河岸を変えるとは?意味や使い方は?語源や例文と英語表現の考察!

庭の草花の写真

河岸を変えるとは?
意味は、飲食や遊びの場所を変えることを主に言います。
深い意味は、内容で。
語源や由来のお話は、根が深い歴史的に絶えない、永遠のテーマにも感じます。
使う場面や使い方は、例文の作成で考察してみます。
英語の表現はどうなるかな~~とも思うのですが、ちょっと楽しみです。

スポンサーリンク

 

河岸を変えるの意味を少し深く解析してみた!

 

「河岸を変える」

読み方は「かしをかえる」です。
河の岸と書きますが、これがどうして場所を変えることになる?
なんとなくはイメージできますが、意味の中にあるのかな?

 

河岸を変えるの意味を詳しく!

 

以下のようです。

1:事をなす場所を変える。飲食したり遊んだりする場所を変えるのにいう。
2:商売がえをする。また、芸妓などが抱え主や勤めの場所を変える。
3:相手を変える。
(日本国語大辞典より)

のような意味になります。
飲食や、遊びの場所を変えたり、勤務先を変えたり、などなど・・主に、場所や相手を変えることが対象になるようですね。

元々「河岸」ということの意味は以下のような、内容になります。

1:川の岸。特に、船から荷を上げ下ろしする所。
2:川岸に立つ市場。特に、魚市場。
3:飲食・遊びなどをする場所。
(goo辞書より)

場所ですね。
一般的には、3番の意味が日常では、なじみが深い意味になります。
なんとなく、遊び人風な印象を受けるのは、私だけでしょうかね~~~と感じました。

 

河岸を変えるの語源と由来のお話!

 

河岸を変えるイメージ写真

「河岸を変える」
の由来のお話です。
いつの時点で、この言葉はできたんでしょうか?

以下のような語源から来ているようです。

船をつなぐために、水中に建てる杭や棹の事を「かし」と言います。
そして、それを立てる場所の事を「河岸(かし)」というんだそうな。
漢字的には「河岸」というのは「かわぎし」の意味もありますね。
なので、船をつないでおく場所を変えることを
「河岸を変える」
というんだな。

 

河岸を変えるの由来をもう少し詳しく!

 

河岸とは、川岸の事であって、船からの荷物の積み下ろしの場所を言います。
また、魚河岸とか魚市場も、基本昔は、船から即水揚げとして、上げる場所ですから、河岸という漢字が付いたんだべな~~(予想)

ところで、その昔の江戸時代に、新吉原を囲む掘割沿いの通りは、「河岸」と言われていたそうな。
要は、「遊女屋」の事ですね。
そこの遊女が、働き場所を変えることも「河岸を変える」と言ったそうです。

そこから、遊び場所を変えることにも
「河岸を変える」
という言い方が定着したんだそうですよ~~

黄門光圀公と、徳川家光公は、この吉原にはかなりゆかりがあります。
どうせ、遊ぶなら・・場所を作ったのは、なかなか懸命だったような気がします。
闇で遊ぶよりは、よほど健全かと。
いつの時代でも、こういうのは尽きませんな~~~という、私個人の印象です。

スポンサーリンク

 

河岸を変えるを使う場面と使い方を例文で!

 

「河岸を変える」
を使う場面というのは、どんな時でしょうか?
上の意味からすれば、やはり飲みに行って、場所を変えるときとか、遊び相手を変えるとか、そんなときに使う言葉のようですね。

 

河岸を変えるを使った例文を作成してみた!

 

以下のように作ってみました!

1:この場所良くないね。いい野菜が取れない。土が悪いのかな?河岸を変えてみるのも一つの方法かも!(畑の場所)
2:この場所全然釣れない。この川にはイワナはいないかもしれないな。まだ時間が早いから、河岸を変えてみるか?(川を変える)
3:ここでもう2時間飲んでるからな~変えるにはまだ早いから、河岸を変えてみようぜ!(お店)
4:内心で・・こいつと話していても、全然面白くない・・こっちも暗くなってしまう。遊び相手を間違えたようだ。河岸を変えてみるのも一つの手だな。(遊び相手)
5:このお店の雰囲気いまいちだな~接待するには、女性スタッフがいまいちだ・・河岸を変えるとするか!(接待)

などなど・・全部私の経験です。
場所を変えるに、畑の野菜栽培の場所と、釣りの川の場所を当て込んでみましたが、これもいいんだべな~~
船をつないでおく場所が該当するのですから、畑の野菜栽培の場所も、同じようなものかと。

でも、普段使い慣れてないですから、どうもしっくりきません。

3,4,5番は、これは経験したな~~何度も!

昼間ゴルフで、夜は飲食での接待。
しかもはしごで。
「河岸を変える」
何てのはしょっちゅうでした。

 

河岸を変えるの類義語にはどんなものが?

 

河岸を変えるイメージ写真

「河岸を変える」
の類義語には、以下のような言葉があるようです。

  • 1:食べ歩き
    2:口直し
    3:乗り換える
    4:住み替える
    5:引っ越す

などなど・・
この「河岸を変える」についての、全く同じ感覚の

「この意味同じだよな~~」

と、感じるのが通常はあるものですが、私が感じるには、無いというよりは、ピンとこないものばかりです。
食べ歩きって、河岸を変えることになるのかな~~とも思いながら、でも類語には違いないだろう‥の世界です。

全てをひっくるめて「河岸を変える」という、これはすでに便利な言葉なんだな・・多分!
そう感じた次第です。
・・・・・・・・・・・
反面教師というのは、自分の戒めにはちょうどいい言葉にも感じます。

反面教師の意味や使い方と例文は?実は親や自分が多い!英語表現は?

諸行無常とは?

諸行無常とは?意味や英語と使い方は?人の心に響く語源や由来の話!

語源には感心いたしました。
・・・・・・・・・・

 

河岸を変えるを英語で表現するとどうなる?

 

いつものように検索で

河岸を変える:Change the riverbank

川のbankですが、意味はなんとなく・・他には

1:to try a new venue for eating
2:drinking
3:night amusement
4:go to another place

これわかりやすいですね。
4番は、すごくわかりやすいです。
別な場所にいこうよ~~~ですね。(場所変えよう)

Let’s go to a different bar and start drinking again, shall we?
(河岸を変えてのみなおそう!)

という、英語の表現です。
今回は私でも、意味は理解できました。
使えるかな??
それが問題ですが。

スポンサーリンク

 

河岸を変えすぎたかな~~という自分!感想など!

 

「河岸を変える」

の意味や、使い方を例文での紹介や、語源について考察してきました。
とても面白い言葉で、細かいことを一言で言い表す、いい言葉だと思います。

意味のおさらいです。

1:事をなす場所を変える。飲食したり遊んだりする場所を変えるのにいう。
2:商売がえをする。また、芸妓などが抱え主や勤めの場所を変える。
3:相手を変える。
(日本国語大辞典より)

一般的には、私の感覚では、飲食したり遊ぶ場所を変えることを言うのかな?
そんな理解の気分でいたのですが、場所を変えるの意味が、少し広いんですね‥これは私の理解不足でしたね~~

河岸を変えるイメージ写真

 

河岸を変える頻度はどうだった?

 

私は、自分の趣向上、外での飲食は好きではありません。
まして、接待なんてのは、まさに大嫌いなのですが、しかし仕事上ではつきもの。
嫌々行っていました。

河岸を変えるのは、しょっちゅうですが、あんましいい思い出はないですね。

遊びの場所を変える・・これは以前釣りで、渓流釣りにはまって、いた時には
「この川全然釣れないな~~、隣に行ってみようか‥」
何てのはしょっちゅうでした。
目標は「イワナ」と「ヤマメ」。

私が住んでるところでも「岩魚」は釣れますが、当時はよその場所にもしょっちゅう行っていたので。

畑はおふくろさんですね。
適合や不適はつきものなんだそうな。
ま~~確かにな~~

転職も河岸を変えるって、言うんだべな‥確かに気分転換にはなったようには思います。

皆さんの「河岸を変える」はいかがですか?

・・・・・・・・・・・・
けしからんの漢字は「怪しからん」と書くんだそうな。
何か怪しいですね。

けしからんとは?意味や使い方は?語源や例文と英語表現の考察!

大盤振る舞いの語源のお話は、とても面白かったです。

大盤振る舞いとは?意味や使い方は?語源や例文と英語表現の考察!

大盤振る舞いにあずかってみたいもの!

・・・・・・・・・
*自分の主観を多分に入れて書いてますので、???な部分があっても容赦ください。
ヘッダーの写真は庭の草花の咲いてる写真です。この花なんだべな?

スポンサーリンク

関連記事