根を上げるとは 意味と語源や英語表現!使い方を短文の例文作成で!

9月の松島嵯峨渓の写真

根を上げるとは?
正しくは「を上げる」で「根」は誤用です。
意味は、もう無理だ、限界だ、といった弱音を吐くことを言います。
語源のお話や、使い方を短文の例文の作成で。
類義語や反対語や英語表現での単語や例文で、この言葉を解説します。

スポンサーリンク

 

音を上げるとは?意味と読み方!

 

音をあげるのイメージ写真

「音を上げる」
読み方は「ねをあげる」で、慣用句になります。
意味は以下の解説です。

1:泣く際に声を出して泣く。泣き声をあげる
2:困難・苦難に耐えられず、声をたてる。弱音をはく。降参する。
(日本国語大辞典)

簡単に言うと、苦しさに耐えられず、声を立て、弱音を吐き降参する。
そんな意味です。

自分が音を上げるときは、上のような状況ですが、これは他人においても成り立ちます。
友人が、今の状況を淡々と・・・弱々しい言葉や、根性のない話を淡々と・・

「何、お前音を上げてんだよ?」

という表現が、成り立つんだな。
弱気な発言、後ろ向きな気持ちを表現すること・・これが「音を上げる」です。
そして、この先には何かを目指すものを、途中にあきらめるという、そんな前兆になります。

音を上げるの語源と由来のお話!

 

音をあげるのイメージ写真

「音を上げる」

の語源は、その漢字にあります。
言葉の意味を知るには、その語源や由来を知ることで、理解がますます深まっていきます。

この場合の「音」という漢字。
ここを分析していきます。

漢字から語源を考える!

「音」

音の読み方は
音読み:おん、いん
訓読み:おと、ね

  • おん:(音域、録音、録音)
    おと:(足音、雨音、騒音)
    いん:(母音、子音、福音)
    ね:(弱音、音色、初音)

という、音読み、訓読みでの「音」に関する漢字での、使われ方の例です。
今回は「ね」ですから、(弱音、本音、初音)の部分が、語源に関係します。

「ね」というのは、人や虫などの声を表現しています。
これの特徴は、人の感情に訴えるような、小さな声・・まるで振り絞るような、感情を表現する。

そして、「ね」の次の「あげる」は声になります。
「泣き言」にも似た、「声を出す」ことになるんだな。
「弱音」を言う、「弱音」を吐く、ということを表現して

「音を上げる」

という意味になります。

もう一つの漢字の分析!

「音」
という漢字の、成り立ちのお話。
音:口から出た声
を表す「会意文字」です。
会意文字:二つ以上の漢字の字形や意味を組み合わせて作られた漢字
同じように
象形文字:物の形からできた漢字
音の場合は「会意文字なので・・

「音」

の場合は上の「立」と、下の「日」を言います。
「立」の部分が、言うという意味を持っていて、さらに下の「日」は、発する音を示し、組み合わせて
「音」という漢字ができたと。

「音を奏でる」

という表現がありますが、これは音の漢字のもとになる、楽器や、草、木、石とぶつかり合う、「音」。
「音が出る」:弱音(弱い音)
これはどうも、こじつけにも思いますが、「音」という漢字の成り立ちを調べて、思ったことです。

耳障りの言い弱い音:弱音

かもしれません。
あげる:声を上げる
これで「音を上げる」という言葉になろうかと。

言葉の起源は、明白なものもあれば、そうでないものもたくさんあります。
その場合は、やはり漢字が起源になる場合が、多いです。

スポンサーリンク

 

音を上げるを使う場面と使い方を例文の作成で!

「音を上げる」
を使う場面は、困った、行き詰った、進退窮まった・・などなど、困った場面ですね。
さらに、ネットニュースなどで、音を上げずに克服した記事などなど・
いろんな場面があろうかと思います。

使い方を例文で。

音をあげるのイメージ写真

音を上げるの例文を作成!

以下のように作ってみました。

1:バブルの時は忙しく、音を上げながらも、何とかしのいだ。
2:設備の故障で、修理ができず、音を上げたい気分だった。
3:以前の会社で、設計の仕事で音を上げて、転職に踏み切った。
4:こんなことで音を上げていたら、ほかは何もできない。
5:仕事量の多さというよりは、役目の多さに音を上げた。
6:部長が今の地位にいるのは、音を上げたことを見たことがない、前向きな考え方にあるな。
7:彼女の良いところは、決して音を上げない、ポジティブな考え方だ。
8:今日の田んぼの草刈りは、暑くてしんどくて、音を上げそうだった。

などなど。
自分の事から、ある程度尊敬する上司や、会社の同僚の女性など。
すべて私の周辺の事例です。
実際、以前の会社は、仕事の質と量に音を上げて、ギブアップ。
転職しました。
人生の転機でした。

多少の、音を上げることでは、人生を変えるまでにはいかないのですが、なかなかしんどい時期でした。

皆さんは如何ですか?

音を上げるの類義語や反対語にはどんな言葉が?

 

音をあげるのイメージ写真

どんな言葉でも、類義語(類語)や反対語(対義語)があります。
さらには、同じような意味で、類語の中でも、言い換えに適する言葉もあります。
その二つについて、以下に解説します。

音を上げるの類義語(類語)をピックアップ!

「音を上げる」
の類語(類義語)は以下です。

  • 1:挫折する
    2:投げ出す
    3:棄権
    4:逃げ出す
    5:お手上げ

などなど。
言い換えとして、一番適当だな~と私が思ったのは
「お手上げ」
ですね。
事例に具体的でなく、広い意味で言い当てているな~~という、評価です。

音を上げるの反対語(対義語)を解説!

「音を上げる」
の反対語です。
さて?
音を上げるという事は、かなり困難な事態です。
しかも投げ出して挫折するかもしれません。

一つにはまとめられないな~~

  • 1:貫徹
    2:仕上げる
    3:容易

が候補です。
一番適当かな~~と思うのが
「貫徹」
かな‥私の場合。
音を上げずに、強い意志をもって「初志貫徹」ですね。

・・・・・・・・・・・
案の定とは?
使い方を例文で解説!

案の定の意味と使い方を例文の作成で!語源と英語や類語のお話!

夜の帳が下りるとは?

夜の帳が下りるとは?意味と使い方を例文作成で!語源や英語表現!

語源が面白いです。
・・・・・・・

 

音を上げるを英語で表現!単語と例文!

 

ググってみました。

音を上げる:Raise the sound

なんかそのまんまの感じです。
他の英訳は?

  • 1:give up
    2:make complaints

「give up」
って、この場の意味そのまんまの気がする。

例文です。
If you give up now, all the efforts you’ve made will be wasted.
(今ここで音を上げたら、これまでの努力が無駄になる)
The work was so hard that he had to give up.
(あまりの重労働に音を上げた)

などなど・・
これはなんとなく理解しやすかったです。
ググるのは、やっぱし制度がいまいちですね。

スポンサーリンク

 

音を上げず歯を食いしばろう!感想とまとめ!

「音を上げる」
語源は、突き詰めると弱音のようですが、人生生きていると、たまには弱音も吐きたくなります。
でも、前向きに。
みんなそうやって、生きているんだと思います。

意味のおさらいです。

2:困難・苦難に耐えられず、声をたてる。弱音をはく。降参する。
(日本国語大辞典)

これが一番近いかな‥そう感じます。
使い方や、語源や使い方を例文で。
反対語はちょっと難しかったです。

音をあげるのイメージ写真

音を上げっぱなしの私の人生!

これまで生きてきて、音を上げっぱなしだったような気がします。
なんで?
自分にとっては、困難なことばかりだったような気がするから。

一番音を上げたのは?

やパし、以前の会社、40代に勤務した会社で、設計と開発の仕事で、納期と仕様とコストのがんじがらめで、体重が一気に乱高下する異常事態に。
これ、やばいんでない?
ここで、不足の事態なら、俺もうここで終わってしまうな!

そんな感じで、転職しました。
おかげさまで、年収は半分以下。
しかし、仕事のストレスは、ほぼゼロ。

どっちがよかった?

ヤッパシ、今がよかったね・・なんで?

「生きてるから!」

皆さんは、音を上げてること・・ありますか~~~??

同じ音を上げる対象の事でも、「命がけ」はやめておきましょうね!

・・・・
貸与とは?
貸与の意味を、調べてみると、これは奥が深いな~~が印象でした。

貸与とは 意味と読み方!使い方を例文作成で!反対語や英語表現!

泡沫とは?

泡沫とは 意味と読み方!使い方を短文の例文作成で!類語や英語表現!

「うたかたの夢」
ロマンスを感じます。

・・・・・・・・・・・・
*ヘッダーの写真は、愛機のフジのX-T4で撮影した、松島嵯峨渓の2020年9月の写真です。

スポンサーリンク

関連記事