五里霧中とは?人生での使い方は意味と語源や故事の由来を理解!

飛躍するイメージ画像

五里霧中とは?

人生はまさに、「五里霧中」のようにも感じますが、この言葉の使い方や意味の考察です。
語源や故事の由来を知ることで、言葉の意味をよりよく理解することができると思います。

類語や反対語も調べてみました。
五里とはどん位の距離だ・・と言う考察も。

自分の人生を考えて、例文なども作ってみたので紹介します。

五里霧中とは?意味は?五里って距離でどん位?

「五里霧中」

読み方は「ごりむちゅう)です。

五里霧中の意味は?

意味は

「どうするべきか全く方針や見込みが立たなく、手探りで何かを行うことのたとえ」

になります。

五里霧中は、五里四方の霧の中の、漢字の内容になります。

ここで間違えてならないのは

五里霧中の、四字熟語の漢字ですが、分解するときに

1:五里
2:霧中

ではありません。

1:五里霧(五里四方の霧)
2:中

が正しい。
あくまでも、五里霧の中の内容になります。

霧の中で、方向がわからず手探りで行き先を探るか、一歩づつ歩きながら、効果をまたは安全を確認しながら・・
全く人生を感じる言葉だと、私は思います。

さて、その先に見える景色は??
霧が晴れるとどうなるだろうか?

みんな、そう思って進んでいるのではないだろうか?

なんて思うんだな~

五里ってどん位の距離を言う?

さて、この時の距離表示ですが、「里」が使われているのですが、どのくらいの距離を言うのでしょうか?

しらべたら~~~

一里:約500m

何だそうな。
なので、五里と言ったら「2500m」の距離ですね。

次に紹介しましが、すごい距離の四方に霧を発生させることができたんですな~~

*日本では一里は4㎞ですが、中国ではちょっと違うようですね。

五里霧中の語源や由来は?

五里霧中の、四字熟語の由来についてです。

今から2000年近く前の方で、西暦150年近辺の方に、儒学者で

「張楷」(ちょうかい)

と言う方が、後漢の時代にいました。
その方、随時弟子が100人近くいたと記されていますから、結構なえらい方だったんですね~~

この方を書いた本、中国二十四史の一つに数えられる

「後漢書」

のなかの「張楷伝」の中にでてきます。
この後漢書は、本巻10巻列伝80巻志30巻からなるようで、その中の列伝にでてくるんですね。

その中でこの「張楷」と言う方は、道術で五里四方に霧を発生させて、姿をくらますことができたそうです。
要するに

「五里霧」

です。
いうなれば、「五里霧の中」の意味で、それが

「五里霧中」

の四字熟語になったということで。

*しかし・・霧隠才蔵も真っ青な方ですね‥(余談でした‥)

五里霧中の使い方の場面や例文を考えてみた!

五里霧中の、使い方の場面を考えると、やっぱし、これは

「悩んでるとき」
「何かに迷ってるとき」

かな~~と思います。
手探りで、何かに対して進まないといけないような、方向がどっちが正しいのか・・

なんか、今の時代を象徴しているような、そんな気がします。

五里霧中の例文を自分の経験から作成してみた!

以下のように作ってみました。

1:今年から定年して、畑をやろうと思っていますが、五里霧中の状態で、品種の選定もままならない状況です。
2:開発の責任者を申し付けられたが、どれから手を付けたらいいのか、まさに五里霧中の状況ですね。
3:内陸地震で屋根は大きく損壊・・資金繰りは五里霧中の状況で、どうなるんだべ?(当時はしんどかった)
4:設計者からの転職で、年収大幅ダウン!生活は全く五里霧中の状態だった。
5:妻と出会ったときは、まさに異性に対する五里霧中の状況から、抜け出した・・そう思った瞬間だった。

なんて・・すべて私の経験です。
しんどい時のことしかないですが、一つだけは明るいことがあったかな??・・なんてね。

「あれから40年・・」

と言う、あのお笑いの一節が(綾小路・・)思い出されてきます‥昨今は!

五里霧中の英語表現はどうなる?

ではいつものように検索で

五里霧中:Gori fog

お~~~五里はそのまんま:gori なんですね~~

他の英訳では

totally at a loss
lose one’s bearings
in a maze
all at sea(これちょっと面白い訳)

などなどが、あるようですが、ちょっと私には難しいです。

例文では

to lose one’s bearings
(五里霧中に迷う)

これ一つくらいで、何とかなるかもな~~なんて、勝手に私は思ったりしてみました。

I don’t have the foggiest idea I’m quite at a loss as to what to do.
(どうしたらいいんだろうか‥五里霧中の状況だ)

ちょっと難しいですね。
かなり高度な英文に感じます。(私のレベルでは…)

五里霧中の類義語は?

「五里霧中」

の類義語には、どんなものがあるのかな~~って見てみました。

以下のようなものがあるようです。

1:暗中模索
2:立往生
3:曖昧模糊

などがあるようです。
いずれの言葉も、五里霧中と同じように、暗闇の中を表したものや、進むべき道はどっちだ?

曖昧として、答えがない状態のような、いずれも霧の中と同じような、そんな意味に感じます。
・・・・・・・・・・・・
物事は好きでないと上達しない・・ほんとかな~~について書いてみました。

好きこそ物の上手なれの使い方や例文は?ものの意味と英語表記は?

清濁併せ呑む・・そんな人間になりたいですね。

清濁併せ呑むとは 意味や使い方は?由来や類語や英語表記の考察!

とてもいい言葉に感じます。
・・・・・・・・・・・

私の人生の中での五里霧中について考えてみた!感想は?

「五里霧中」

と言う言葉は、感じるのはやはり「人生」ですね。
60歳過ぎた今になって、この五里霧中を出て、すっきりした景色が見えているのか?

そんなことは全くありません。

歳を重ねるに従って、ますます霧が深くなるようで、この先の人生をどうすればいいか・・
そんな、どうしようもないことを、考えたりします。

考えてみれば、人生っていつの時代も、この五里霧中の中と、それを突き出た景色が見えた状態を、繰り返してきたように思います。

景色が見えたときの喜びは、本当に素晴らしいです。

思うに、人間て生きていくためには、この五里霧中の中をどう過ごすか、それが極めて重要なのではないかと私は思います。

なので、五里霧中の中にいる事は、普通のことだと思います。

ただし、どうしたらいいかわからないから、何もしないと言うのは、これは全くダメなような気がするな。

暗中模索の中で、手探りでもこの中から出て行こうと言う、強い意志がないと、今の時代、その闇の中で埋もれてしまいそうだ。

これからも、五里霧中の中で、私は生きていくんだと思う。
それは、みんなそうではないだろうか?

人生、いいことばかりではないです。
むしろ、嫌なことばかりが、自分の心の中を占有しているような、そんな気がする。

皆さんはどう思いますか?

・・・・・・・・・・・・
冬が来たら、次は春が来るんだな。
嫌な時ばかりではないんだと思う。

冬来たりなば春遠からじの意味と言葉の由来は?英語表記と例文考察!

飛躍と躍進の違いについての考察です。

躍進と飛躍の違いは?躍進とは 意味と使い方の例文や英語表現考察!

俺って、飛躍した時ってあるのかな?
ちょっと考えてしまった!

スポンサーリンク

関連記事