:過小評価する
    5:楽観視する

などなど・・類似の言葉はたくさんあります。
類語がたくさんあるという事は、この事案の意味については、かなりの関心事で「言い換え」もたくさん成り立ちますね。
しかしながら

「高を括る」

は、ことわざでもありますから、また別な次元にある言葉と私は認識します。
類義語のほとんどは、言い換えて意味を表していますが、「高を括る」はすべてを一言で言い表す、素晴らしい言葉だと思います。

 

たかをくくるの反対語(対義語)にはどんな言葉が?

 

「たかをくくる」
の対義語(反対語)には以下のような言葉があるようです。

「高を括る」
は過小評価なのですから、その反対となると

  • 1:過大評価
    2:買いかぶり
    3:過大視

があろうかと思います。
人や物事に対して、過大なる見積もりをして、実際は

「あんれ~~~この人何にも役に立たなかったじゃん!」(笑

って感じでしょうか‥(人の場合)

これって、人事ではよくあることではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・
喫緊の課題とは?
喫緊ってそもそもどんな意味だ?
そんなことを解説してみました。

喫緊の課題の喫緊とは?意味と使い方や例文!英語表現と語源のお話!

ご健勝の意味は?

ご健勝の意味や使い方は?ご多幸やご活躍をお祈りとの組み合わせは?

いろんな言葉の組み合わせについて検証してみました。
・・・・・・・・・・

 

高を括るを英語で表現すると単語も含めてどうなる?

 

高を括るのイメージ写真

いつものように検索で

高を括る:Conclude high

と出てきます。
さて??
良いのかなこれで・・
他の英訳(単語)は?

  • 1:to underrate(過小評価)
    2:to make light of(軽く見る)

やっぱ違いそうな予感です。
例文は以下のようです。

At first I took it lightly.
(はじめは大したことはないと高を括っていた)

you underrate me
(私を過小評価している:たかを括っている)

などなど・・言い回しはとても難しく感じました。

スポンサーリンク

 

高を括って失敗ばかりだったな~~!感想とまとめ!

 

「高を括る」
の意味や、使い方や短文での例文など、語源のお話は面白かったです。
確かに「石高」ですね~~戦国の時代は。
意味のおさらいです。

1:その程度だろうと予測する。いきつくところを安易に予想する。たかをしめる。たかを積もる。

ですね。
こんな程度だろうと予測していたら・・全く違っていて驚いた・・とんだ予想でしっぺ返しを食らった!

そんなところでしょうか。
でも、戦国の時代は(語源から)これは死活問題だったでしょう。
見立てを誤ったばかりに、敗戦や滅亡の危機に瀕するわけですから。

高を括るのイメージ写真

 

高を括って失敗ばかりだった私の人生!

 

ま~~安易な予想が大好きですから

「今度は大丈夫だ!」

なんで??
そう思うから!

なんてね。
根拠がないことでも、大丈夫だ~~の世界で、軽かった自分だったような気がします。
でも、これでよかったかも。

軽い分、ダメージを追っても、回復が早い性格ですから。
結構メンタルには、少しは自信があります。

でもですよ~~もう少し慎重だったら、もう少しはやはり、変わった世界があったかもしれませんね。
その辺を考えると

「高を括る」

は、肝に銘じた方がいいかと思います。

皆さんはどう思いますか~~~??

・・・・・・・・・・・・
皐月とは?
五月の事ですが、由来はとても興味深いです。

皐月とは?意味と名前の由来やいつのこと?花言葉や育て方自生の例!

後悔先には立ちたくないですね。

後悔先に立たずとは?使い方の例文や意味は?英語表現と語源のお話!

語源のお話もとても興味がありました。
・・・・・・・・・・・

**多分に自分の主観を入れて書いてますので、???な部分があっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、昨年私が愛機のX-T4で撮影した、唐桑半島巨釜半造の夏の風景の写真です。

スポンサーリンク

関連記事