四寺回廊とは?東北みちのく古寺巡礼の山寺や瑞巌寺の御朱印は?

四寺回廊毛越寺の庭園の風景写真

四寺回廊の四寺はどこだ?
東北みちのく古寺巡礼の、4か所の名刹、山寺や瑞巌寺の御朱印を頂いたので、その写真も併せて紹介します。

今みちのく四寺には、共通点がありますが、その内容も併せて。
山寺の経堂は、とてもきれいな場所でした!

スポンサーリンク

 

四寺回廊の意味やみちのく名刹の旅を紹介!

 

四寺回廊の案内の写真

四寺回廊とは?

以下のようです。

四寺廻廊(しじかいろう)は、9世紀に円仁(慈覚大師)が開山し、17世紀には松尾芭蕉が訪れた、東北地方の4つの寺を廻る巡礼コース。岩手県平泉町の中尊寺・毛越寺、宮城県松島町の瑞巌寺、山形県山形市の立石寺(山寺)によって2003年(平成15年)6月に発足した。
(wikipediaより引用)

慈覚大師円仁が開山した、東北の名刹の4つの寺を、回って御朱印を頂く巡礼コースです。
私も一度まわりました。

二回目を開始した時に、2020年の世の中の変化によって、一度中断してそのまんま。

 

四寺回廊の四つの寺は?

 

以下の四つです。
上の説明にもありますが、とても古い寺ですが、今はすごくきれいに整理されて、昔のまんま・・もちろん初期の物とは違いますが、それでも雰囲気は感じます。

特に山形県の山寺は、石段が1000段以上もあって、写真でも紹介しますが、経堂は素晴らしい風景を見せてくれます。

  • 1:世界遺産:中尊寺
    2:世界遺産:毛越寺
    3:日本三景松島:瑞巌寺
    4:山寺立石寺

の四つです。

 

四寺回廊の名刹の場所は?マップで紹介!

 

四寺回廊のマップは以下のようです。
岩手県の世界遺産「奥州平泉」と、日本三景の「松島」にある瑞巌寺。
それと、山形県の「山寺立石寺」の場所になります。

四寺回廊の地図

ちょっとわかりずらいですが、マップ上に表記してみました。
岩手県と宮城県と山形県、三県にまたがっています。

ちょっと距離はありますが、めぐってみるとその場所では、そこだけではなく観光地にもなっています。
なので、とても楽しめます。

食べるものも豊富なので、グルメを楽しむのも1つの方法かもしれません。
それとやはり専門の御朱印帳がいただけますので、これも楽しみの1つだと思います。

スポンサーリンク

 

四寺回廊の4つの寺の写真!

 

それぞれの場所の、4カ所のお寺の代表的な場所の写真を下に貼っておきます。
たくさん写真はあるのですが、一目でわかるようなところと言うところでチョイスしてみました。
写真は私の撮影です。

1:奥州平泉中尊寺

中尊寺の専門の写真

ここは奥州平泉中尊寺の正門です。

2:奥州平泉毛越寺

奥州平泉毛越寺の写真

毛越寺を正面に望む場所。
ここの風景が、私は大好きです

3:日本三景松島「瑞巌寺」

瑞巌寺の正門の写真

この門の向こう側に、長い参道があってその向こうに、瑞巌寺があります。

4:山寺立石寺

山寺立石寺経堂の写真

とても絵になる素晴らしい風景だと思います。
時期は12月でしたが、とても暖かい日でした。

この4カ所が「四寺回廊」として、巡礼するルートになります。
もちろん、順番は好みに応じて。

次に、いただいたご朱印を紹介します。

 

四寺回廊でいただいた御朱印を紹介!

私の1回目の四寺回廊の時の、御朱印帳を紹介します。
1番最初に行ったのは、山形の山寺立石寺です。
4寺回廊の御朱印帳は、専門にその4カ所のお寺で売っています。
確か1000円ちょっとだったような、忘れましたがそんなような値段だったと思います。

御朱印帳はこういうデザインになります。

四寺回廊の御朱印帳の写真

これに、各お寺の御朱印を押していただきます。

山寺立石寺の御朱印

1番最初に、山寺立石寺に行きましたのでその時の御朱印です。

4寺回廊の山形立石寺の御朱印の写真

日本三景松島瑞巌寺の御朱印

2回目に行ったのが、松島の瑞巌寺です。
御朱印は、追加されていきますから、以下のような写真になります。

4寺回廊の松島瑞巌寺の御朱印の写真

世界遺産奥州平泉毛越寺の御朱印

3箇所目が、世界遺産奥州平泉毛越寺の御朱印です。
ここは大泉が池と言う、日本庭園を模した池を中心にした風景が、とてもきれいな場所です。

四寺回廊奥州平泉毛越寺の御朱印の写真

世界遺産奥州平泉中尊寺の御朱印

同じく、世界遺産の奥州平泉の中尊寺の御朱印です。
ここで、4寺回廊が完結しました。

四寺回廊世界遺産奥州平泉中尊寺の御朱印

完了した場所で、その最後のところの寺の色紙がもらえます。
私は、奥州平泉中尊寺で、達成しましたのでこちらの御朱印をいただいた場所で、以下のような色紙をいただきました。

四寺回廊達成の奥州平泉中尊寺の色紙の写真

中尊寺らしい「尊」と言う感じの色紙ですね。
実は、この最後にいただける「色紙」は、各4箇所で全て違います。
それを4カ所集めるのが、まぁ目的の方もいらっしゃるようですね。

実はそれは私です。
でも、他の方ももちろんいるようです。

スポンサーリンク

・・・・・・・・・・・・・・・
戦国大名の石高ランキングです。
また兵力動員数は?
そんな考察です。

戦国時代の石高ランキング上位ベスト10は?石高に見る兵動員数!

石高で、一石は江戸時代ならいくらの金額だったんでしょうか?

石高で1石は江戸時代で現在の価値ではいくら?武士の年収も調査?

ついでに武士の年収も調べてみました!
・・・・・・・・・

 

四寺回廊の感想と4回まわる途上の報告!

 

「四寺回廊」

をしようと思ったきっかけは、ポスターです。
どこが企画したポスターが分かりませんが、JRとかかな〜〜

四寺回廊が、発足したのは「2003年」とあります。
2003年6月13日、この四寺が連携して

「みちのく古寺巡礼 四寺回廊」

が発足という内容ですね。
奇しくも、6月13日は自覚大師円仁が838年遣唐使とともに博多津より、出航した日にあたります。
そしてこの日は毎年四寺の僧侶が参集し

「慈覚大師報恩法要」

が、執り行われているようです。

その後では・・

俳人の松尾芭蕉が、この4つの寺を訪れたことでも有名ですね。
「夏草や兵どもが夢の跡」
「五月雨の降り残してや光堂」
「閑や岩にしみいる蝉の声」

等々が、有名な俳句で学校でも習いました。
それぞれの場所で、この松尾芭蕉の歌碑が建っています。

とても素晴らしい、歴史的な遺産で私も大好きな場所です。
特に、奥州平泉は大好きな場所で、年に何度も足を運びます。
写真が趣味なので、素晴らしい被写体だと思います。

もちろん松島も大好きです。
こちらは、私の専門ブログがありますので、以下に紹介しておきます。

皆さんも陸奥古都巡礼いかがですか?
・・・・・・・・・

戦国時代の陣形は?
合戦には作戦がものをいうのですが、陣形ももちろん大事ですね。

戦国時代の合戦の陣形は?主要陣形一覧と武田八陣形を考案は誰だ?

天下人の徳川家康公の出世の記録!

徳川家康の石高の推移と増え方を歴史の年表で!幕府開始時は幾ら?

戦国時代からの、石高の増え方の考察です。

スポンサーリンク

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。