• HOME
  • BLOG
  • 四字熟語
  • 切磋琢磨とは?意味と使い方を例文で!英語表現や語源と由来のお話!

切磋琢磨とは?意味と使い方を例文で!英語表現や語源と由来のお話!

x-pro3で撮影の松島瑞巌寺の正門の3月の写真

切磋琢磨の使い方や、使う場面を例文で・仕事でも使えそうな言葉に感じます。
切磋琢磨とは?
意味や、読み方や漢字の分析から、深く考えてみます。

ひとつづつの漢字の意味が、重いですね。
語源や由来のお話にある、歴史はとても面白く、いつも感銘します。
故事の四字熟語の世界って、本当に面白いですし、ためになります。

スポンサーリンク

切磋琢磨とは?意味を漢字の分析で掘り下げてみる!

「切磋琢磨」

読み方は「せっさたくま」です。
難しい漢字に思いますが、それぞれ一文字で意味があるから、素晴らしい漢字です。

「切磋琢磨」は四字熟語です。

切磋琢磨の意味を簡単に!

以下のような意味になります。

「学問や人徳や芸などをよりいっそう磨き上げること。」
「友人同士が、互いに励まし合い競争し合って、学問や道徳心など・・共に向上すること。」

非常に、前向きでポジティブな言葉になりますね。
なので、自分をPRする言葉にも、使えると思います。

これを分析すると、仲間同士でともに何かを高めあうとか、学問や芸などを高めるという、そんな意味ですね。
以前から、この言葉はよく聞きます。

座右の銘でも、ランキングされてるような気がしました。

切磋琢磨の漢字分析は?

言葉の意味を漢字で分析してみます。
この場合は、一文字づつです・

  • 「切」:獣の骨や角をなど骨を切って加工する作業。
    「磋」:玉や角や象牙をといで加工する作業。
    「琢」:玉(ぎょく)や石をのみで削ったり打って加工する作業。
    「磨」:石を磨いて加工する作業。

の意味があるようですね。
次の由来で、紹介しますが、それぞれの意味がとても重いんだな~~

漢字で見る限り、磨きに行くまでの工程での、形を整えたりする作業が、間に入って最終的には、いいものが出来上がる・・そんなイメージでしょうか。

切磋琢磨の出典元と語源や由来の歴史のお話!

「切磋琢磨」

の語源にまつわるお話です。
いつも書いていて、この語源や由来が、一番面白いですね。

切磋琢磨の語源や由来の出典元は?

以下のようです。

『詩経』の衛風・淇奥(きいく)篇で用いられた表現であり、衛の武公の自己研鑽ぶりを表現したもの。

有匪君子,如切如磋,如琢如磨
(書き下し) 匪(ひ)たる君子有り、切(せつ)するが如く 磋(さ)するが如く、琢(たく)するが如く 磨(ま)するが如し。
(現代語訳) 切するように、磋するように、琢するように、磨するように、(自己研鑽に励む)優れた君子がいた。

— 『詩経』衛風・淇奥
(wikipediaより引用)

出典元は、「詩経」となっています。
では、その詩経とは

『詩経』(しきょう、拼音: Shī Jīng)は、中国最古の詩篇である。古くは単に「詩」と呼ばれ、また周代に作られたため「周詩」とも呼ばれる。
西周時代、当時歌われていた民謡や廟歌を孔子が編集した(孔子刪詩説)とされる。史記・孔子世家によれば、当初三千篇あった膨大な詩編を、孔子が311編(うち6編は題名のみ現存)に編成しなおしたという。
(wikipediaより引用)

といううことで、作者不詳の詩を、孔子が編纂した詩集ということになるのかな‥多分。
ということは、紀元前500年あたりのお話かと。

すごい古いものですね~~
驚きます。

衛風・淇奥(きいく)篇というのは

  • 衛:当時の国の名で黄河の中流域、中原の中心にあった国(現河南省)
    淇奥(きいく)篇:この詩のタイトルです。

その中の詩に、上に書いたように

「切磋琢磨」

がしっかりと書かれています。
基は、「自己研鑽」が目的だったようですが、後に複数人で研鑽しあうことに、変わったということです。

なかなか・・奥が深いですね。
しかし、今から2500年ほども前に、こういうのがあるとは・・さすが中華4000年の歴史です。

誇れますね。

スポンサーリンク

切磋琢磨を使う場面と使い方を例文作成で考察してみる!

「切磋琢磨」

を使う場面とは、どんな時なんでしょうか?
考えてみると、このことわざは、現在でも未来でも過去でも、いつでも使えるのでは?
そう思います。
例えば・・
これまで、社内のライバルと切磋琢磨して、スキルをアップしてきた・・
これからは、いいライバルができたので、彼らと切磋琢磨して‥

などなど・
そういうことを勘案して、例文を作ってみようと思います。

切磋琢磨を使用した例文を作成してみた!

以下のように作ってみました。

1:会社の中にライバルがいると、自分のスキルを上げるために、切磋琢磨できるのである意味有利だ。
2:切磋琢磨できる相手がいると言うのは、自分の成長には欠かせないと思う。
3:子供たちは、これから世の中のライバルたちと切磋琢磨して、成長言って欲しいと思う。
4:私が切磋琢磨してきた相手は、ネットの向こうにいる。
5:自分だけで進歩していこうと思うのは、切磋琢磨する相手がいる場合と進歩がまるで違うだろう。

等々。
私が感じたことを、切磋琢磨を使って例文にしてみました。
やはり、今思うと、会社の中での立ち位置をあげていく場合には、これはライバルを抜いていかなければなりません。

そうなると、そのライバル自身も、切磋琢磨する相手になるはずです。
やはり、自分のスキルを上げると言うのは、ライバルの存在は欠かせないでしょう。
私はそう思います。

私の孫を見ていると、孫世代もこれからどんどん世の中にもまれていくんだと、いろんな人たちと切磋琢磨してもまれていってほしいと思う。

いい言葉ですね。

切磋琢磨の類義語にはどんな言葉が?

「切磋琢磨」の類義語には、以下のような言葉があるようです。

  • 1:腕を磨く
    2:研鑽する
    3:砥礪切磋

などなどがあるようですね。
腕を磨くとは、意味はそのままですが、切磋琢磨する相手が存在するかどうか、ちょっとわからないです。

研鑽するは、これは技です。
腕を磨くとは、ちょっと異なります。
研鑽と言う言葉は、私は大好きですが、使う対象がちょっと違います。

砥礪切磋は、切磋琢磨とほぼ同じような意味になります。
学問や人格を高めるために、日々努力することを意味するために用いられます。

その他にもいろんな言葉があるようですが、こんなところで。

切磋琢磨を英語で表現するとどうなる?

いつものように検索で

切磋琢磨:Work hard

と出るのですが、これもちょっと検索では出ない対象かもしれませんね。
他の英訳は?

discipline:規律

というのが出てきます。
規律ですか~~
これでいいのかな?

work hard together
(切磋琢磨する)
be in friendly rivalry
(切磋琢磨する)

この二つが良さそうなのですが・・

be in friendly rivalry

がしっくりくるような気がします。

スポンサーリンク

・・・・・・・・
五臓六腑に染み渡る?
どんな意味だ?

五臓六腑の六腑とは?意味や由来と使い方と染み渡る例文や英語表現!

臥薪嘗胆は、元は復讐心に満ちたことわざです。

臥薪嘗胆の使い方や例文は?意味と由来(話)や読み方と英文表現!

見事、お互いが一度は成就したのですが、互いがあればどうなった?

・・・・・・・・・・・

私の人生は切磋琢磨する相手はいたか?振り返ってみる!

「切磋琢磨」

について、意味や使い方や例文の作成、語源や由来の出典元の歴史などを、考察して来ました。
改めて意味のおさらいですが

「学問や人徳や芸などをよりいっそう磨き上げること。」
「友人同士が、互いに励まし合い競争し合って、学問や道徳心など・・共に向上すること。」

という意味になります。
切磋琢磨するというのは、とてもポジティブで前向きな諺になります。

しかし、こういう言葉が作られた、或いは読まれた詩が今から2500年ほど前の世界に、あったということがとても驚きです。

すごい歴史だなと思います。

切磋琢磨を私の人生に当てはめるとどうなる?

残念ながら、私には切磋琢磨する相手は、さほど多くはいないというか、ちょっと思いつきません。
強いていうなら、人間関係を感じた相手。

ということになるかな〜〜と、今改めて考えると、そうなるような気がします。

いつも、難題の連続だったような気がします。
それは、今でもそうですね。

行き詰まると、いつも逃げるように転職してきたような気がします。

なんで?

なぜか、私に集中するんだな〜
そして、それを逃げるのが、とても下手な自分なんです。

切磋琢磨する・・言葉は知っていても、それって相手いる?

なんて、思うのですが私の環境では、ずいぶん昔にはいましたが、最近の周囲では思いつかないのが、本音。

この年(60代)になったら、もうこのままでやり残した事を、やっていきたい・・そんな気分だな。

スカスダ・・

ネットの向こうには、ライバルがわんさか。

それが現実だな!

・・・・・
因果応報という四字熟語の意味や使い方にちての考察です。
全ては、回ってるんですね。

因果応報の末路は?使い方や実話の例文は?英語表現や意味や由来は?

温故知新というのは、良い言葉ですね。

温故知新とは 意味は?故事の由来や話を簡単に!使い方や英語表現!

故事の由来は、とても興味深かったです。
・・・・・・・・・・・

※多分に私の主観を入れて書いてますので、???な部分があっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、愛機のフジのx-pro3で撮影の松島瑞巌寺の正門の写真です。
松島の四季と観光写真の案内!観光お勧め紹介!
こちらで、松島の特集をしています。
観光の参考になればと思って、作成した私のブログです。

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。