森羅万象の使い方や例文を作成してみた!意味や由来と英語表現は?

多聞山のはなたれ桃の花の写真

「森羅万象」

使い方の場面や、例文を私の人生から思い出し、作成してみました。
興味深かったのは、語源や由来のお話です。

意味や英語表現も調べてみたので、私なりの解釈も含めて紹介しようと思います。
どうやら、世の中のすべてのもの・・いえいえ・・語源から見て、それは私たちの心にあるように感じました。

スポンサーリンク

森羅万象の読み方と意味を私はこう感じた!

「森羅万象」

読み方は「しんらばんしょう」です。

森羅万象の意味は?

以下のようです。

森羅万象(しんらばんしょう、しんらばんぞう、しんらまんぞう)は、あらゆる現象、宇宙に存在する一切のもの。「森羅」は樹木が限りなく茂り並ぶことであり、「万象」は万物やあらゆる現象。なお、「宇宙」はあらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり、及び宇宙空間を指す
(wikipediaより引用)

物理的に言うと、こんな表現になります。

なので、天地創造をした神や、宇宙や創始者などと言う表現もありますが、この「森羅万象」がやはり格上に感じます。

が・・これもいいのですが、次の由来で、また別の意味があろうかと思います。
私は、こちらの意味もまた、なるほどな~~の印象です。

森羅万象の語源や由来を歴史的に!

「森羅万象」

の語源の由来についてのお話です。
之花かなたどり着かなかったですが、どうやらこちらが正しいように思います。

森羅万象の出典元は

「法句経」

のようです。
これは

「仏典の一つで、仏教の教えを短い詩節の形(アフォリズム)で伝えた、韻文のみからなる経典」

とあります。
もとは

「ダンマパダ」(巴: Dhammapada)

と言う経典で、元の言語は「パーリ語仏典」で、これを漢訳したわけです。

日本語訳では、このどちらも正解のようですね。
かなり、古い経典のようですが、この中にでてくるんだそうな・

「法句経曰 森羅及萬象一法之所印・・・・」

と言う記述が‥
さらに7世紀の中国禅僧の説いた言葉で

「森羅及萬象一法之所印」

とも。
漢訳は2世紀後半から11世紀末まで、ほぼ行われていたようです。
日本に入ってきたのは、いつなんでしょうか?

一節には、日本に来たイエズス会の宣教師が作った

「日葡辞書」

に載ってるそうです‥が‥しかしそれ以前にすでに、豊臣秀吉がインドの副王へ送った書簡の中で

「森羅万象一心を出ず」

と書かれてるそうです。
なので、それ以前には日本に、この言葉はあったんだと思います。

となると‥日本に入ってきた、この漢訳の経典が気になるのですが、調べると‥

「天平7年(735年)玄昉が請来(将来)した五千余巻は、当時の欽定大蔵経と推定」

さてこの辺からでしょうかね~~
この時に、経典を五千余巻ですから、中に含まれていたとしても、違いはないかもしれません。

ここまで行くと、ロマンを感じます。

森羅万象の意味のその二は?

と言うことで、仏教の経典となると、上の理由の宇宙の一歳と言う意味もあるのですが、また違った意味も感じざるを得ません。

仏教では

「人間の心の中に湧き上がってくる諸々の想念」

と言う意味で、やはり基本はここ

「断ち切るべきもの(煩悩)」

だったようです。
これは、上の処々の想念と言う「煩悩」なんだと思います。

これは一部と言うか、意味は私の勝手な解釈や、情報を整理すると、こんな感じに至りました。

森羅万象の使い方の場面や例文を作成してみた!

「森羅万象」

の使い方の場面って、どんな時でしょうか?
やはり、上で書いた意味のように、壮大なかなわない場面‥なのかな~~と言う思いがします。

私のこれまでの経験や、体験をもとに作ってみました。

森羅万象の例文は?

以下のように作成しました。

1:如何に森羅万象とはいえ、この世に絶対はないはずだ!
2:森羅万象に思いをはせると、自分自身の小ささを実感する。
3:森羅万象とは、煩悩と表裏一体のような気がする。それぞれの意味はつながってるかもしれない。
4:自分の悩みなんざ、森羅万象に例えるとなんてことはないな。この先も自分の好きなように行くさ!
5:其の方が言うことは、森羅万象につけ、是非もなし!吾輩も同様と知る!

なんてね・・
やはり、気持ちだな~~

出処が、仏教と言うことであれば、やはりこの言葉の狙いは、物理的な森羅万象よりも、心の煩悩を説いていたのかもしれません。

例文を考えていて、一層そう思いました。

森羅万象を英語で表現すると?

いつものように検索で

森羅万象:Everything

です。
すべてですが・・う~~ん・・これで??

では他には?

Nature

です。
これはそのものずばりですが、之でいいんでしょうね~~
あまりにも、一言で・・

英文では

The universe is in a state of flux.
(森羅万象変遷常なし)

ここでは、創始者のような意味で訳してますね。
もう一個

In Japan, it has been believed that spirit and life reside with everything in the universe since ancient times.
(服るから日本では、森羅万象には魂が宿ると考えられていた)

と言う訳ですが、やはり魂・・心なんだな~~

森羅万象の類義語は?

森羅万象の類義語を調べてみました。
その中で、これはそうだな~~と言うものを数点・

  • 1:有象無象(うぞうむぞう)
    2:一切合切
    3:天地万物
    4:所持万端

などなど・・でもいずれも「森羅万象」から比べたら、表現が小粒ですね。

有象無象や天地万物は、少しはいいかな~~とは思いますが、こちらはやはり物理的な物を言ってるのかな~~とも思います。

なかなか、いい言葉が思いつきませんが、こんなところで。

・・・・・・・・・・・・
清濁併せのむ・・そんな大きな器の人間になりたいものですね~~

清濁併せ呑むとは 意味や使い方は?由来や類語や英語表記の考察!

雨降って地固まるって本当?

雨降って地固まるって本当?ことわざの意味や例文 英語表記の考察!

私の経験などを書いてみました。

・・・・・・・・・

スポンサーリンク

森羅万象から感じる人生の深さについての感想!

「森羅万象」

について、書いました。
意味については、上に書いた通りですが、やはり私は由来が仏教の経典と言うことであれば、心の部分を重要視したいと思います。

しかしながら、宇宙にあるすべて、この地球も含めてですが、それを一言で言い表すことの「森羅万象」と言う言葉は、素晴らしく良い言葉だと思います。

この言葉を使う場面は、そうそうないとは思いますが、でも覚えておいて損はないと思います。
しかし、この言葉の由来を調べてみたのですが、なかなかしんどかったですね~~。

言葉には、おそらくですがどれにで、語源や由来があってしかるべきだと思います。

私にとっての森羅万象は何でしょうか?

上に書いた意味のように、とてつもない想像力をたくましくしたような、そんな現実でない話よりも、日ごろの現実や、煩悩等の方が私にとっては重要です。

そういった時に、気持ちとの比較対象に「森羅万象」は、すごくいい言葉だと思います。

皆さんはどう思いますか?

私の森羅万象に関する感想でした。

・・・・・・・・・・・・・
臥薪嘗胆は、努力や復讐心!
なかなかここまでは‥ですが、通すのは並大抵ではないですね。

臥薪嘗胆の使い方や例文は?意味と由来(話)や読み方と英文表現!

因果応報は、仏教の考えかた!

因果応報の末路は?使い方や実話の例文は?英語表現や意味や由来は?

使い方や実例などを、考えてみました。

スポンサーリンク

関連記事