• HOME
  • BLOG
  • 四字熟語
  • 馬耳東風とは?意味や使い方を例文の作成で!語源と英語表現のお話!

馬耳東風とは?意味や使い方を例文の作成で!語源と英語表現のお話!

奥入瀬渓流の5月の写真

馬耳東風とは、人の意見や批判など気にせず、聞き流すことの例えです。
馬の耳に、春風が吹いても馬は何も感じない、そんな風景。
意味や使い方などを、例文の作成で考察してみます。
語源や由来は、李白の詩からの出典ですが、どのような状況を詩にしたのか、とても興味深いですね。

スポンサーリンク

 

馬耳東風とは?意味を漢字の分析も含めて!

 

馬耳東風のイメージ写真

「馬耳東風」

読み方は「ばじとうふう」です。
意味は以下のようです。

人の意見や批判などをまったく心に留めず、聞こうともしない様子のたとえ。
他人の意見や批評に注意を払わず、聞き流すことのたとえ。もとは春風が馬の耳に吹く意。
(goo辞書より)

こんな内容です。
人の、他人様の言うことをいちいち聞いて、気にしていたら、胃がなんぼあっても足らんな~~なんても思います。
そんなものは聞き流してしまえ・・という意味です。

 

馬耳東風の意味を漢字の分析で考えてみる!

 

漢字から考えてみます。

  • 馬耳:馬の耳
    東風:暖かい春風の事

そのまんまです。
馬の耳に、暖かい東からの風・・春風が吹いても、馬は気が付かないように、何の意思表示もしない。
人間ならば、感じるものは当然あるのですが、馬には何にも響かない。

そんな意味ですね。
スカスだ・・
次の語源からの紹介では、このようなことが言えます。

  • 1:感じてほしい
    2:感じるそぶりがなく無視

この意味は、思うに2番なのですが、当の李白は1番を気にしていたようですね。

では、語源と由来のお話です。

 

馬耳東風の語源と由来は?李白のどんな詩だ?

 

「馬耳東風」
の語源は李白の詩によります。

「答王十二寒夜独酌有懐」
が出典といわれています。

 

李白とはどんな人!いつの時代活躍された詩人?

 

以下のような説明です。

李 白(り はく、拼音: Lǐ Bái、701年(長安元年) – 762年10月22日(宝応元年9月30日))は、中国の盛唐の時代の詩人である。字は太白(たいはく)。号は青蓮居士。唐代のみならず中国詩歌史上において、同時代の杜甫とともに最高の存在とされる。奔放で変幻自在な詩風から、後世に『詩仙』と称される。
(wikipediaより引用)

唐の時代の方なんですね。

『詩仙』
ともいわれる、最高の詩人としての存在なんですな~~理解しました。
しかし、全盛期でも唐の政府からの重用は、無かったようです。

 

答王十二寒夜独酌有懐とはどんな詩だ?

 

「答王十二寒夜独酌有懐」
の中に「馬耳東風」の記述が出てくるのですが、どんな詩でしょうか?
原文は以下です。

吟詩作賦北窓裏、萬言不直一杯水。
世人聞此皆掉頭、有如東風射馬耳。

解説すると以下のようです。

詩を吟じ賦を作る 北窗の裏、
萬言直せず、一杯の水。
世人此れを聞きて皆頭を掉る、
東風の馬耳を射るが如き有り。

「答王十二寒夜独酌有懐」
の中の「王十二」は、人名で友人の詩人です。
李白とともに下級官僚として、不遇の立場。
おそらくですが

「答王十二」

とありますから、答える形での返答の詩だった・・そうも言われてるようですね。

再度解説文から・・

詩を吟じ、腑を作り、多くの言葉を並べても一杯の水にもならない。
世間の人は、すぐれた詩を聞いても(理解できずに)頭を振り、馬の耳に東風が吹くのと同じように、気にも留めない!

なかなかいいですね~~

スポンサーリンク

 

馬耳東風を使う場面と使い方を例文の作成で!

 

馬耳東風のイメージ写真

「馬耳東風」
を使う場面というのは、どんな時でしょうか?
やはり、言葉の意味から、言っても相手が動かない、響かないときや、自分が動じない方がいい、そんなときかな~~と思います。

 

馬耳東風を使用した例文を作成してみた!

 

以下のように作成してみました。

1:娘にそれではだめだと言って、注意しても馬耳東風で、まるで聞く耳を持たない。
2:ある意味馬耳東風は、ストレスフリーには必要だと思う。気にしすぎるのは良くないと思う。
3:馬耳東風を心がけておけば、人間もしかしたら素直になれるかも!
4:世間の噂も75日だ。馬耳東風に過ごせば問題ない。
5:馬耳東風にできない、由々しき事態もあるかもしれない

という感じで。
私の事例と、私自身の考え方を、例文にしてみました。

私の同居人の娘は、全くいうことを聞きませんね。
勿論、30過ぎた年齢のいい大人が、親の言うことなんざ~~それこそ
「馬耳東風」
そのもの。
他人の言うことを気にしすぎると、それはやがてストレスになっていく気がするんだな。
気にしすぎることは、やがてそれがストレスになって、心身を病んでいくような、そんな気がします。
そして、あるていど「馬耳東風」を心がけてい置けば、ストレスフリーになるかもしれません。

そんなことで例文でした。

 

馬耳東風の類義語にはどんな言葉が?

 

「馬耳東風」
の類義語には、以下のような言葉があるようですね。

  • 1:糠に釘
    2:シカとする
    3:暖簾に腕押し
    4:馬の耳に念仏
    5:耳に入ってこない

などなど・・
面白いですね~~
なんとも、馬耳東風と似たような、そんな例えの言葉ばかりです。

糠に釘??
打てるわけねえべ・・の世界ですし、暖簾に腕押し・・馬の耳に念仏なんて、全く似ています。
ちょっと変わってるのが
「シカとする」
ですが、これは気にしていないのか、気にしていてもわざとそうするのか、さて??の世界です。
・・・・・・・・・
有言実行の対極にある言葉ですね。
皆さんはどちらのタイプですか?

不言実行の男や女性の性格は?使い方や意味は?語源と由来や英語表現!

一期一会ってどんな意味?

一期一会の意味や使い方と例文は?由来や語源とギターの一五一会!

お茶の極意?
・・・・・・・・・

 

馬耳東風を英語で表現するとどうなる?

 

いつものように検索で

馬耳東風:Bajitofu

え??
ないんだな…たぶん
ほかの英訳は?

1:utter indifference
2:talking to the wall
3:praying to deaf ears

この3文ですが、2番が私の場合はよさそうに感じます。
覚えやすそうな気がするんだな。
が・・「deaf ears」も簡単でよさそうです。

He turned a deaf ear to my repeated advice.
(いくら言っても馬耳東風だった)

こんな例文です。

スポンサーリンク

 

馬耳東風はストレスフリーの証明に感じる!四字熟語の感想!

 

低気圧のイメージ写真

「馬耳東風」
の意味や、使い方や例文作成、語源となった「李白」の詩についても、考察してみました。
類義語や、英文の表現もどうなるかな~~と、考えてみたりしました。

意味のおさらいです。

人の意見や、批判などをまったく心に留めず、聞こうともしない様子のたとえ。
他人の意見や批評に注意を払わず、聞き流すことのたとえ。もとは春風が馬の耳に吹く意。
(goo辞書より)

こんな意味になります。
この四字熟語は、知っていましたが、李白の詩とは知りませんでした。
時代は、「唐」の時代ですね。

 

馬耳東風を柔軟に考えてストレスフリーになろう!

 

感想ですが、例文のところにも書きましたが、気にしすぎるとストレスになりますから、ある程度は
「馬耳東風」
な方がいいですね。

私の場合は、ほぼ「馬耳東風」にも感じます。
嫌なことがあっても、気にせずにすぐ忘れるようにしています。

え??そんなこと・・忘れるなんてできない?

そうですよね~~忘れられないんです‥そう簡単には。
そのために、あの手この手で、何とか忘れるように、おかげで次の日には、昨日なんかあったっけな~~なんだっけ?
の世界になるんだな。

こうなると、ほぼ気にしなくなります。
でも、根は小心者なので、気にすることも当然あります。
これは、永遠のテーマだな~~っても思うんだな。

皆さんはいかがですか?
・・・・・・・・・・
草臥れるとは?
草が臥せって草臥れる・・イメージできるな~~

草臥れるとは?読み方と意味や由来は?使い方と例文を作成してみた!

言質を取る以前に、とられないようにしないと。

言質を取るとは?読み方と意味と使い方を例文作成で!英語表現の考察!

読み方は「げんち」です。

*多分の私の主観を入れて書いてますので、??な部分があってもご容赦ください。
ヘッダーの写真は、一昨年私が撮影した奥入瀬渓流の写真です。

スポンサーリンク

関連記事