まな板の鯉の意味と使い方を例文作成で!類語と反対語や英語表現!

庭のスギゴケの風景写真

まな板の鯉とは?
意味は、自分の意思ではどうにもならず相手次第、またはそのような運命の事。
語源や、なぜ鯉なのか?
ことわざの使い方を、例文や会話例の作成で。
類語と言い換え、反対語(対義語)や英語表現を通して、「まな板の鯉」のことわざを深く理解します。

スポンサーリンク

 

まな板の鯉とは?意味を詳しく解説!

 

まな板の鯉のイメージ写真

「まな板の鯉」
漢字では「俎板の鯉」と書きます。
読み方はそのまんま「まないたのこい」です。
意味は以下の解説。

相手のなすがままになるよりほかにどうしようもない状態。死を待つよりほかに方法のない運命のたとえ。
(日本国語大辞典)

まな板に載ってる鯉なら、もう観念するしかないという、どうあがいても、もう時すでに遅し・・そんな例え。
相手は、武器を持ってる料理人ですから、その方次第かと。
料理人の方は、その時々によって、いろんなものに変化します。
時には運命で、命運を握ってる上司(会社)や、時には妻(夫)であったり、場面によって変化するかと。

 

まな板の鯉の語源と由来のお話!

 

「まな板の鯉」
の語源は、文字通り鯉は、まな板の上では、じっとしてるそうな。
ホント?
いえいえ・・そんなことはありません。
普通の魚と同じように、じたばたするそうです。(当然です)

まな板の鯉はなぜ鯉なのか?

実は、まな板の鯉は、その鯉に限りませんが「側線」という、敏感な部分があります。

鯉の側線(魚が水中で水圧や水流の変化を感じる器官)

ここを、包丁の裏で撫でると、鯉は失神してしまい、おとなしくなります。
で、失神してる間に・・ちょっとかわいそうです。

なぜ、ことわざには鯉なのか?

鯉という魚は、古くから日本ではなじみの魚。
魚と言えば「鯉」というイメージ。
この鯉が、まな板の上で失神してる様子が、「まな板の鯉」のことわざの由来になったというお話です。

 

こんなにある鯉がつくことわざ!

 

まな板の鯉のイメージ写真

鯉を用いたことわざって、結構あるんですね~~
驚きました。

1:鯉の滝登り:立身出世(大成)する
2:生贄の鯉:自由を奪われる
3:麦飯で鯉を釣る:少しも元手で大きな利益を得る
4:及ばぬ鯉の滝登り:努力しても実現できない
5:鯉の一跳ね:諦めがいい
6:江戸っ子は五月の鯉の吹き流し:江戸っ子は口先だけ。さっぱりしている

などなど。
こうやってみると、鯉って日本の文化に、深く入り込んでいるんだな~~が実感です。

スポンサーリンク

 

まな板の鯉を使う場面を考えてみた!

 

「まな板の鯉」
を使う場面は、文字通りこのことわざのように、自分ではどうしようもない場面。

  • 1:品評会の出展者
    2:受験生で発表待ち
    3:この映画ヒットするかな(出演者)
    4:判決を待つ被告人
    5:手術台に載ってる方

などなど・たくさんの場面が想定されますが、多くの方が「まな板の鯉」状態を、体験してると思います。
ただ、期待感がおおい「まな板の鯉」ならいいのですが、不祥事や迷惑が原因の、判定を待つまな板の鯉は、あんまし歓迎されないかと。

 

まな板の鯉の使い方を短文の例文の作成で!

 

まな板の鯉のイメージ写真

以下のように短文での例文を、作成してみました。

1:判決を待つ人の心境は、まるで「俎板の鯉」と同じ心境だろうな~~
2:やることはやった、あとは試験の発表を待つばかりで、自分ではどうしようもない「まな板の鯉」も同然だ。
3:仕事での、大きなミスに責任が伴う事態に。起きてしまったことは仕方がないが、沙汰を待つ身としては「まな板の鯉」の心境だな。
4:腎臓結石の手術で、手術台に乗ったが、まさしく「まな板の鯉」とはこのことか!
5:浮気がばれた!妻の沙汰を待つ「まな板の鯉」とは俺のこと!

などなど。
私の周辺での出来事を、短文ですが例文にしてみました。
5番は私ではないですよ~~
友人です。
元のさやに納まりましたが、さんざんどやされて、かわいそうでした。

まな板の鯉の会話例!

以下の会話で。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

お父さん、腎臓結石の手術はいつなの?

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

それが、まだ決まってないんだ。痛みもないからそのままでもいいとも言うけど、大学の先生の見立て次第だ。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

手術はするわけ?

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

さてね~~医者の見立て次第だから、さしずめ俺は「まな板の鯉」状態だな。

私は30歳あたりで、一度手術しました。
あれから30年以上ですが、又ですよ~~
今度のは大型で、腎臓に張り付いてるそうな。

ハア~~~~です。

どうなるんだべ?

スポンサーリンク

 

まな板の鯉の類義語(類語)や言い換えはどんな言葉が?

 

まな板の鯉の類義語(類語)は以下。

  • 1:俎上の鯉
    2:腹をくくる
    3:覚悟を決める
    4:天命に従う
    5:ジタバタしない

などなど。
「言い換え」
として、適当だな~~と思うのは
「天命に従う」
にしておきます。
どれも、同じように言い換えに仕えると思います。
勿論場面によっては、この類語を使うのも、良いと思います。

 

まな板の鯉の反対語(対義語)にはどんな言葉が?

 

まな板の鯉のイメージ写真

まな板の鯉の反対語(対義語)を考えてみました。
相手の言いなりではなく、反対なら、私が鯉を料理する料理人かな・・たぶん。
いわば・相手は私次第!

なんていうんだろ?

う~~ん・・悩む!

「君の運命は私が握っている」

これをなんていうんだろ?
わからないので、いっそのことこのままで・・と思っていたら、浮かびました・

「執行人」

で如何でしょうか?
思いつかないので、もうこれで。

*私の勝手なお話なので悪しからず

・・・・・・・・・・・
百聞は一見に如かずとは?
語源となった由来のお話は、とても参考になります。

百聞は一見に如かずとは?続きが真の意味と由来は?体験を例文作成!

二兎を追うものは一兎も得ずとは?

二兎を追うものは一兎も得ずの意味は?由来と使い方や例文と英語表現!

由来のお話はとても参考になります。
・・・・・・・・・・

 

まな板の鯉を英語で表現!

 

まな板の鯉を、英語で表現するとこうなります。

Carp on the cutting board.
(まな板の上の鯉)

そのまんまですね。
もう一つ、ことわざ風に

at the mercy of the fate.
(運命の慈悲に身をまかせる)

これって、結構使えそうに感じます。
「運命に任せる」
って、そのまんまの表現にも思います。

スポンサーリンク

 

まな板の鯉のいい話!感想とまとめ!

 

「まな板の鯉」
の意味や語源と、、使い方を例文や会話例で。
その他、「まな板の鯉」に関する、英語表現など、多岐にわたり意味を深く理解してきました。
意味のおさらいです。

相手のなすがままになるよりほかにどうしようもない状態。死を待つよりほかに方法のない運命のたとえ。
(日本国語大辞典)

自分の意思は、通用せずに相手次第な状態。
ジタバタしても、どうしようもない状態のことを言います。
使い方は、例文で解説しましたが、場面はその方次第で、多岐にわたります。

私は覚えてないのですが、これは学校で習うようですね。
さて??記憶にないんだよね~~

使われる方の年代は、「中高年」の方に多いそうです。

まな板の鯉のイメージ写真

まな板の鯉のいい話!一番嫌だった手術台!

私の一番嫌だった「俎板の鯉」状態は、まさしく腎結石の手術の時。
あれは嫌だった・・

それはさておき・・

まな板の鯉になって、良い話なんて、変な趣味にも感じますが、そうではなくって生きていると、まな板の鯉になってみたい時もあるんです。
でも、なかなか私を鯉に見立てる方はいません。

例えば・・自分のミスを、ミスと認めたので、あとは上司の沙汰次第。
しかし、何も好き好んで、ミスしたわけではないわけで、いい分はあるわけです。

が・事実は事実。
逃げられません。

その時の、沙汰次第で自分の価値が、決まろうというもの。

そういう場面、ありませんか?

1:厳罰
2:起こそうとして起こしたミスでないから、小罰
3:臍曲げられると、次回の仕事に差しさわりがあるので無罪放免

三つに分けるなら、このいずれか。

あなたはどれですか?

・・・・・・・・・
時は金なりとは?
本当の意味を知ると、人生変わるかも。

時は金なりの本当の意味はその続きに!語源や由来と使い方を例文で!

継続は力なりとは?

継続は力なりの意味は?使い方を例文作成で!語源の由来や英語表現!

少々の壁くらいで、継続を中止すると、その先はもうないんだな。
・・・・・・・・・

*ヘッダーの写真は私の庭の、スギゴケの風景写真です。

スポンサーリンク

関連記事