鯉の寿命は何年?錦鯉は水槽飼育より外の池がベスト!私の例紹介!

鯉の寿命は、平均で20年以上で、長寿は70年ほど、しかしギネスでは白川郷でのはな子という鯉の226歳という記録があります。
こう見ると、住む水や水質などの、環境次第なのかもしれませんね。
水槽では、難しいかな~と思いますが、我が家の池での飼育を紹介します。

スポンサーリンク

 

錦鯉を買ってきた!

 

錦鯉を購入した写真

「鯉」
を買ってきました。
赤と黒と、白と黒が混じった、これ
「錦鯉」
なんだべな~~と。
ここから17kmほど行ったところに、養鯉場があるのですが、そこで。

買ったのは

  • 1:3匹:5,000円
    2:2匹:2,000円

です。
元々池には、自然の和鯉と、黄色と白の鯉の3匹がいたのですが、これでは少し寂しいので。
孫に

「鯉がもっといるといいね。寂しくないから」

なんていわれると、ついつい・・んじゃー買いに行くか‥といって、自分で選ばせました。
実はこれが一回目。

そのあと、これでも寂しいな~~と思い

3:3匹:3,000円(1匹1,000円)

のを買い足して、都合購入したのは

合計:8匹

です。
今いるのと合わせて「11匹」になったな~~
家族が増えた気分です。

錦鯉を池で飼育している写真
*黒が一番大きい和鯉、白と黄色が既存の鯉です。
他は購入した鯉

 

鯉の飼育には水槽はお勧めできない理由は?

 

鯉は、何でも食べるようですね。
うちでも、昔は余ったご飯などをやっていました。

金魚と一所に鯉も飼ってみたのですが、今ではやめてしまいました。
さらに、鯉単体でも飼育してみたのですが、私には無理でした。

なんで?

水質の問題と、一度病気になると、ほぼ全滅になってしまいます。
いろんな、あの手この手で、金魚や鯉を飼ってみたのですが、やっぱし諦めました。

水や、病気の管理って、私には無理だな~~との結論ですね。

しかも、鯉は大きくなります。
それなりの、大きな水槽を用意しないと、これかなり高価!
水槽次第で、大きくなるのが抑制されるということですが、私の場合はそこまでいきませんでした。

挑戦する方は、もちろんやっていただいていいのですが、結構しんどいと思います。

家の裏に池があるのに、なんで水槽?

ってことで、裏の池で買うことに。
そこにはもともと、60㎝クラスの鯉がいたのですが、小さい鯉ではな~~と。
鯉の大きいのは、結構高いです。

錦鯉を池で飼育している写真

買いに行った、養鯉場でもそのクラスになると、3万円~ということで、ちょっと無理ですね。

今いる大きな鯉は、いただいたものです。
近くの方から、いらないからと言うことで。(池やめた)

スポンサーリンク

 

鯉の池の水質が問題な理由!自然な湧き水が一番!

 

錦鯉を池で飼育している写真

我が家の池の水質は、多分抜群です。
裏に小川が流れているので、その水は湧き水の源泉です。
水道がない時代の、我が家の生活水は、江戸の時代からこの水でした。

隣のお宅もそうです。
この沢から池に水を引いて、その水をふろにしたり、ご飯を炊いたり、みそ汁だったり・・・要は、生活の源。
山からの絞り水で、素晴らしい水だと思います。

この環境、生かさない手はないな~~と。
何せ、ここから300~500mほどの間に民家が4軒ほどで、その先は山の頂上に行くだけですから。

水道の水は、そのず~~っと奥から引いてる、湧き水の源泉です。
田んぼのコメの栽培の水は、その民家がなくなった奥から、直接引いてますから、生活排水がほぼ入らない湧き水です。
川の源泉なんだな~~

鯉の寿命を見ても、やっぱり水が一番のようですね。
人間が、空気を吸うのと同じで、PM2.5が浮遊している環境では、やっぱしね~~空気のいい環境なら、長生きもしそうです。
・・・・・・・
平年並みってどういう基準だ?

平年とは?平年並みと例年並みの違いと気温なら過去何年の平年値か?

例年並みとの違いなどを考察してみました。
・・・・・・・・・・・

 

鯉の天敵はここでは小動物!池の周囲に網を張った!

 

錦鯉を池で飼育している写真

写真で、紹介しますが池の周囲には網を回しました。
お世辞にもきれいとは言えませんが、ま~~これで。
ちょっと網の高さが低いかな~~とは思うのですが、これはまた後で検討します。

写真に写ってる、鯉の住処はコンパネを浮かせて、石で重しをかけています。
これないと、冬越せないんだな~~
冬はこの中で、じっとしているようです。
当然、池は氷はって周囲は雪一色!

上に貼ってるテープは、サギ対策です。

この辺には、サギがよく飛んできます。
良く、向こう側の杉の木のてっぺんに止まって、こっちを見ているんですよ~~
狙ってるのが見え見えなんだな。

このテープを張ることで、防止できているようです。
後は、よく月明かりで、ぴかぴか光るので、小動物対策にもなってるかな~~という印象です。

スポンサーリンク

 

鯉と鶏と犬のペットが我が家の家族!

 

烏骨鶏の写真

このほかにも、犬と鶏がいます。
最近鶏は、烏骨鶏のめんどりに、ひなが誕生していただいたものです。
ほかに、5匹います。
こちらは、卵を取るために飼っているのですが、孫が喜んで餌をやっています。

小さい時から、動物に接するというのは、結構大事なことに思います。

錦鯉を池で飼育している写真

写真は随所に入れておきました。
こんな感じの池です。
決してきれいではないですし、自慢できるものでもないですが、田舎の自然を感じていただければと思います。

鯉の寿命まで、生きられるかどうかは別として、こういう環境が心を和ませることは、言うまでもないことだと感じます。
自然の中で、共生するという大切さは、すごく感じます。
・・・・・・・・・・・・
発酵性食物繊維というのがあるんですね~~

発酵性食物繊維とは?食材や食品の種類にはどんなものが?納豆は?

私は全く知りませんでしたが、納豆と聞いて、あ~~ヤッパシの世界でした。

スポンサーリンク

関連記事