毛利元就までの系図と子孫の家系図!正室と側室と子供の名前と処遇!

栗駒山の春の風景写真

 

安芸毛利家の、大江広元から毛利元就までの系図と、子孫の家系図。

  • ・毛利元就の正室と側室の名前と出地。
    ・子供の名前と処遇や歴史。
    ・毛利元就は何をした人?年表で。
https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

西国の戦国大名で欠かせない毛利家の系図解説!

スポンサーリンク

 

大江広元から毛利元就までの系図!

毛利元就のイラスト画

安芸「毛利家」は、「毛利元就」の時代に、大きく飛躍しました。
「祖」
は「大江広元」の四男の
「毛利季光」
になります。

毛利家代々の系図!毛利元就まで!

以下が、系図になります。
wikipediaの情報をもとに、私が作成しました。

毛利家代々系図
(管理人作成)

初代は、「大江広元」の四男の「季光」になります。
二代の「経光」の時代に
「宝治合戦」
により、父「季光」は妻の、三浦氏方に回り、親子での合戦になり、毛利家はほとんどが討ち死に。
しかし、経光は越後にいたために、無事で、その後長井氏のとりなしで、安芸吉田荘は、安堵されてつながった次第。

ちなみに、「大江広元」の系図は以下です。

大江広元家系図

「毛利元就」
は、その12代目になります。
初代から、ほぼ300年余りを経て、毛利家は大きく開花するんだな。
・・・・・・・・・
大江広元についてはこちら!

大江広元の家系図と子孫には誰が?鎌倉幕府成立でしたこと年表で!

鎌倉幕府では活躍しましたね。
・・・・・・・・

スポンサーリンク

毛利元就の正室と側室とその子供を家系図で!

広島城の写真

「毛利元就」の正室は、「妙玖」(みょうきゅう)で、「吉川国経」の娘。
夫婦仲は、極めて良好だったようです。
さて、三人の子供だけが注目されがちですが、実はたくさんの子供がいたんだな~~
側室も、大勢。
家系図で、説明します。

毛利元就の家系図!正室と側室と子供の名前!

「毛利元就」
の家系図は以下。

毛利元就の子供と家系図
(情報をもとに管理人作成)

この系図から、明白ですが
「九男三女」
になります。
子は12人になるのですが、そのほかに一人。

「二宮就辰」
ですが、母は「矢田氏」で「矢田元通」の娘とあります。
二宮春久の子とされてるのですが、妊娠中に二宮春久の室に。
御落胤説があります。
が・・こちらはさておいても、12人です。

スポンサーリンク

毛利元就の子供の母親別とその後の処遇!

毛利元就のイメージ写真

正室と側室、併せて4人の名前と、その子供とその子に対する処遇は?
とても興味深かったです。

毛利元就の正室は「妙玖」で子は3男二女!

「正室」は「妙玖」(47歳で死去)で、のちに、次男の「元春」は当主で送り込まれる
「吉川家」
の出です。
父は「吉川国経」。
鬼吉川と恐れられていたようですね。

子は、三男二女。

母:妙玖:正室
 隆元:長男嫡男:13代目(40歳で死去)
 元春:次男吉川家に養子(56歳で死去)
 隆景:三男小早川家に養子(64歳で死去)知将で有名。
 女子:長女夭逝
 五龍局:二女宍戸隆家室(三女とも)

女子が三人と言われ、一人は養子に出されたとも。
兄弟3人の男子は、勇猛果敢。
毛利家を120万石まで、押し上げた功績はこの

「元春」「隆景」の「毛利両川」の働きが、光りますね。

継室「乃美大方」の子は男子が三人!

「妙玖」
が、47歳で早世してから、のちに継室として「室」になった女性。
「乃美大方」
の出自は、父は小早川一族の乃美弾正忠弘平という方。
「隆景」
を養子にした、小早川家の一族のようです。

子は男子が三人。

母:乃美大方:継室
 穂井田元清:四男穂井田元資の養子:のちに毛利に改姓:文禄の役でも活躍。
 天野元政:七男天野元定の娘婿に。右田毛利家の祖
 秀包:九男子供のない隆景の養子:その後廃嫡で毛利姓に:吉敷毛利家の始祖

子供の三人は、ともに大活躍。
毛利氏には「毛利八家」と言うのがあるそうです。
毛利氏の、結束を高める家臣団の存在。
「秀包」
は、関ケ原では「西軍」についたようです。
敗戦でしたが、何とか所領をいただき、嫡男が継いで、吉敷毛利家で存在しました。

側室「三吉氏」の子は三男一女!

「元就」
の側室で「三吉氏」(?)と言われます。
出自は三吉新兵衛尉広隆、または九郎左衛門の娘とも言われています。
実はこの方、元就の側室ですごしたのち、元就家臣の
「井上就正」
という方の嫁いでいます。
なんとも不思議な。

母:三吉氏:側室
 椙杜元秋:五男椙杜隆康に養子のちに月山富田城主:富田姓に
 出羽元倶:六男出羽元祐の養子:が17歳で早世
 末次元康:八男元秋の後の富田城主:長州藩家老・厚狭毛利家の祖
 女子:三女上原元将室

八男の「元康」は、大活躍で文禄、慶長の役での功績で
「従五位・大蔵大輔」
に。
しかも、毛利宗家の「家老」の家柄「厚狭毛利家」の祖の方。
一族が、活躍したいい例かと。

側室中の丸の子は無し!才気優れた女性!

出自は、「小幡民部大輔元重の姉」と言われます。
他の、継室や側室のかたよりは、年上だったそうです。
そのせいか子はなかったようですが、その代わり才気に富み、優秀な方だったようです。

側室の子の面倒や、孫や、特に
「輝元」
の教育には熱心だった様子。
「元就」
の心の支え的な存在で、あとは任せておけば宜しい・・そんな存在だったようです。
没年が「1625年」とあるので、関ケ原の後25年の後。

世の中の、激動を見た方ですね~~

正室と側室の子供の処遇などに思うこと!

一族で、盛り上げていこうという意図が、あふれている処遇に感じます。
そして、皆さん「元就」の期待通りの働きをしています。
教育が、行き届いていたんでしょうね~~

「虫けらのような・・」
そんな言い方を、していますが、正室と側室の子は、全く違うという線引きを最初からしていたんだな。
この辺が、ほかの大名とは、違うところだと思います。

調べていて、女子がもう一人いたようなのですが、定かではなさそうなのですが、この辺は間違っているかもしれませんが、容赦ください。

スポンサーリンク

毛利元就のしたことを年表で解説!生誕から逝去まで!

毛利元就のイメージ写真

毛利元就のプロフィールは以下。

  • 生誕:明応6年3月14日(1497年4月16日)
    死没:元亀2年6月14日(1571年7月6日)
    享年:75歳(満74歳)

人生の凡そを年表で。
石高の推移も含めて。

生誕明応6年3月14日(1497年4月16日)系図は上記参照。幼名:松寿丸
10歳永正3年(1506年)父「弘元」死去。杉の大方(義母)に庇護で育つ(困窮する)
永正8年(1511年元服:多治比(丹比)元就と名乗り、毛利家の分家となる。
永正13年(1516年)毛利家宗家兄「興元」が急死「幸松丸」が継ぐが元就が後見
永正14年(1517年)10月22日初陣。鏡山城の戦いに勝利。信望を集める
この頃吉川国経の娘(法名「妙玖」)を妻に迎える。
大永3年(1523年)7月「幸松丸」9歳で死去、27歳で毛利宗家家督を継ぎ、毛利元就と名乗る。
享禄2年(1529年)11月高橋興光ら高橋氏一族を討伐。安芸から石見にかけての広大な領土を手に入れる。
天文4年(1535年)隣国備後の多賀山通続を攻め、降伏させた
天文9年(1540年)尼子詮久率いる3万の尼子軍に本拠地・吉田郡山城を攻められるも3000の兵で撃退
天文11年(1542年)~第1次月山富田城の戦いで殿も九死に一生でピンチを脱する
天文13年(1544年)竹原小早川氏に三男・徳寿丸(後の小早川隆景)養子に。
天文14年(1545年)妻・妙玖と養母・杉大方を相次いで亡くす。失意の日々
天文15年(1546年)隠居。嫡男隆元が毛利家当主。しかし権力はそのまま。
天文16年(1547年)妻・妙玖の実家である吉川家へ元春を養子に。
天文18年(1549年)ころ吉川、小早川を束ねたことで「毛利両川体制」が確立。安芸一国の支配権をほぼ掌中
天文20年(1551年)安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限掌握(大内氏政変)
1553年備後の高杉城、旗返山城を攻略
天文24年(1555年10月16日)厳島の戦いで大勝利(伝説になる)
  この戦時点で推定石高最大兵力動員数可能数4000~5000人。最大(仮)で250人/1万石なら20万石を予想。
この大勝利で大内氏の周防と長門を手に入れる。
弘治2年(1556年)尼子晴久率いる25,000人が山吹城を攻撃、大敗
永禄2年(1559年)降露坂の戦いで大敗
永禄6年(1563年)尼子十旗の一である白鹿城を攻略
同年8月3日嫡男・隆元の不慮の死、嫡子・幸鶴丸が家督を継承【11歳】元就後見
永禄8年(1565年)2月幸鶴丸元服「輝元」と名乗る。
永禄9年(1566年)11月尼子氏滅亡に成功。:尼子氏の領地出雲他を手に入れる:山陰山陽11か国を手中に。
永禄10年(1567年)輝元15歳。引退申し出もそのままを懇願され辞退
永禄10年(1567年)1月才菊丸(後の秀包)が誕生この時71歳
永禄12年(1569年)4月立花城の戦いに出陣もこれが最後の出陣
元亀2年(1571年)6月14日の巳の刻(午前10時頃)に死去。
死因➀:老衰説 ➁:食道がん とも言われるようです。

毛利元就の、したことを年表で、主な部分のみで、他は端折って紹介しました。
勿論、こんなものではありません。
しかし、一時期の幼少時は、食うに事欠く貧困からの脱却。
義母の「杉の大方」は偉大な方!

スポンサーリンク

毛利元就の石高はどん位!関ケ原時点の石高も!

毛利元就のイメージ写真

得意の調略や、深謀遠慮で策をめぐらし、本領を発揮しました。
最終的には、元就の代で
「120万石」
まで増えたとあります。
しかし最大の範図」では
「200万石」
と言われるようです。
内容は山陽山陰11か国の領地になります。

後に、豊臣政権下では「毛利輝元」の領地は、減って
「120万石」(関ケ原以前)
と言われ、これが太閤検地の結果かと。
いずれ大大名ですね。

スポンサーリンク

毛利元就の転機を年表で再度チェック!

「毛利元就」
が、戦国の時代で、大きく飛躍した事件を数点にまとめてみました。

  • 1:大永3年(1523年)7月:毛利家家督相続:毛利元就
    2:享禄2年(1529年)11月:安芸から石見にかけての広大な領土を手に入れる。
    3:天文18年(1549年)ころ:吉川家に元春、小早川家に隆景を養子に。「毛利両川」体制を確立。
    ここで。
    吉川家:中国地方での鉄の産地
    小早川家:瀬戸内水軍を擁する
    この二つを掌握することで、経済的に大いに潤った様子。
    しかし、この時点でも最大兵力動員数
    「4000~5000人」
    とあります。
    250人/1万石ならば、わずか20万石。

転機は、厳島の戦い。
この大勝利で、「大内氏」の周防、長門の広大な領地を手中に収めます。
中国地方では、「大内氏」「尼子氏」は大名としては、突出した存在。
その一角を、崩したんだな。

4:永禄9年(1566年)11月:月山富田城に籠城し、尼子十旗を崩し、尼子氏滅亡。
この時点で、ほぼ中国地方11か国を制覇。

伊達政宗公や、上杉謙信公も、同じような転機が何度も。
それをものにするかどうかは、その方の決断と能力なんだべな~~と。

スポンサーリンク

毛利元就の家紋は「一文字三星」!

毛利元就のイメージ写真
「毛利元就」
毛利宗家の家紋は「一文字三星」と呼ばれるかもんです。
以下のようなもの。

長州藩家紋

これって、そのまんま長州藩の家紋。
此方も。

毛利元就の家紋
(wikioediaより)

上の写真は、毛利元就が主有していたと伝わる「軍旗」です。
これはすごいですね。
幕末の時代に、この旗はいろんなシーンで見ました。
大河ドラマでは、薩摩と長州藩と土佐藩と、勿論徳川紋は、いつもレギュラーですね。
素晴らしい歴史を、いただいてると感謝します。
・・・・・・・・・・・
織田信長の正室と側室との子供たちの処遇など、まとめてみました。

織田信長の正室と側室と子供は何人?息子と娘の嫁ぎ先やその後の人生!

上杉謙信公の、石高の増え方を年表で。

上杉謙信の石高(領地)の推移と増え方を年表で!毘と龍の旗の意味は?

毛利元就公同様に、この時代のヒーローです。
・・・・・・・・・・

毛利元就の心に刺さる名言!三本の矢!

毛利元就のイメージ写真

「毛利元就」
といえば、三本の矢があまりにも有名。
一本なら折れる矢も、三本なら折れない。
力を合わせてことにかかれということ。

ほかにもたくさん。

毛利元就の名言!個人的にチョイスしたベスト5つ!

以下の言葉・・いかがですか?

1:我は酒が飲めぬから、かように長生きなのだ。酒を飲まなければ、70、80まで健康でいられて、めでたいことだ。

これ、心に刺さる方・・いませんか?
飲みすぎには注意しましょうね。

2:道を歩いてつまづくのはありがちなことだ。少しも気にすることはない

人生って、躓きの連続だな~と。
気にすることはないですね‥全く言い当てていて同感!
でも、気が付かないで、その躓きにくよくよするんだよね~~

3:一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、一日の計は鶏鳴にあり。

私は、毎日鶏の「コケコッコー~~~」で朝を迎えます。
たまに夜泣いてることもありますが・・(我が家では鶏を飼っています)

4:謀多きは勝ち、少なきは負ける

確かに。
よく考えて行動しましょう

5:我、天下を競望せず。

さて・・これをどう考えるべきか?
天下をおさむる器にあらず?
それとも、そのこと自体が「遠き夢」だった?
いろんな意見があろうかと。

スポンサーリンク

毛利元就のお墓の場所は

毛利元就」
の墓の場所はいか。

住所:〒731-050 広島県安芸高田市吉田町吉田 吉田史跡郡山城跡内
MAPは以下。

広島市からだと、結構な距離です。
44.5kmと、地図では表示されます。

写真は以下。

毛利元就の墓所の写真

墓所には、一門のお墓と
「百万一心」
の碑もあります。
3回忌に菩提寺洞春寺(現在は跡地)が建立されたと。

歴史を感じるな~~と。

スポンサーリンク

毛利元就の子孫や何をした人か年表で!まとめと感想!

毛利元就のイメージ写真

「毛利元就」
は戦国大名としては、とても人気の武将です。
知略、計略に優れていて、部下の信任も厚く、子供たちもつとに優秀でした。
三男の「小早川隆景」は、知略に富み、勇猛果敢で水軍を率い、特に優秀!
「豊臣秀吉」
も、認める武将。
ある意味、中国大返しでの追撃しなかったことに、感謝もしていたようですね。
もっとも、「小早川隆景」自身は、追撃しても満足した結果が得られないと、断念したようですが。

「NHK大河ドラマ」
でも、放送されました。
とてもいい内容で、私は毎週見ていました。

戦国の時代の話題には、必須の武将で、人気です。
多くの、武将からは学ぶべき点も非常に多いと、私は思っています。
人生の参考には、とても有意義です。

皆さんはいかがですか~~

・・・・・・・・・・・
戦国時代の合戦の陣形の歴史です。

戦国時代の合戦の陣形は?主要陣形一覧と武田八陣形を考案は誰だ?

徳川家康公の石高の増え方を年表で。

徳川家康の石高の推移と増え方を歴史の年表で!幕府開始時は幾ら?

素晴らしい勢いで増えていきました。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事