躍進と飛躍の違いは?躍進とは 意味と使い方の例文や英語表現考察!

冬の庭の風景

躍進と飛躍はどう違う?

読み方は「やくしん」と「ひやく」です。
躍進を中心に言葉の意味を解説します。
使い方の場面や例文を自分なりに考えてみたので、紹介します。
さらに、英語での表記や表現はどうなるかも、考えてみました。
躍進と言う言葉は、いろんな文章や言葉の場面では、類語も含めてとても使う機会が多いような、そんな気がします。

スポンサーリンク

 

躍進の意味や飛躍との言葉の違いの考察!

まず最初に「躍進」の読み方は

「やくしん」

です。

躍進の意味は?

漢字をばらしてみると

  • 躍:躍り上がる・跳躍・飛び跳ねるなどなど・・
    進:進むですね・

なので、一歩一歩のような、亀のような歩みではなく、ジャンプするような、跳躍するように発展したり、うまくなったり会社なら企業経営上の利益や規模が、飛躍的に躍進!

などと、こんな感じの意味ですね。

辞書によると:めざましい勢いで進出・発展すること。
(GOO辞書)

このように記されています。

躍進と飛躍の違いは?

さてではこの比較ですが、ではどっちが発展度と言うか、進み具合で大きいのでしょうか?

どうやら、その言葉によってちょっと発展の度合いが、違うようです。

  • 躍進:途中の過程があって、それが芽が開いて大きく発展。

    1:大阪ナオミ選手の躍進
    2:プロ野球チームの最下位からの大躍進
    3:企業業績が大きく躍進

飛躍:大きく発展して活躍
:急速に進歩して向上する(GOO辞書より)

1:今年は飛躍の年にしたい!

飛躍の場合は、順序は束してかけ離れたところや、段階に写ることにその言葉の意味の特徴があるようです。

この辺が、大きな違いかと思います。

あり得ないレベルに達することなどを、言うのかもしれませんね。
私はそう思いました。

スポンサーリンク

 

躍進の語源をしらべてみた!

躍進の語源は?

特に、故事や熟語の世界では、なさそうですね。(調べて限りでは・・・)

なので、単純に漢字の意味の組み合わせに感じます。
上で紹介したように、漢字をその文字で見ると

  • 躍:躍り上がる・跳躍・飛び跳ねるなどなど・・
    進:進むですね・

この二つの、単字の漢字を組み合わせて、意味にする・・このパターンって、結構あると思います。

躍進とは?言葉を使う場面と使い方の例文を考えてみた!

躍進の使い方についての考察です。
例文も自分なりに考えてみました。

躍進の言葉を使う場面は?

躍進と言う言葉を、使う場面は結構多そうに感じます。

企業なら

  • 1:友人のAが勤務する会社、今年売り上げが大躍進で、財務的に健全になったらしく、どうやら店頭公開するらしい。
    2:今年、携帯電話の新規参入のA社は、格安と評判で契約者が伸びて、躍進の年だったな~~

スポーツなら

  • 1:大阪ナオミ選手、今年世界ランキングが大躍進で、賞金ランキングもトップクラスだ!
    2:ゴルフのメジャー大会で、アワや優勝かと思われるような活躍で、躍進の年だったA女子プロ!

私のこと

  • 1:日々努力するも、なかなか躍進どころか、成長することすらかなわぬようだ‥何が悪い?
    2:会社の業績は、躍進するどころかこのコロナ過で、瀕死の状態・・どうなる?

などなど・・適当に‥

躍進を英語で表現するとどんな表記になる?

躍進を英語で表現すると、どうなるかな?

躍進の英語表記で検索すると・・

躍進:Breakthrough

と出てくるようですね。
でも、之って突破口的なイメージがあるのですが、どうでしょうか?

他には

  • 1:make rapid progress
    2:make rapid advance

こちらはなんとなくわかりやすいです。
特に

2番の:make rapid advance
はかなり私の場合はしっくりくるな~~の印象です。

躍進の類義語や言いかえの言葉はどんだけある?

躍進する・・これを言い換えると、面白いことがわかってくるように思います。

  • 1:進歩する
    2:大きな進化を遂げる
    3:強く強化されてスポーツなどの成績に反映
    4:パワーアップ・・
    などなど・・では類義語ではどんな言葉があるのか見てみましょう。・

躍進の類義語はどんな言葉がある?

概ね以下のようですよ~~~

  • 1:飛躍
    2:発展
    3:進歩
    4:ジャンプアップ

使い方の場面によっては(企業など)

  • 1:急進(売り上げなど)
    2:急成長
    3:急伸(株価など)

そのほか、たくさんあるようですが、表現する対象によっては、使い分けが必要にも思います。

 

躍進の言葉の感想!

「今年は飛躍の年にしたい!」

とは言いますが

「今年は大躍進の年にしたい!」

とはあんまし聞かないですね。
やっぱし、個人の成長的なことについては「飛躍」と言う言葉はしっくりくるように思います。

特に、これを書いてる今は「新年」なので、なおさらそういう印象を受けます。

躍進と言う言葉は、私が思う感じるイメージはやっぱし

「企業」「成績重視の方」

などが、イメージになるな~~なんて、個人的に思うのですが、皆さんはどう思いますか?

もちろん個人でも

「Aさんは部長になって、今年は大きく躍進した一人だなあ~~」

などと行くのはいいかと思いますが、それは他人を評価すること。

自分と言う対象を考えると、やっぱし

「大きく飛躍したいな~~」

って思うのですが、こんな感じでいいのかな?

ずれていたらスイマセン。

スポンサーリンク

関連記事