月に叢雲花に風 英語ではどう表現?意味と使い方と例文の考察!

冬のイワヒバの写真

「月に叢雲花に風」
いいことわざですが、英語ではどう表現(表記)するんでしょうか?

月に叢雲花に風の味と、使い方や例文を自分なりに、考えてみました。
この言葉には、由来があるのかな~と思って、それも調べてみたのですが、語源がどうも見当たらなかったですね~~

故事からきた言葉ではなさそうです。

月に叢雲花に風を英語で表現するとどうなる?

いい言葉(ことわざ)ですね~~「月に叢雲花に風」

英語で表現すると、まずは検索。

月に叢雲花に風:Wind on Murakumo in the moon

あんりゃ~~~花に風がないような‥
では別な方法で・・

「 Beautiful moonlight may soon be darkened by clouds and cherry blossoms may be scattered by the wind at any time.」

このまんま翻訳すると、こんな感じになるようです。
私も読んでみましたが、苦手な私でっも・・う~~んと。

他には、

「Roses have thorns」

これを用いるようです。
rose って、バラの意味ですが、なんでバラ?

これは、きれいなものにはとげがあるということで、このことわざ「月に叢雲花に風」に、あてこんでるようですよ~~
まあ・・比喩するということですね。

使い方は

It was like roses have thorns.

を先頭に持ってきて、失ったものや邪魔が入った事柄を後につければいいかと。

ところで、同じ意味のとらえられる表現を英語で言うと

「確実なものはこの世に一つもない」

そういう気分にもなります。
これを英語委表現では

「Nothing is certain in this world.」

これも頭に入れて、「月に叢雲花に風」の場面に引用すればいいかと。
私も勉強しますよ~~~

月に叢雲花に風の意味や由来は?語源はある?

「月に叢雲花に風」

読み方は:つきにむらくも、はなにかぜ

意味は、どういうことなんでしょうか?
英語表現を先に、書いてしまったのですが、あえて意味も見ていこうと思います。

「月に叢雲花に風」:自分にとって、よいことには邪魔がはいりやすく、長続きしないものだというたとえ。

私は、満月の写真をよく撮影するのですが、この気持ち良~~く~~わかります。
雲が邪魔するんだよね~~

そして、花に風・せっかくいい花を見ているのに、風が花を散らせる・・

写真なら、散る花もきれいですが、揺れる花はやはり風は邪魔でしかないですね。(私の場合)

そんな思いを、表現したことわざです。

いい言葉ですね~~

この表現が、ぴったりくる場面って、私は結構あります。
これは例文で。

月に叢雲花に風の使い方の場面や例文の考察!

「月に叢雲花に風」

いいことわざです。
こんな、いい表現もあったんですね。
では例文です。

「月に叢雲花に風」の例文を作ってみた!

例文ですが・・私なりに作成してみました。
使い方の場面があってるかな~~とは思いますが・

  • 1:今宵は中秋の名月、満月の撮影だが、クリアな満月・・しかし頻繁に雲が邪魔に‥う~~んこれこそ「月に叢雲花に風」か!
    2:結婚の約束までしていたのに・・新しい恋人が?思わせぶりな邪魔が入り「月に叢雲花に風」のように、夢と消えた!
    3:今日は初めてのデート、が・友人が遊びに来てなかなか帰らない・馬鹿野郎・「月に叢雲花に風」もいい加減にしろ!
    4:憧れの彼女との初デートが、頻繁に仕事の電話・・邪魔するもいい加減にしろ~~まさに「月に叢雲花に風」の典型だ!
    5:根回し十分で、契約寸前で何も知らない部下の一言で、次回に流れた‥「月に叢雲花に風」のことわざ通りで、俺の負けだ!

と言うのでいかがでしょうか?
これは全部私の経験です。

この内容は、一番最後の感想で。

でもこのことわざ

「月に叢雲花に風」

にまつわる例は、結構多かったなあ~が正直な感想です。

月に叢雲花に風の類義語(類語)はどんなものがある?

同様な意味を成す「類義語」にはどんな言葉があるでしょうか?
考えてみました。

一般的には

  • 1:好事魔多し
    2:花に嵐

があるようです。

他には?

って、探してみましたが、なかなか・・

上のことわざの意味は

やはり・・好きなものには邪魔が入る・
このたとえになるようです。

でもね~~せっかく目的達成・・のはずが、肝心の時に邪魔が入って、先延ばしや目的が達成できなかった・・これってよくあることですよね。

月に叢雲花に風の思い出とこのことわざの感想!

「月に叢雲花に風」

について、考えてきました。
とてもいいことわざだと思います。

私自身、数限りなくこのことを体験してきました。

それは、恋愛関係でもそうですが・・・

「俺今から彼女とデート・・なんでお前がここにいるんだ?」

そういうことってないですか?
もう、何十年も前のことですが、思い出すな~~が・・妻ではないんだな(笑
妻と出会ったのは、そのずいぶん後のことです。

近所の集会所で、ようやく決まりかけたや役所との合意事項・・ところが、それを蒸し返す一言が地権者から・・すべてもといに・・

なんだよ~~バカ~~

当然その方は、みんなからぼこぼこに・・そんなことも経験してきました。

それらはすべて

「月に叢雲花に風」

これだよな~~って、これを書いていて思ったんだな!

皆さんは、こんな経験ってないですか~~~?

多分俺、誰でも絶対あると思うんだよな!

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。