ルビコン川を渡るとは?意味と使い方!賽は投げられたは人生の転機!

12月の庭の風景写真

ルビコン川を渡るとは?
意味は、とても重大な事案で、後戻りできない決断を言います。
ルビコン川は小さな川ですが、カエサルによって歴史に刻まれました。
「賽は投げられた」その時の演説の一文。
使い方を例文と会話例で。類語や言い換え、反対語(対義語)と英語表現を通して「ルビコン川を渡る」の意味を深く理解していきます。

スポンサーリンク

 

ルビコン川を渡るの「ルビコン」とは?意味を詳しく解説!

 

ルビコン川を渡るのイメージ写真

「ルビコン川を渡る」
読み方はそのまんまです。
ルビコンとは「川」の名前です。

どこにあるの?

ほぼここ。

歴史的に有名な場所なので、、我こそは・・で、場所が二転三転、紆余曲折の議論があるようですが、ほぼこの辺という事で。
何せ、紀元前のお話なので、無理もなかろうかと。

当時の歴史から言うと以下の解説。

共和政期ローマにおいて、属州ガリア(ガリア・キサルピナ。「アルプスのこちらのガリア」の意)とイタリアの境界になっていた川。ラベンナとアリミヌムの間を流れ、アドリア海に注ぐ細流。どの流れをルビコン川に比定するか、古来諸説紛々としていたが、現在ではフィウミチーノ川がルビコン川にあたるとみられている。
(日本大百科全書)

ルビコン川を渡る思いとは?渡ったらどうなる?

「ルビコン川を渡る」
意味は、以下の解説です。

ある重大な決断・行動をすることのたとえ。
(故事ことわざ辞典)

そして、ルビコン川を渡った、大きな決断の後は

後戻りのきかない道へと歩み出すことになる」

「ルビコン川を渡る」
という例えは、この決断は後戻りはできない、重大な決断だ!

そのことを意味します。
いわば、人生をかけた決断とも言えます。

そして、「ユリウス・カエサル」は、、ルビコンを渡る禁を冒して、ローマの統一に踏み出したわけです。

 

ルビコン川を渡るの語源と由来のお話!

 

ルビコン川を渡るのイメージ写真

時は紀元前49年1月12日。(塩野七海さん著より)
ユリウス・カエサルの、ルビコン川を望んで麾下(カエサル直轄部隊第13軍)の部隊に向かっての演説。

「ここを超えれば、人間世界の悲惨、越えなければ、わが破滅」
「進もう、神々の待つところへ、われわれを侮辱した敵の待つところへ、賽は投げられた」

カエサルは当時は、ガリア(現在のフランス南部)方面の総督。
ガリア制服を成しとげた英雄。
三頭政治の「ポンペイウス、クラッスス」とカエサルは有名。
しかし、クラッスス亡き後は、ポンペイウスとの仲が険悪になる、元老院とポンペイウスが手を握り、カエサルの追い落としを。
ガリアからの帰還を命じたのだが、ローマの法律で当時の
「ルビコン川」
を、軍を引きいて渡ることは(ローマ国内)、法律違反で即終身刑。
しかし、カエサルのこの時点で、もし、丸腰でローマの元老院に出廷しても、同じ処遇が待っていたわけです。

率いるのは、カエサルが軍隊編成時から、編成の第13軍。
この13軍は、カエサル麾下で補充はしない方針で、本来「6,000人」の編成ですが、その時は約
「4500人」
程度。
13軍は、カエサルとともにあり、忠誠心はまさに、命を賭す覚悟のメンタリティー。

宿敵ポンペイウスは、この程度の軍隊では、ローマに攻めてくることは無かろうと、高を括っていたんだな。
ところが、カエサルは

「ルビコン川を渡った!」

賽は投げられたわけです。

*上記の演説文は、塩野ななみさんの「ローマ人の物語」の「ユリウスカエサル」のルビコン以前(上中下)ルビコン以後(上中下)で、詳しく書かれていて、とても面白いですよ~~
私は、この物語を確か28巻くらいまで読んだな。

そのあとも、どんどん出たのですが、仕事が忙しくて止まってしまいました。

スポンサーリンク

 

ルビコン川を渡るを使う場面を考えてみた!

 

「私はルビコンを渡る決断!賽は投げられた。」

賽とは、「サイコロ」で投げられたら、目が出るだけ。
そんな目が‥後戻りできないんだな。

やはり、絶体絶命の事態で、そこをやり過ごす、または回避するには絶体絶命の「人生を賭した決断」が求められるんだな。
そういう場面で

「ルビコン川を渡る決意」

をするであって、もし決断をした場合は

「賽は投げられた」

で、後戻りはできない。
そんな場面、そうそうないかと思いますが、如何ですか?

 

ルビコン川を渡るの使い方を短文の例文の作成で!

 

ルビコン川を渡るのイメージ写真

以下のように短文での例文を、作成してみました。

1:この難局を乗り切るには、ルビコン川を渡るくらいの、重大な決断が必要だな。
2:ルビコン川を渡る思いで、転職を考えて、実行することで賽は投げられた状態を、自ら自分に課した。
3:家の新築は、この先の長いローンを組むことで、自分にとっては「ルビコン川を渡る思い。賽は投げられた、進むしかない。
4:家の次の世代を決めることは、ルビコン川を渡る思い。決めたら一蓮托生・・進むしかないな。
5:全財産を委譲することは、私にとってはルビコン川を渡る思い。が・賽は投げられたのだから、先に進むしか道は残されていない。

私の思いです。
転職の時もそうだったな~~
家を建てる時も、何せ、一生の大仕事。
この先25年もローンの支払いは、一世一代の大仕事ですから。
決断してよかったです。
そして今は4番です。
そして5番も。

ルビコン川を渡るの会話例!

以下の会話で。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

お父さん、転職って何考えてるの?今のままで十分でないの?。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

はたから見たら、なんの不足も無いように見えるかもしれないが、俺は死ぬ思いだ!ここで路線を変えることは俺にとって「ルビコン川を渡る思いだ」

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

ルビコン川って何のこと?難しいこと言わないでほしいんだけど。

https://i0.wp.com/kotobaimi.jp/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png?ssl=1

それは自分で考えろ!いずれ、賽は投げられたのだから、後戻りはできようはずもない。

など、私の転職時の内容です。
後戻りはできませんし、給料は3分の一以下。
これを
「ルビコン川を渡る決意」
と言わんで、どうする?

スポンサーリンク

 

ルビコン川を渡るの類義語(類語)や言い換えはどんな言葉が?

 

ルビコン川を渡るの類義語(類語)は以下。

などなど。
言い換えとして、適当だと思うのは
「勝負に出る」
ですね。
実は、「背水の陣」かな~~とも思ったのですが、「ルビコン川を渡る」思いは、やはり攻め!
守りを転じて攻めもいいですが、やはり攻めるんです。
なので、「勝負に出る」がシンプルでよさそうに感じます。

 

ルビコン川を渡るの反対語(対義語)にはどんな言葉が?

 

ルビコン川を渡るの反対語(対義語)を考えてみました。
攻めと、一世一代の大勝負です。
反対は、平和な人生。
しかし、ことわざの習性上そうならないための布石も、含んでいるかと。

ならば、用意周到な意味もあるかと思います。

「備えあれば患いなし」

を提案します。
大きな、人生をかけた大勝負も、用意周到に、リスクマネージメントを行っていれば、そういう事態も回避されるかと。
まさに「備えあれば患いなし」で、人生をかけた勝負という、のるかそるかの勝負も、しなくていいかもしれません。

リスクマネージメントは重要かと思います。

・・・・・・・・
手こずるとは?
意味や由来のお話を。

手こずるとは?意味と使い方を例文で解説!由来や類語と英語表現!

背水の陣とは?

背水の陣の意味とことわざの由来は?使い方を例文と会話例で解説!

韓信のとった戦法。
しかし、最もやる気を起こさせる、陣形でした‥命がけですから。
・・・・・・・・・・

 

ルビコン川を渡るを英語で表現!

 

ルビコン川を渡るのイメージ写真

「ルビコン川を渡る」
を英語で表現すると、こうなります。

1:cross the Rubicon.(ルビコン川を渡る)
2:burn one’s bridges/boats. (背水の陣)
3:make a crucial decision .(重大な決断)

上の三つ。

1:cross the Rubicon.

は、シェークスピアの、内容でもこの表現を用いていますから、これで通用するかと。

「THE DIE IS NOW CAST」(さいは投げられた)

もこれが、シェークスピアの「Julius Caesar」の原文です。

スポンサーリンク

 

ルビコン川を渡るいい話!感想とまとめ!

 

「ルビコン川を渡る」
という意味と、賽は投げられたの意味や、語源の歴史的背景や、使い方を例文の作成で。
反対語は「備えあれば患いなし」で。
いろんな側面から「ルビコン川を渡る」を理解してきました。
意味のおさらいです。

ある重大な決断・行動をすることのたとえ。
(故事ことわざ辞典)

そして、「賽は投げられた」は、その重大な決断を実行して、後戻りできないことを意味します。
こういう決断って、ありますか?

私の場合は、転職と家の新築だったような気がします。
何とか、乗り切ってきました。

「神は能力以上のリスクは与えない」

というのを、どこかで読んだ気がしますが、判断したなら、それは乗り越えていけるんだと思います。
後は、人生を賭しているのですから、その重要度から、判断できるかどうか?
そういう事にも思います。

皆さんは、如何思いますか?

ルビコン川を渡るのイメージ写真

ルビコン川を渡るいい話!

「ルビコン川を渡る」
自分にとって、いい話というのはなんだ?

「逆境」

という言葉、私は大好きです。
人間追いやられたときこそ、真価を発揮できるものと、私は信じています。
会社で、それなりの立場でいると、常に「首」と背中合わせで、暮らしてきました。

常に「ルビコン川」状態だったな~~と。
勿論、その決断って、めったにしませんし、そんな軽い物ではありません。

人生長く生きてくると、「ルビコン川を渡る」決断も、何度かあります。
決断したら、振り返ったらダメ。
進むだけです。

「賽は投げられた!」

のですから。

・・・・・・・・・・・・
弘法も筆の誤りとは?
大師様も間違うんだな。

弘法も筆の誤りの由来は誰のこと?同じ意味のことわざや類語と英語!

三つ子の魂百までもとは?

三つ子の魂百までとは本当?意味と使い方や由来や類語と英語表現!

意味や使い方や、由来のお話を解説しました。

・・・・・・・・・
*ヘッダーの写真は、12月の我が家の庭の風景写真で。
寒いです・・石も凍っています。

スポンサーリンク

関連記事