糧にするとは 意味と使い方を例文の作成で!経験豊富と糧は比例する?

秋の稲刈りの風景写真

糧にするとは?
意味は、自身の経験や出来事を、人生に役立てるような、活力の源泉にしていくことを言います。
言葉の使い方を、短文の例文の作成で解説。
類語や言い換えと、反対語や英語表現を通して、糧にするの、言葉の神髄に迫ってみます。
経験豊富と糧は比例する?そんな考察もしてみようかと。

スポンサーリンク

 

糧にするとは?読み方と意味を詳しく解説!

 

糧にするのイメージ写真

「糧にする」
読み方は「かてにする」です。
意味は以下の解説です。

1:食糧。食物。
2:精神・生活の活力の源泉。豊かにし、また力づけるもの。
3:古代、旅などに携帯した食糧。干し飯 (いい) の類。
(デジタル大辞泉)

「糧」
は、食料(食べ物)を表す言葉と、精神や生活を豊かにし、力づける源泉になるものも表現します。
ここでは、主にその気持ち(精神)の「糧」について、考えてみます。

生きていくための力というのは、経験がものをいう場合もありますし、励みになる言葉や、育ってきた環境に対する、逆境を克服した経験などもあろうかと。
そういったものはすべて、その人の取っては
「糧」
なんだな。

 

糧にするの語源と由来のお話!

 

「糧」
は上の意味のように、食料が物理的な意味になります。
無形の「糧」の意味は、物品ではなく、気持ちを強くしてくれる精神や、心の「糧」ともいえる、推進力のようなもの。

  • 1:育ってきた環境を克服してきた自負の念
    2:経験からくる自信
    3:失敗を繰り返した経験
    4:知識や教養という糧
    5:心の支え(家族や子など)

などなど。
その人の、心の糧になるものは、その人の感受性や、経験などで変化するもの。
個人の価値観にも、かなり左右されるものだと思います。

簡単に言えば、その方にとって

「つらいことがあっても頑張れる、生きていこうと思える心の支えの用のもの」

のこと。
それが、例えば上に列挙したことなど。

糧にするのイメージ写真

糧の由来とは?

「糧」
はもともとは「米」のこと。
そういえば「糧米」と昔(戦国の世かな~~)、言っていたような。
収穫したお米は、基準値(一石)単位で、保管することから
「糧」
という字ができたということです。

最初のころは「かりて」と読まれたそうですが、その意味は上の意味の紹介での
「古代、旅などに携帯した食糧。干し飯 (いい) の類。」
で、それがやがて「かて」に変化して、現在に至るようです。

「糧」(食料)は生きていくには絶対に必要なもの。
物理的な糧と、人間が生きていくための「気」の糧と、両面あるんだと思います。

竹取物語の一節

「糧つきて、草の根をくひものとしき」

というくだりが‥食べるものが尽きてしまって、草を食べるしかないという表現かと。
この時代ですでに「糧」は、使われていたようです。

スポンサーリンク

 

糧にするを使う場面を考えてみた!

 

「糧にする」
を使う場面を以下のように考えてみました。

  • 1:良い経験をした
    2:失敗した事案
    3:屈辱的な敗北
    4:圧倒的な勝利
    5:支えを感じるとき
    6:経験したことを踏まえて

等々が考えられるかと。
どちらかというと、歯を食いしばって頑張る的な場面が、一番似合いそうな言葉に感じます。

敗北であっても勝利であっても、それは経験であって、次の場面に生かされてしかるべきです。
そして、しんどい時には、頑張れる糧は、心の支えであり、ある人にとっては家族であり、子供であり、愛する人かもしれませんね。

「この経験は、きっと後々の糧になる」

そんな意味に通じる、場面を想定します。

 

糧にするの使い方を短文の例文の作成で!

 

糧にするのイメージ写真

以下のように短文での例文を、作成してみました。

1:私の生きる糧は、家族と自分の夢。60代でもまだまだ現役で頑張るど~~
2:付き合った期間は短かったけど、この経験はきっと、自分が生きていくうえでの「糧になる」はずだ。
3:仕事が失敗の連続であっても、その失敗は次の成功に向けての「糧になる」と思えば、どうってことはないな。
4:私の幼少期は、この山奥の僻地でどん底だった。その暮らしを思えば、どん底から這い上がる「糧になった」のは言うまでもない。
5:いくら糧にすると言っても、こう失敗続きでは、やる気が失せてくるな~~
6:自分の特技を、生活の「糧にする」ほど、合理的なことはないように思う。

等々、短文の例文を作成してみました。
いろんな例文を作ってみましたが、ほぼ、私の経験と、今思っていることです。
何を糧にするかは、人それぞれで、経験を積んでいくと、ある程度ノウハウは蓄積されます。

それが、「糧になる」という、そういう事なんだべな~。

スポンサーリンク

 

糧にするの類義語(類義)や言い換えには?

 

糧にするのイメージ写真

糧にするの類義語(類義)は以下です。

  • 1:肥やしになる
    2:教訓とする
    3:血肉とする
    4:明日に生かす
    5:足しにする

などなど、他にもありますがこの辺で。
「言い換え」
として適当だな~と思うのは
「肥やしになる」
を選んでみました。
「教訓」もいいのですが、私的には「肥やし」の方で。

*私の勝手な選択です。

 

糧にするの反対語(対義語)にはどんな言葉が?

 

糧にするの反対語(対義語)を考えてみました。
これは難しい。
何かを拠り所にして、気持ちを維持して、頑張っていくんですから、反対ならここは頑張れない。
糧にするものもないんだな。

糧にすれば、次も頑張れるのなら、それがないのですから

「絶望」

を提案します。
「絶望」の反対は「希望」なので、なんとなく通じそうな予感!
私はこれで。

・・・・・・・・・・・
埒が明かないとは?
馬に関係があるとは、全く思いませんでした。

埒があかないとは 意味と使い方を例文の作成で!あかないの漢字は?

大丈夫って、何が大丈夫?

大丈夫の間違った使い方!意味の理解や例文作成!語源と由来の話!

語源がそこにあったとは?

・・・・・・・・・・

 

糧にするを英語で表現!

 

ググってみました。

糧にする:Feed

一言ですね。
これいいのかな?ほかの英訳は?
どうやら単語としてはなさそうです。

こんな表現で。

  • 1:gives me life
    2:reason for living
    3:hold me over

これはもう、1番が私は好きです。

This person gives me life.(この人が生きる糧になる)
I want to be his reason for living.(私が彼の生きる糧になりたい)
(DMM英会話)
などなど。
とてもいい表現だと思います。

スポンサーリンク

 

糧にするは経験がものをいう?感想とまとめ!

 

「糧にする」
の意味や語源や、使い方を短文の例文の作成で。
類語や反対語や英語表現など、いろんな角度から、この「糧にする」を見てきました。
いい言葉だと思います。
意味のおさらいです。

1:食糧。食物。
2:精神・生活の活力の源泉。豊かにし、また力づけるもの。
(デジタル大辞泉)

主に意味は、上の二つです。
そのものずばりの、食料と、気持ちが頑張れる精神の支えのようなもの。
失敗しても、明日の糧にできる、度量も必要ですね。

糧にするのイメージ写真

経験豊富と糧は比例する?経験が糧になる・・だな!

人間は、生まれてなにも経験していないころから、多分ですが、学習を始めるんだと思います。
動物でも、猪でも一度ひどい目にあったら、そこには近寄らないですから。

人間は、考えますから、そういうことに限らず、知識としてもどんどん吸収していきます。
そして、吸収したことを、「糧」として、蓄積していくんだな‥多分。

自分が考えても
「あの時はこうだったから、ここは気を付けないといけないし、根回しはしておかないと、以前ひどい目にあったからな~~」
とか‥これも、経験のなせる業。

この経験が豊富な分、またはそれを「糧」とするかどうかで、どうやら、かなり違ってくると思います。
注意を怠らずに、自分のスキルを上げていくことにまい進し、応用していくことが大事かと。

この集中力次第ですが
「経験と糧は比例に近い」(グラフは引けませんが)
と思います。
何事も経験から学ぶんだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
塵も積もれば山となるは、誰でもが実感しているのでは?
これは本当にそう思います。

塵も積もれば山となるとは 意味や使い方と例文解説!類語と英語表現!

とんちんかんとは?

とんちんかんとは 意味と使い方を例文の作成で!語源の連想の職業は?

漢字では「頓珍漢」と書きますが、語源はとても面白い物でした。

・・・・・・・・・・
ヘッダーの写真は、秋の稲刈りのシーズンなので、その写真を。私の撮影です。

スポンサーリンク

関連記事