不倶戴天とは 意味と使い方と例文!語源と類語と反対語や英語表現!

x-pro3で撮影の松島円通院の写真
不倶戴天(ふぐたいてん)とは?
意味は、深い恨みや怒りを感じる相手に対することば。

  • ・語源は「礼記」曲礼より原文紹介。
    ・使い方を例文と会話例作成で。
    ・類語と言い換えや反対語と英語表現。
https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

不倶戴天の敵や不倶戴天の決意など現代ではどんな場面でつかわるるのかな?

スポンサーリンク

 

不倶戴天とは?意味や読み方と漢字の分析!

「不倶戴天」
読み方は「ふぐたいてん」です。
意味は以下の解説。

同じ天の下には一緒にはいない、同じ天の下には生かしておかない意で、それほど恨みや憎しみの深いこと。もとは父の仇かたきを言った。
(三省堂辞典)
ともにこの世に生きられない、また、生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。「不倶戴天の敵」
(デジタル大辞泉)

同じ天の下では、一緒にいられない、一緒に置かないという意味で、それほどに憎しみや憎悪が深い。
そんな場面って、現代ではどんなことを言うのかな?

元は仇の事を表現したようですが、まるで、同じ空気を吸うのも嫌な雰囲気に感じます。

スポンサーリンク

不倶戴天の漢字分析は?

「不倶戴天」の漢字分析から意味を解釈。

否定、打消し
側、一緒
いただく
天、天の下、この世
上をつなげる
 不倶一緒にいることができない
 戴天天を戴く=この世

こんな感じでしょうか。
この世に、一緒にいることができないほどの憎しみ・・とこうなるんでしょうね。
なるほど・・漢字の世界に深いものを感じます。
語源や由来も、そのような物語なんだと思います。

スポンサーリンク

不倶戴天の語源や由来と歴史!原文解説!

不倶戴天の、語源や由来のお話。
当然ながら、このような四字熟語の世界には、物語が存在します。

不倶戴天の語源は「礼記(らいき)・典礼上」に由来!

「礼記(らいき)・典礼上」
よりの出典。

「礼記(らいき)」とは?
以下のようです。

『礼記』(らいき 繁体字: 禮記)とは、儒教の最も基本的な経典である「経書」の一つで、『周礼』『儀礼』と合わせて「三礼」と称される。『小戴礼記』とも。全49篇。
(wikipediaより引用)

その中の「典礼・上」があります。
確認したら、一番最初。

1:曲礼・上:制度 五礼(吉・凶・賓・軍・嘉)の総説。

全49編の1に位置しているのですが、これは「礼」なんだそうですから、この

「不倶戴天」

という考え方は、「礼」の考え方であって、古くからそういう考えだったのかと。

不倶戴天の原文は?

以下のようです。

「父之讎、弗與共戴天」:父の仇は与に共に天を戴かず。
「兄弟之讎、不反兵、交遊之讎、不同國」:兄弟の仇は武器を取りに帰らずその場で仕留め、友人の仇は国を同じくして住むことはできない。

と、こんな意味になります。
このような表記もあるので参考までに。

「父之讎、弗二与共戴一レ天、兄弟之讎、不レ反レ兵、交遊之讎、不レ同レ国」

とこんな漢文。
これを読んで思い出したのは、ネットでで無料放送の、タイトルなんだっけ?

「孫子」

でしたかな~~確か。
孫子の無二の友の「無咎(むきゅう)との確執を思い出しました。
確かにな~~~が感想です。

物語を、期待したのですが、そうではなかったですね。
でも、「礼」の思想に中国古代では、こういう思想があったのかな~~と思って、意外な感じです。

スポンサーリンク

不倶戴天の言葉の根底にあるもの!

「不倶戴天」
という言葉は、日本では受け入れられてないようですね。
そもそも、根柢の思想には
「儒教思想」
があって、そもそもが「儒教の経典」の教え。

親の仇は絶対に打たなくてはならないという、そこには赦しがないんだな。
「不倶戴天」
を全うすると、それは「報復合戦」に至ります。
その辺が日本の考え方とは、根本的に違うところに思います。

家族に対する怨嗟は、晴らさなくてはいけない。
そこを解いてるんだな~~「不倶戴天」という言葉は。

なので、真っ正直にとらえると、私個人的には、使えない言葉に感じます。
しかし、時は現代。
もし、使うならということで、場面や例文など以下に考えてみました。

スポンサーリンク

不倶戴天の敵や決意を君へ!

現代での用い方は

  • ①:不倶戴天の敵
    ②:不倶戴天の決意

などの使い方や、表現がありそうです。
が・やはり日本では、あんまし、用いられはしないようです。

不倶戴天の敵とはだれのこと?

現代での「不倶戴天の敵」とは、どんな敵かな~~と。
ある意味、以下に分類できるかと。

  • ①:個人
    ②:企業
    ③:スポーツのライバル

古来の意味は、生死の問題ですが、現代ではそうはいきません。
個人でのライバル関係や、企業での熾烈な開発競争などは、他を追い落とす意味でも
「不倶戴天」
という言葉は、当てはまるかと思います。

特許を盗まれてや、情報が漏れて・・キーマンがライバル社に転職など、消えてほしい会社ですね。
いろんな場面で、怨嗟が元の四字熟語ですが、現代では使われる場面が、限られます。

スポーツのランキングでも、上のランクに上がる場合は、どうしても勝たなくてはいけない相手!
そういった場面では、使いそうですね。

不倶戴天の決意とは?

「不倶戴天の決意」
意味は、復讐は必ずやり遂げるという意味。
現代に置き換えるなら

「絶対に勝つ!」

でしょうか。
特許を盗まれて、特許を侵されて、黙っていては・・ですよね~~
しかも、のうのうとその売り上げで、NYSEに上場?
これこそ、怨嗟だな~~と思う。

スポンサーリンク

不倶戴天の使い方を場面と例文と会話例で!

この章では

  • ・不倶戴天を使う場面。
    ・使い方を短文の例文で。
    ・不倶戴天を用いた会話例。

を解説します。
*現代に合わせた部分での解釈なので、それなりに。

不倶戴天を使う場面は?

「不倶戴天」
を、使う場面は、恨みを晴らしたい場面や、屈辱を晴らしたい思い、そんな感情がひしひしと感じます。
以下のような、具体的な場面を考えてみました。

場面➀事件や事故の被害者の方の思い
場面➁屈辱を与えられた相手
場面➂両雄が必要ないせりあいの場面
場面➃スポーツ分野の永遠のライバル関係
場面➄あいつが居なければ・・

などなど・・他多数の場面。
現代では、当時の「礼記」が書かれた時代のような、物騒なことはご法度。
今の時代に置き換えると、上のような場面などが、考えられようかと。
仕事の分野や、あらゆる分野で、両雄が並び立たない場面が、結構あるもの。

そういう場面などを想定してみました。
しかし、あくまでも、この四字熟語の例えになろうかと思います。

「不倶戴天」の使い方を短文の例文で!

以下の例文で。

例文➀あいつは俺にとって不倶戴天の敵。いつか引きずり下ろしている。
例文➁この間のAの言動は許し難し。不倶戴天を感じる、いつか飛ばしてやる。
例文➂彼女とはせっかくうまくいっていたのに、あいつのおかげでダメになった・・まさに不倶戴天の敵だ。
例文➃親戚中、1人のおばさんに振り回され、曽祖母はいつも泣いていた。私にとって不倶戴天の敵とはこのことか。
例文➄不倶戴天とまでは行かなくても、どうして3姉妹でいがみあう?
例文⑥互いに不倶戴天の敵!両雄相並び立たずとはこのことか!

不倶戴天を使う場合は、最強のライバルや、憎しみや憎悪感を表現する場面。
ならば、上記のような場面での、例文を考えてみました。
誰にでも、こういう方はいるかと。
でも、思いだけで止めておきましょうね。
今は現代ですから!

スポンサーリンク

「不倶戴天」を使った会話例!

以下の会話例で。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

A部長と今日は会議で一緒。この間の屈辱を晴らすチャンスだな。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

B部長、何もそこまで真剣にならなくともいいのでは?

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

馬鹿野郎、あいつがいると俺の役員の目はないんだ。そういった意味ではあいつは俺の不倶戴天の敵だ・しかも、この間の屈辱!許せん!。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

どうでもいいですけど、頂上でやってください。でもこっちに、とばっちりが来るのはやめてくださいね。

など。
こういう方いました。
敵意むき出しで、会議で丁々発止のやり取りで。
見てるほうが、疲れてくるんだっけな~~

不倶戴天の類語(類義語)と言い換えは「意趣遺恨」で!

不倶戴天の類義語は以下。

倶不戴天共にこの世に生きることを拒絶すること
意趣遺恨他人への深い恨み
恨み骨髄にしみる恨みが骨のしんまでしみとおる
怨敵うらみのある敵
言い替え意趣遺恨

などなど・・
言い換えとして、適当だな~~と思うのは

「意趣遺恨」

意味は

「何かの手段で、晴らさずにはいられない、忘れられない恨み」

こんな意味になるのですが、「このうらみはらさでおくべきか‥」に代表される、そんなことを、今思いだしました。

ずいぶん昔の、漫画の世界ですね。
でも、まだ「何かの手段」ですから、「不倶戴天」よりは、甘いですね。
このくらいなら、一矢を報いる程度で、満足するかもしれません。

スポンサーリンク

不倶戴天の反対語は「恩義」で!

「不倶戴天」
の反対語を考えてみました。
何かによって、大きな恨みや怨嗟を感じたことが原因にあるのですから、その逆なら
「恩義」
を感じることが反対かと。
優しや慈愛に満ちた、そんな待遇を受けると、やはりこの恩は、いずれ返さないと。
そう思うは人情かと。

よって反対語は

「恩義」

にしておきます。

報いなければならない、義理のある恩。
(デジタル大辞泉)

こんな意味になります。

・・・・・・・・・・
五里霧中と暗中模索って似てるような気がしますが、とりあえず五里霧中で・・

五里霧中とは?人生での使い方は意味と語源や故事の由来を理解!

明鏡止水の境地にはなかなか・・

明鏡止水の心とは?意味と使い方や例文!語源の由来や英語表現!

語源の由来や歴史の話は、とても感心します。
・・・・・・・・・・・・

不倶戴天を英語で表現するとどうなる?

試しに検索してみました。

不倶戴天:Fukudaiten

あんりゃ~~検索では、これはいけませんね。
では他の訳で・・

mortal enemy

と出ます。
これがよさそうです。

a sworn mortal enemy。
(不倶戴天の敵)

これは難しいですが、このフレーズでいいのかな‥と思います。

スポンサーリンク

不倶戴天の敵は私にはいた?

「不倶戴天」
の、本記事の内容を以下の表にまとめてみました。

➀:意味深い恨みや怒りを感じる相手に対することば
➁:語源と由来「礼記(らいき)・典礼上」より
➂:使う場面恨みや怒りを感じる相手に対する場面
➃:使い方を例文で互いに不倶戴天の敵!両雄相並び立たずとはこのことか!
➄:類語倶不戴天・意趣遺恨・怨敵・他
⑥:言い替え意趣遺恨
⑦:反対語恩義
⑧:英語表現a sworn mortal enemy。

意味のおさらいです。

同じ天の下には一緒にはいない、同じ天の下には生かしておかない意で、それほど恨みや憎しみの深いこと。もとは父の仇かたきを言った。
(三省堂辞典)

のような意味があります。
日常的には、ちょっと物騒で、あまり頻繁に使う言葉では、ないように感じます。
語源や由来についても、上で紹介しましたが、物語性はちょっと感じられませんでした。

驚いたのは「礼」に関する、故事からの出典だということです。
思想として、こういうことがあったのかと。

スポンサーリンク

不倶戴天の敵が私にはいたか?

さて?

どうでしょうか?
いたかもしれませんし、居ないかもしれません。
「不倶戴天」というからには、消えてほしいくらいの方ですからね~~

しいて言えば、上の例文にも書きましたが、親戚で一人厄介な方がいたので、之には本当に参りましたね。
もう、旅立たれてしまいましたが、親戚中で閉口していました。
最近は、私の周りではいないけど、ちょっと・・・な方がいるな~~

考えれば、思いつくもんですが、思いつくくらいなら「不倶戴天」の相手ではないですね。
単なる人間関係でしょう。
しかしながら、この人間関係も個人によっては

「不倶戴天」

に感じるかもしれませんね。
なかなか、人間社会はムズイです。

皆さんはいかがですか?
・・・・・・・・・・・・

人間には百八つの煩悩があるんだそうな・・由来はどこから?

百八煩悩の意味や使い方と例文は?読みや語源の由来と英語表現!

森羅万象とは?

森羅万象の使い方や例文を作成してみた!意味や由来と英語表現は?

意味や由来を調べてみました‥とても感心します。
・・・・・・・・・・
※多分に、私の意見を、主観を入れて書いてありますので、多少疑問なところがあっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、私の愛機フジの一眼で撮影した、松島円通院の3月の風景です。
松島の四季と観光写真の案内!観光お勧め紹介!
こちらで、松島の特集をしています。
観光の参考になればと思って、作成した私のブログです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事