貸与とは 意味と読み方!使い方を例文作成で!反対語や英語表現!

9月の松島嵯峨渓の写真

貸与とは?
意味は、金や物を貸し与えることをいいますが、前提として返すことが条件になります。
制服やIT機器など、あとで返納が条件になるものが対象です。
文例を、使い方も含めて短文の例文で。
類義語(類語)た反対語(対義語)や英語表現を通して、言葉の本質を解説。

スポンサーリンク

 

貸与とは?意味と読み方を詳しく解説!

 

貸与のねこのイメージ写真

「貸与」

読み方は「たいよ」です。
「貸し・与える」と書くのですが、どうして貸与なのか、疑問ですがそれは後で。
意味は、以下の解説です。

1:貸し与えること。貸すこと。
2:特に、賃貸借、使用貸借、消費貸借などの契約により、自己の物品を他人に消費または使用させること。
(日本国語大辞典)
3:金や物を貸し与えること。返すことを条件として金品の使用を許すこと。「住居および制服を貸与する」
(デジタル大辞泉)

という意味です。
一般的には、制服や仕事上必要で、企業などが社員に貸し与えるものが、対象になります。
が・・ここであいまいなのですが、注意が必要なことがあります。

  • 1:自分から申し出たことではない
    2:何かの行動(作業など)を指示され、遂行するため
    3:指示を与えた側が物品を貸し与えること

つまり、自分が申請したのではなく、貸与する側が、例えば業務の遂行上、必要として、物品を貸し与えることを言います。
ここで、拒否すると、必要なものは自己負担、または業務遂行ができないので、解雇かもしれません。
なので、貸与は基本的に、拒否できない場面が多いです。

例えばですが、私の会社での例ならば
1:携帯電話(スマホ)
2:PC(モバイル)
3:作業服
などなどが該当します。

 

貸与の漢字から意味を読み取る!

 

漢字では「貸与」です。

  • 貸:かす
    与:あたえる

です。
上から目線ですね。
貸して与えるですから。
与える側の視点に立っているから、貸与なんだな。
漢字を見ると、立場も見えてきます。

 

貸与と貸し出しの決定的な違いは現状維持!

 

「貸与」
は基本的に、その業務や立場にいる以上は、期限はないのが普通に感じます。
作業服などは、一年に一度新品を貸与、古いのはそのまま来ていてもOKのような。
使用していれば、劣化するは普通で、そのまんま返還しても、通常は文句は言われないです。

しかし「貸し出し」はそうは行きません。

  • 1:期限が決まっている
    2:延滞した場合はそれなりのペナルティー
    3:現状維持が原則

本やCDやDVDの「貸し出し」を連想すればいいかと。
傷つけたら、それなりのペナルティーをうけます。

明らかに違います。

 

お金が対象の貸与にはどんなものが?奨学金は貸与か?

 

お金の場合は、これは貸す方から見たら「貸付」または「貸金」になりますし、借りる方から見たら「借金」になります。
当然、貸した方は、利子などを受け取りますから、これは
「貸与」
とは言いません。
しかしここで重要な付箋が‥

「善意であるならば・・」

そういう前提がある場合と、広く「善意」と認められる場合。
例えば無利子の奨学金は「貸与型」が設けられているようです。
申し込みがあれば・・なければ、自分で用意するが基本(授業料など)です。

ただ、個人的に思うに、奨学金も
1:給付型
2:無利子型
3:有利子型
があるようですね。
1と2は、善意を感じるのですが、3はほぼ、善意は成り立たないと思います。
この辺は、貸し付ける側の機関の選別が、大事なように思います。

かなり、線引きが難しい感じがしますが、「貸与型」という奨学金の制度ですから、言葉の意味も含めて、悩ましい案件かと思いました。

スポンサーリンク

 

貸与に代表されるベスト五選!奨学金や制服など!

 

貸与のイメージ写真

世の中には、どんな貸与があるか、私の経験で「貸与」された案件を、まとめてみました。
結構、あるんだな~~

 

貸与の代表格ベスト5はこれだ!

 

普通に考えて、以下のものが入ります。

  • 1:作業服
    2:PC(モバイル)
    3:スマホ
    4:営業車
    5:奨学金(学生の時)

これ、私の場合です。
大きなものベスト5と言えばこんなところかと。
追記ですが他には

  • 6:ガソリンカード
    7:ハイウェイカード(ETC)
    8:会社のカギ

などなど・・こちらは付属品です。
皆さんは、どんな貸与品がありますか?

 

貸与を使う場面と使い方を短文の例文作成で解説!

 

「貸与」
を使う場面は、貸与を受ける場面。
学校や会社や地域の組織などなどの機関から、物品の貸与を受ける場面や、返還の場面が想定されます。
使い方は「貸与する」「貸与される」という表現が用いられます。

貸与のイメージ写真

 

貸与を使った例文を作ってみた!

 

以下のように作ってみました。

1:作業服は、会社から貸与しますが、購入に時間がかかるため、それまでは作業に適したものを着てください。
2:貸与されたPCを、仕事以外に使用するのは禁止です。
3:貸与したスマホでの、私用利用は禁止します。
4:貸与した作業服は、退社時には返還してください。
5:貸与した営業車での事故は、会社の保険が適用されますが、運転には十分気を付けること。
6:貸与型奨学金は、無利子で13年返還だった。(私の例)
7:個人携帯を、業務で使用しているが、貸与品がないので自腹は面白くない。

などなど・・
すべて私の経験です。
今の貸与で支給されてるものは
1:スマホ
2:PC
3:作業服
の3点。
以前の会社の事例も入っています。
さすがに、貸与品がない携帯の時代は、しんどかったですね。(気持ち的に)

皆さんの会社では如何ですか?

スポンサーリンク

 

貸与の類義語や反対語にはどんな言葉が?

 

どんな言葉にも、言い換えなどの類語や、反対の意味を成す対義語があります。
貸与には、どんな言葉があるか、ピックアップしてみました。

 

貸与の類語を解説!

 

「貸与」の類義語は以下です。

1:貸出
2:貸しつけ
3:融通
4:貸し下げる
5:リース

などなど・・「言い換え」として、適当だな~~と個人的に思うのは
「貸し出し」
かな~~と思います。
言い換えも覚えておくと、とても便利です。

 

貸与の反対語を解説!

 

「貸与」の反対語は、結構考えたのですが

「借用」

ですね。
「貸与」は貸すことですから、反対は「借りる」こと。
これは、ほかの反対語と比べて、結構簡単でした。

・・・・・・・・・・・・
リップサービスとは?
ちょっとした気遣いが、相手をいやすんだよね~~これ大事!

リップサービスとは 意味と使い方を例文で!語源や英語表現と類語!

虎視眈々とは?

虎視眈々の意味や読みと使い方を例文の作成で!由来や淡々との違い!

由来はとても面白かったです!
・・・・・・・・・・・

 

貸与の英語表現!単語と例文解説!

 

貸与のイメージ写真

ググってみました。

貸与:Lending

です・これいいのかな?
他の英訳は?

1:loan
2:lending

です。「lending」は単語でよさそうです。
例文は

Lending and Supplying of Articles.
(物品等の貸与等)
Your uniform and all the necessary outfits will be lent to you.
(制服その他の支度がすべて貸与されます.)

(weblio辞書)

これは、私でも大丈夫なような気がします。

スポンサーリンク

 

奨学金を貸与された学生時代!感想とまとめ!

 

「貸与」
は誰でも、社会人になったら、または今どきなら、学校でも何らかの貸与品があるかもしれません。
広く社会に浸透している、ある意味「善意」の制度に感じます。

仕事をするために必要な、物品を全部自腹でそろえて・・なんてことは、今時タブーですね。
それでは、誰もそこに、集まりたがらないでしょう。
業務に必要なもの、または公共的なものなら、それに必要なものは、行政もしくは企業が
「貸与するもの」
これが、かなり社会に浸透しているように思います。

貸与のイメージ写真

 

奨学金は有難かった!田舎者でも大学に行けた!

 

奨学金は「貸与」か?
そんな論点を、勝手に書いてみましたが、実際私は有難かったですね~~
家は農家で、全くの貧乏農家。
学費は最初だけ、親が農協に借金して、払ってくれましたが、あとはバイト。

生活費もほぼバイトの中で、「奨学金」は有難かったな~~
当時はまだ、大学の学費は安かった。
わたしは年間で「37万円」でした。(国立大学が確か17~20万円の時代)
バイトで、学費捻出していた連中、結構いたね~~
一番多かったのが、「新聞配達」だ。

でも、とても私にはできませんでした。
遊ぶ時間取られれるのは、どうしても我慢できなかった。

奨学金の件を書いて、思い出してしまいました。
返還は、卒業後即始まって、13年払いだったな‥確か。

・・・・・・・・・・・
ディスるとは。
語源や例文で、使い方を解説しました。

ディスるとは 意味と使い方を短文の例文で!語源や英語と類義語!

デジャブとは?

デジャブとは 意味と多い方の原因は?使い方や例文と語源や英語表現!

多い方には、特徴があります。
あなたは如何ですか?
・・・・・・・・・・
*ヘッダーの写真は、愛機のX-T4で撮影の、松島嵯峨渓の2020年9月の風景写真です。

スポンサーリンク

関連記事