• HOME
  • BLOG
  • 四字熟語
  • 上意下達のメリットとデメリットは?読み方や意味と使い方を例文で!

上意下達のメリットとデメリットは?読み方や意味と使い方を例文で!

x-pro3で撮影の松島円通院の写真

上意下達とは?
意味や読み方と、使う場面や使い方を例文作成で、考察してみました。

またシステムとしての、メリットとデメリットはどうでしょうか?
類義語の、下意上達との比較もしてみようと思います。

組織の上司からの一方的な命令系統にも思えるのですが・・さて?

スポンサーリンク

上意下達の意味と読み方は?漢字の分析から意味を推察!

「上意下達」

読み方は「じょういかたつ」です。
よく「かたつ」の部分を「げたつ」と読む方いますが、これは誤りです・・注意しましょう。
四字熟語です。
意味については以下のようです。

上意下達の意味は?

以下のようです。

「上位の者の意志や命令を、下位の者に徹底させること。」

このような意味があります。
簡単に言うと、

「上司の命令が部下によく伝わること。」

こうかくと、簡単ですが、それがなかなかうまく伝わらないから、難しいところがあるんです‥世の中。
いずれ、そういう行為やさまを言います。

上意下達を漢字で分析すると?

ちょっと漢字で、分析してみました。

  • 上:立場が上の人、上司、経営者、トップ
    意:意思、意図
    下:下々、部下、下位の組織
    達:達する、指示

という、こんな風に、私なりに適当に分析してみました。
上の命令が、組織の階層を経て、末端の下々まで達する。

そのことを言います。
上の考えが、円滑に下々まで伝わることを、目的にした四字熟語ですね。

上意下達の語源や由来は?

語源ははっきりしていないようです。
ただはっきりしているのは

「君主の命令」

から来ているようです。
よくお殿様を

「上様」

といいますが、そこからかもしれません。
「日本政記」曰く

「国の創建に当たりて、上意下達、下情上通敢然として間なし」

とあるようです。

「日本政記」とは?

江戸後期の歴史書。16巻。頼山陽著。天保3年(1832)成立。神武天皇から後陽成天皇までの歴史を漢文の編年体で記述。
(デジタル大辞泉より)

昔の、歴史書ですね。
思想としては、どの時代からあったかはわかりませんが、常識的に考えてかなりの昔から、この考え方はあったと思います。

いつの時代も、組織は重要ですから。

スポンサーリンク

上意下達のメリットやデメリットを下意上達と比較してみた!

「上意下達」の類義語で「下意上達」というのがあります。

こちらは、上からのお達しではなくて、その全く逆の

「下からの提案」

のような形かと。

上意下達のメリットはどんなところがあるか?

上意下達のメリットについては以下のようなことが考えられます。

  • 1:意思決定がトップダウンのためスピード感がある。
    2:組織の指示系統の明確化
    3:人材の集約化を図れる

こんなメリットがあるかと思います。
いずれ上からの指示は、下に明確に届けばの話。

上意下達のデメリットにはどんなところがあるか?

以下のようなことが考えられると思います。

  • 1:上から指示が来ない限りやる気がわかない(指示待ち状態)
    2:たとえ間違っていても上からの指令だと言うことで無視
    3:上から目線で下位の部署では不満が爆発する

こんなところが、デメリットとして考えられようかと思います。
上からの命令ですから、上から目線と感じるのかもしれませんね。

下意上達のメリットにはどういうところが考えられる?

以下のようなことが考えられそうです。

  • 1:現場の意見が反映されること
    2:現場の意見が反映されれば当然社員の士気が向上します
    3:現場からの新たなアイディアが生まれることもあります

まるでいいことずくめのように感じますが、決してそうでないこともままあります。
あまり下に権限をもたれると不都合なことも、気になりますが発生してくることになります。

下意上達のデメリットにはどんなことが考えられる?

デメリットには以下のようなことが考えられると思います。

  • 1:現場の考えに左右されることがある
    2:企業としての一貫性に?がつく
    3:意思決定に遅れが出て混乱することもある

大きなデメリットですが、こんなことが考えられるかと思います。
どっちも、一長一短ですが、トップダウンでの指示系統の命令は、企業では普通です。
そもそも、トップの意思が反映されなければ、会社は成り立たないでしょう。

しかしながら、トップは間違えますから、その時のためにやはり

「下意上達」

も、十分に考慮しておかないと、いけないのではないかと私は思います。
何の言葉にもそうですが、メリットとデメリットは、どうしてもついて回ります。

そのための部分を、補うためのシステムが、必ず必要だと思うんだな。

そのだめな部分を、補うためのシステムが、必ず必要かと。

上様の命令だけでは、動かないこともあります。

スポンサーリンク

上意下達を使う場面と使い方を例文で!

「上意下達」

を使う場面とは、どういう場合でしょうか?
ちょっと考えてみたのですが、会社の場合は上司やトップですね。
日常生活では、いかがでしょうか?
よく昔から「お上」という言葉がありますね。

これはお役人の事ですね。
てことは、お国の命令もしくは、自治体の命令もしくは、役所の命令かもしれません。

そんなことを踏まえて、使う場面を考えてみました。

上意下達を使って例文を作成してみた!

以下に作ってみました。

1:最近のコロナの流行で、会合は控えるように役所より、上意下達の命令が来ている。
2:社長がいくら、上意下達で関連部署に指示しても、なかなかその部署の担当が動かないのはわが社の悩みの種だ。
3:わが社は、上からの指示つまり上意下達があるのみで、下意上達のようなものは存在しない。
4:営業自粛といっても、なかなかその上意下達が、末端のお店までは、行き届かないのが現実だろう。
5:上意下達を言う前に、足元の組織を固めることが先決だ。

などなど。
最近の世の中の世相を反映して、作ってみたのですが、上意の上はやはり冒頭に書いたように、君主も含めますが一般的には私が思うに

1:お上:役所:お国

などなどが・・企業ならトップや上司でしょうが、地域においては上の事は入ると思います。
昔からお代官様は、お上といいますから。

しかし、世相を反映して、自粛モードですが、この小さい集落の集会でさえ自粛の要請が来ています。

なので、集落の行事も一切なしです。
もちろん、新年会なんてとんでもない、集落の集会も禁止ではなくて自粛ですね。
でも自粛と言われると、昔の人たちは真面目ですから、もう禁止と同じようなものです。

私が勤務してきた会社では、トップの力が非常に強力で、有無を言わせぬ方もおりましたが、どちらかと言うと下の意見も、よく聞く方が多かった気がします。

どちらが正しいかは、別なことですが、働きやすかったのは後者ですね。
もちろん今でもそうです。

スポンサーリンク

上意下達を英語で表現するとどうなる?

いつものように検索で

上意下達:Command hierarchy

これいいのかな?さて??
他の訳は?

「Command hierarchy」

ですね。
お~~~すんげ~~一致した。
まれにみる一致です。

The simplest way is the command hierarchy.
(一番簡単なのは上意下達方式だ)

これ完璧!
これ覚えましょう!

・・・・・・・・・・・
熟慮したうえでの断行を使う場面って、どんな時だ?

熟慮断行とは?意味と語源や由来の歴史は?使い方や例文と英語表現!

人生って、暗中模索のようなものですね。

暗中模索の意味や使い方や例文は?英語表現や試行錯誤とに違いは?

今でも、何歳になっても暗中模索に変わりはなさそうに感じます。
・・・・・・・・・・

上意下達は私の場合人生で支障があった?

「上意下達」

について、意味や語源や下意上達との比較から、メリットやデメリットについても考察してみました。
意味のおさらいですが

「上意の者の意志や命令を、下位の者に徹底させること。」

と言う意味になります。

私が感じてきた上意下達とはどんなものだ?

会社では、上意下達は日常的ではないでしょうか?

が、この上意下達がうまくいっていれば良いのですが、そうではなくて途中で止まっていたり、最悪は無視したりされたのでは、組織としては成り立ちませんね。

企業のトップや上司は、この辺を苦心するわけです。
言葉では、「はいわかりました」といっても、心の中まではわかるわけがありません。

えてして言葉と裏腹に、適当に回答しておいて、やるふりをする、報告は適当にやっておけばいい。
そういう方は、かなり多かったです。

私もその類だったかもしれません。
しんどい命令なら、何とかやりすごそうと思うのは、これは人情。

なかなか、人のやる気を引き出す事は難しいことだと思います。

そこが、うまくいくかいかないかは、優秀なリーダーとしての腕の見せ所かと。

私はそう思います。
・・・・・・・・・
酔ったように、ただ夢のように生きて、そして消えていく人生なんて、いやだな!

酔生夢死とは?意味と使い方や例文と英語表現は?語源や由来のお話!

一蓮托生とは?

一蓮托生とは 意味は?使い方と例文や英語表現は?語源や由来のお話!

いい意味の一蓮托生ならですが、悪い意味ではちょっとね~~語源や由来は面白かったです。
・・・・・・・・・・・・

※記事の内容には正確さを期してるつもりですが、なにぶん私の主観もかなり入れてありますので、変なところがあっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、私の愛機フジの一眼で撮影した、松島円通院の3月の風景です。
松島の四季と観光写真の案内!観光お勧め紹介!
こちらで、松島の特集をしています。
観光の参考になればと思って、作成した私のブログです。

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。