降雪予報で降水量1㎜換算は雪は何センチ?積雪量と降雪量の違いは?

栗駒山の紅葉の写真

積雪予報で降水量1㎜の予想ならは雪は何センチ積もる?
答えは約1㎝ですが、気温の差を考慮すると、どう変化するか予測してみました。
積雪量と降雪量の違いを、それぞれの用語の意味から解説。
雪の予報でも、降水量が用いられる理由や、測定方法も紹介します。

スポンサーリンク

 

降雪予報(予想)で降水量1㎜は雪が何センチ積もる?

 

庭の雪の写真
(2021年冬の庭の雪の写真:えらい雪でした)

雪がどのくらい降るかは、「降雪予報」で凡そ知ることができます。
しかし、降水量の何㎜での予想なので、実際にどのくらいの雪が降るかは、一般には予想しずらいのが実態ではないでしょうか?

凡そですが、外気温が0度近辺で

降水量1㎜ = 降雪1㎝

が、大体の目安。
気温が低くなって、マイナス10度とかになると、雪質がだんだん変わってきます。

湿った雪 = 1㎜で1㎝
乾いた粉雪 = 1㎜で2㎝(例えば)

と、湿った雪と、乾いた雪では、同じ降水量でも降雪量(雪深さ)が違います。
私は雪国に住んでますから、扱いやすいのは同じ量でも乾いた雪。
昔は、竹箒で庭の雪が履けました。
今は、湿った雪が多いので、無理です‥トラクターの出番です。

ちなみに、こんなグラフがあります。

降雪と降水の比率のグラフ
(日本気象予報士会より)

このグラフ、面白いですね。
気温による、降雪量と、降水量1㎜あたりの換算グラフです。
気温が低くなると、降水量1㎜あたりの、降雪量が増えていきます。(マイナス6度で2㎝近辺)

降雪量と降水量の測定方法!

降雪量を、降水量に換算するのは、原始的です。
ただ、装置の雨量計は最新。

1:降った雪を、測定器のヒーターで、自動で融解し(溶かして水)降水量として測定

こういう仕組みなんですね。
降った雪は、その機械上のヒーターで、自動で溶かされて、水にして「降水量」として測定します。

降水量は「0.5㎜」単位です。

「転倒マス型雨量計」を使用。
受け皿に降水量0.5mmに相当する雨が溜まったら、傾いて降水を排出し、その回数をカウントする仕組み。(0.5mm単位で測定)

こんな仕組みになっています。
表示は1時間当たりの降水量です。

降雪量に降水量を用いる理由は?

これは、はっきりした回答はないようですが、私は上のグラフが理由になってると思います。
日本は北から南まで行ったら、冬の雪質は全く違います。

ふわふわのパウダースノーから、じっとりと湿った重たい雪まで。
それを一緒くたに「降雪量」で表現は、均等な表現とは言えないと思います。

なので、それを溶かして降水量に換算すると、どの地域でも平等に表現できる。
そんな理由からだと、調べていて、私なりに結論付けました。

スカスだ・・冬に降水量100㎜なんつったら、これはえらいことになりますね。

スポンサーリンク

 

降雪量と積雪量の違いと定義は?

 

(2021年冬の庭の雪の写真)
(2021年冬の庭の桜の木の雪の写真)

天気予報では

「降雪量が降水換算で〇㎜で、積雪は〇〇cmになることが予想されます。」

のような表現がされますが、何これ?
って思うのが、冬の雪予想だと思います。
まずは用語から。

降雪量とは?

降雪量:一定期間当たり降った雪の量
単に「降雪」とも言われます。
通常は、〇時から〇時までという時間を、区切る予報が多いです。

「夜10時から明け方の5時までに、多いところで1mの降雪が予想されます」

みたいな感じ。
ではどうやって測定する?

降雪と積雪のグラフ
(ウェザーニュースより)

上の図で、現在の積雪、左の深さに、降った雪の差を、時間当たりの降雪量に、置き換えます。
例ですが、9時の時点の積雪は20㎝ですが、10時台では22㎝なので、その差は2㎝なので、この「2㎝」がこの時間当たりの降雪量になります。

気象の観測では、上の図のように時間当たりの降雪を観測するのが、基本です。

なんで時間当たり?

雪は、湿度や自重の重みで、積雪の深さが減ってしまうために、1時間あたりにしているという理由です。

*測定には正確さを期すために、レーザー光を使用するみたいですね。

積雪量とは?

「積雪量」
の定義は以下です。

「観測所の周囲の地面の1/2以上が雪で覆われた状態」(積雪という):気象庁地上気象観測法
「自然に降り積もって地面などに堆積している雪やあられなどの深さ」

で、「積雪」とも表現されます。
お天気予報では

「午後5時時点での〇〇市での積雪量は1mに達しています」

のような表現ですね。
ある時点での、トータルでの雪の深さを表します。
上の図でいうところの、トータルの雪の量。
例えば18時の時点では「30cm」なので、これが積雪量になります。

スポンサーリンク

 

降雪量の合計が積雪量にならない理由!

 

二月の栗駒山の写真

天気予報で、降雪予測が

一昨日:30cm
昨日:50㎝
今日:30cm

で都合1.1mなのですが、実際の庭の雪は?
図ったら、70㎝しかなかった。

これは、今年2021年2月ころの、我が家の庭のこと。
実際は、累積では冬の間数メートル降ったのにもかかわらず、1.2mくらいでした。(計ってみました)

これは、雪が自分の重みで、圧縮されるためや、時間の経過では溶けた分もあるから。
短期間なら、上の表現が実際に近いかと思います。

湿った雪なら、なおさら差が出ます。

・・・・・・・・・
平年並みという言葉がありますが、それの定義は?
2021年に見直されました。

平年とは?平年並みと例年並みの違いと気温なら過去何年の平年値か?

高気圧と低気圧のでき方の違いは?

高気圧と低気圧のでき方は?違いと種類や空気の流れについての考察!

お天気は、高気圧と低気圧ですよね~~
・・・・・・・

スポンサーリンク

 

降雪量と積雪量の違いや降水量換算の感想とまとめ!

 

我が家の屋根からのつららの写真
(我が家の屋根のつら)

「降雪量」の換算で、降水量1㎜では何センチの雪だ?
答えは、平均気温が0度近辺で約
「1㎝」
でした。
平均気温が、下がるとマイナス6度近辺では「2㎝」に上がります。
これは、雪質の問題で、いわゆる

  • 1:粉雪(パウダースノー)
    2:湿った雪

では、雪の密度が違うから。
2はより水分を含んでいますから、降雪は少なく見えますが、しかし重くて厄介です。
1は、軽くて扱いやすいです。

最近の雪は、ここ、宮城県の山奥の僻地でも「湿った雪」が多いです。
何せ、気温が高いです。

昔は「-17度」なんて普通にあったものですが、最近はマイナス10度以下は、そんなにないです。
感覚的には、5度は上がった感じがします。(20年以前も前より)
2021年の1~2月でも、粉雪らしいのは、数回のみ。
後は湿った重たい雪です。

マイナス17度の雪だと、箒で雪が掃けます。
朝、道路までの門口の雪を、箒でかいたものですが、最近は無理です。
箒では歯がが立ちません。
トラクターの出番です。

異常気象なんでしょうね~~気温が高いのに雪が多い!
2021年1~2月は、そんな年でした。
2020年は、驚くほど雪が少なかったですし。

いずれ、雪は嫌いです‥生活に支障が出ますから。
(好きな方ごめんなさい)

・・・・・・・・・
偏西風ってなんだ?
蛇行する理由は?
そんなことについて、考察してみました。

偏西風って何?なぜ蛇行するかをわかりやすく!季節風と貿易風の違い!

降水量とは?

降水量とは?1mmと5mmと10mmと50mmと100mmの降雨量の目安を考えた!

測定方法や、各節目の目安について、表現してみました。

・・・・・・・

*ヘッダーの写真は、宮城県の栗駒山の紅葉で、私が撮影した写真です。
とてもきれいな紅葉です。
(終わり加減ですが・・)

スポンサーリンク

関連記事