清濁併せ呑むとは 意味や使い方は?由来や類語や英語表記の考察!

灯篭の下のイワヒバの写真

清濁併せ呑むとはどんな意味でしょうか?
使い方や例文を考えてみました。

また由来や類語(同義語)や英語での表記や表現も、合わせて考えてみたので紹介します。

仕事やビジネスシーンでは、結構このことわざは、当てはまることが多いように思いますが、さて?

清濁併せ呑むの意味は?

「清濁併せ呑む」

意味は以下のようです。

「清濁併せ呑むとは、善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえ。」

「清濁」

とは、善と悪、または善人と悪人のたとえ。
さらに、賢者と愚者のたとえのようです。

  • 合わせ:併せ
    飲む:呑む

上の、併せと呑むもいい感じの表記だと思います。
これは、食べ物ではないですから、こんな表記の漢字になるのかな~~などと、自分で勝手に考えました。

意味解説では

「大海は、川の流れを受け入れてますが、之には清流も濁流もあるわけですが、これを分け隔てなく受け入れてることから、心の広い人のことのたとえ。」

さらには

この大海は、清流も濁流も分け隔てなく受け入れている。

この大海が人なんだと思います。

勿論、対象は人ですが、歴史上にはどんな方がいるかな~~
今悪人を受け入れたら、逮捕されるんでないかな~~なんて考えたが、そういうことでもないのかな‥多分。

清濁併せ呑むの由来や類義語は?

由来を、調べてみました。
どうやら、私が思うに一番最初にこの「清濁」が出てくるのは「史記」の言葉のように思います。

清濁併せ呑むの由来は?

司馬遷が記した「史記」の列伝第六十二「酷吏列伝」

「法令は治の具にして、治の清濁を制するの源に非ず。」

と言うのがあります。

が・・一番最初にこの

「治の清濁を制するの源に非ず。」

を論じたのは、どうやら「孔子」のように思うのですが、さて?

孔子の言葉、に同じ言葉が出てくるようです。
史記は、いろんな有名人のことを、まとめた書物のようなので、孔子の言葉を引用したのかもしれません。

真実はどうなんでしょうか?

これはロマンに感じます。

ただ、史記に書かれているのは、法律のことを評論したようなので、人物を評するのとはちょっと違うかな~~とも思います。
この

  • 「酷吏(こくり)」:冤罪など汚れ仕事の役人:当時は出世した
    「循吏(じゅんり)」:法律に厳格な正しい役人

この「酷吏(こくり)」を論じてるわけです。

当時は、この悪人の役人の「酷吏(こくり)」と言われて、史記に指名された方でも、どんどん出世したわけです。
特に、漢の武帝時代には重用されたとあります。

重用した上司(帝)は、心が広い方だった?

さてな~~~

みなさんはどうおもいますか~~~?

清濁併せ呑むの使い方や例文を考えてみた!

例文や、使い方の場面を考えてみました。

「清濁併せ呑む」

は、心の広い大きな方のイメージですから、そういう方に出会った、またはそういう人になりたい・・そんな場面での使い方が妥当なような気がします。

清濁併せ呑むの例文は?

以下のように作ってみました。

  • 1:うちの部長の、会議での取りまとめは見事だな~~陰も陽も飲み込む、まさに清濁併せ呑むとはこのことか。
    2:人間だから、いい人間も悪い人間もいる。それを承知で人員確保していかないとこの人手不足・まずは採用・そして選別・・清濁併せ呑むなんて言ってられないんだ・・現実は!
    3:友人の中ではAは、出世しそうだな~~どんなことにも答えを持ってるもんな~~まさに清濁併せ呑む人になりそうだ。
    4:あいつは偏見に満ちている・清濁併せ呑むなんて考えには、最も遠く離れてるやつだ!
    5:すべての人が清濁併せ呑むという、心構えならこの世から争いごとは消えるかもしれないな~~

などなど・・
少しくらい、ピント外れてもお許しあれ。
でも、私の周辺にいた人や、実際に感じるままに書いてみました。

もしかしたら、同感してくれる方も多いかな~~なんて持ったりします。

清濁併せ呑むを英語で表現すると?

では、検索で・・

清濁併せ呑む:Drink together with the voice

う~~ん・・やはり:drink ですね~~
でも、「voice」って、声だな。

他の例文ですが

  • to be broad-minded enough to associate with various types of people
  • be broad‐minded enough to show tolerance toward all sorts of men

これは両方ともに「清濁併せ呑む」です。
とても難しいです。
私には、この文章は活用も作ることもできませんです・・ハイ・・

こういう英文を、作れる方・・スバラスイ・

清濁併せ呑むに感じる人格と感想!

「清濁併せ呑む」

この言葉のように、大きな大海のような器の大きな方は、これまで生きてきていたか?

さて?

よくビジネスシーンで、使われるようですが、ビジネスって基本損得が絡みますから、ある意味正しくって、この損得が入るとちょっと違うかな~~っても思うんだな。

例えば親子関係でいえば、私は父親で孫はいますが、これは

「清濁併せ呑む」

ということ以前に、どんな子や孫であっても自分の肉親ですから、そこは受け入れて呑まないといけないわけです。

「親父はどんな子でも孫でも、一族全員に分け隔てなく、ちょっと外れたやつも・・あいつもいい所があるんだよ・と言ってまさに清濁併せ呑む・そんな心の広い人間だったな~~」

なんて、いう親父はどうでしょうか?

ビジネスの損得抜きでの、会社内での人間関係に特化すれば、やはり人を引き付ける魅力のある方は、どちらかというと「清濁併せ呑む」を、地で行くような方ではないかな~~なんても思います。

そこまでいかなくとも、人望はやはりその言葉の片りんを感じさせるかもしれません。

歴史上の人物で清濁併せ呑む方と言えば・・

さて??
誰かな~~~

立派な方はたくさんいますが、歴史上の人物とて、排除の論理が先行する場合もありますからね~~

しいて言えば・・「山本五十六」長官かな~~
作戦の不手際により、負けた司令官を排除しなかった・・人を教育する名人と言われた方ですね。

あとは思いつきません。
歴史上なら・・という意味です。

皆さんの、近隣ではいかがですか?
いますか?

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。