• HOME
  • BLOG
  • 四字熟語
  • 合縁奇縁とは?使い方を人生の例文で!意味や由来と英語訳での表現!

合縁奇縁とは?使い方を人生の例文で!意味や由来と英語訳での表現!

日進月歩のイメージ写真

合縁奇縁とは?
読み方は「あいえんきえん」です。

使い方を、これまでの人生の体験から例文で作ってみました。

合縁奇縁の意味や、この四字熟語の由来や、英語訳での表現はどうなる?

一期一会との違いって、どうなのかな~~って私は思うのですが、仏教からの由来のようですが、人生の教訓のように感じます。

合縁奇縁の意味とことわざの由来は?

「合縁奇縁」

読み方は「あいえんきえん」と読みます。
分割すると

  • 合縁:恩愛から起こる人と人との結びつき
    奇縁:不思議な力を感じる思いがけない縁

と、私は解釈しますが

「不思議なめぐりあわせを感じる縁」
「特に男女の間での結びつき」

と言う、そんな意味です。
男女間の縁について、用いられる熟語です。

男女の出会いと言うと、確かに妻と結婚した時の、最初の出会いってやっぱし、それは感じるな~~って思います。

なんでここで出会った?

他の方なら、今のような人生にはならなかったはず・・なんてね。

合縁奇縁の四字熟語の由来は?

仏教の考え方のようです。
仏教には「因果応報」のような、事においては必ず因果があって、結論はそれの行いによって、悪くなるかよくなるか‥そんな考え方ですが、この

「合縁奇縁」

には、「因縁」と言う考え方があります。

  • 因:自分が起こす事柄
    縁:間接的な事柄

考えてみれば、私たちが生きているこの世の中は、この因縁で成り立っているようにも感じます。
日々のニュースにしても、みんなそこに起きていることと、縁がそうさせているのかもしれません。

その中で

  • 合縁:気の合う縁
    奇縁:不思議な縁(奇妙な縁)

この二つの縁も「因縁」の、もたらす出会い(縁)なんだと思います。

偶然に親子になった、私と子供たちはどんな縁で・・最初は妻との出会いの縁で、いい仲の子供もいれば、疎遠になってる子供もいます。
同居人の婿殿もいますが、こちらは末娘との縁だったんでしょうが、私とは奇縁ですな~~と思うわけです。

仏教の因縁が、根底にあるという、由来でした。

合縁奇縁の使い方と人生での使い方の例文を私の体験で!

「合縁奇縁」

を、私の人生に当てはめてみて、使い方の場面を考えてみました。
意味的に、男女の縁についてが多いようですが、何もそれだけでなく、前記した私の子供たちとの出会いだって、合縁が寄与しているのでは?

そうも思いますし、仕事上で影響を受けた、絶大な方。
これも合縁奇縁だと思います。

そういった場面で、使用するのではないでしょうか?

合縁奇縁の例文を作ってみた!

例文を作成してみました。
こんなのはいかがでしょうか?

1:妻との出会いは、まさに合縁奇縁で今思えば、素晴らしい出会いだったな~~
2:生まれた子供も、まさかこんな縁に結ばれるとは思わず、合縁奇縁に感謝する。
3:私の仕事上の恩師のM部長無くして、今の私はありえなかった。合縁奇縁とはよく言ったもので、素晴らしい出会いだった。
4:あそこで、Aさんに会わなければ・・これは合縁奇縁の内、奇縁だな~~(想像に難くないかと・・)
5:気持ちの通じ合う縁と言うのは、そうはないものだ。合縁奇縁と言うではないか‥縁を粗末にはできないな!

とま~~こんな感じで。
ここで、合縁奇縁に思うのは、縁っていろんな縁があると思うのですが、それら縁がすべてこの合縁奇縁かと言うと、そうではないんだと思います。

良い縁だった・・または奇縁・・なんでここで・・しかも、この縁にはそのあとのドラマが‥そういうのを、合縁奇縁と言うのではないかな~~って思うのです。

違うかな??

合縁奇縁の類義語は?

合縁奇縁の類義語は、以下のようなものがあげられます。

  • 1:縁は味なもの
    2:縁は異なもの味なもの
    3:何事も縁
    4:虫が好く

やはり、出会いと言う縁と言うものに対して、何かしらの印象があります。
この感じるというのが、大事なように思います。

縁に対して、不思議な感情を表すものや、縁は理屈や事情ではなく、異なもの味なものである如く、人生わからないもんですな~~って思うんだな。

合縁奇縁を英語で表現するとどうなる?

ではいつものように検索で

合縁奇縁:predetermination

う~~んこれは単語ですね。
これ一文字で、この意味なるのかな~~

では他には

a couple strangely but happily united
uncanny relationship formed by a quirk of fate

これはしっくりきますね。
最初の方は、私にしてみれば、完璧に感じます。

They fell in love with each other through affinity.
(二人の相思相愛は合縁奇縁だ)

これはいいですね。
まさしく合縁奇縁かと。

合縁奇縁は私の人生でどんな意味がある?言葉の感想を!

「合縁奇縁」

の意味と、使い方や例文、由来について紹介してきました。
ある程度、この言葉の意味に対する、私の所感なども入れてきました。

縁があると言うのは、思うに良い場合もあれば、悪い場合もあると思います。
合縁奇縁は、いい場合の肯定した出会いのようなことを、特に男女の出会いを表しているのだと思います。

でも上に書いたように良い縁であれ、悪い縁であれ、縁は縁であるのでは?

「くっそ〜〜〜なんでここで出会ってしまったんだ?」

そう思う出会いもあるんだと思います。
さらに「合縁奇縁」は、男女の出会いだけでなく、上の例文で紹介した、仕事上の出会いや子供と出会うことであっても、これは縁だと思います。

妻と結婚したから、今の子供たちも出会える縁があったわけです。

人と人との縁もあるでしょうが、素晴らしいものとの出会いや、動物との出会いがあって、これ縁があるんだと思います。

「合縁奇縁」

とは言わないかもしれませんが、いろんな縁で世の中結ばれているんだと思うんだな。

私の場合、いろんな意味で、縁で持っているような、そんな気がします。
家族なら妻との出会いであって、仕事上ではたまたま募集していた会社との縁、そしてパソコンとの出会いは本当に画期的な縁でした。

「合縁奇縁」

を、そんな風に解釈するのはどうかと思いますが、これもまた縁だと思います。

似たような言葉で「一期一会」と言う言葉がありますが、これは

「こういった出会いはこの先もないかもしれないと言う思いで、出会いを大切にすると言う言葉。」

「もう二度と出会えないかもしれない。」

そんな思いで、出会いを大切にすると言う考え方・・素晴らしいです。
もしかしたら、そういう思いをして、大事にした出会いが、そのままどういうわけか結婚していた。

そんなこともありそうですね。

映画もありました。

皆さんは縁についてどう思いますか?

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。