秋雨前線とは 時期と気団はいつまで?停滞前線の動きや天気図の特徴!

自宅庭の草花の写真

秋雨前線とは?
意味は、9月前半から10月前半に日本の南岸沿いに現れる停滞前線で、別名秋霖前線ともいいます。
梅雨前線との形の違いや、時期的なものや気団の形など。
停滞前線の動き方の特徴や、天気図の形など秋雨前線について、考察してみました。
雨は嫌ですね~~

スポンサーリンク

 

秋雨前線とは?意味と暦の上での時期はいつかについて!

 

秋雨前線のイメージ写真

「秋雨前線」

読み方は「あきさめぜんせん」です。
意味は以下のようです。

季節が、夏から秋に移り変わる際、真夏の間本州一帯に猛暑をもたらした太平洋高気圧が南へ退き、大陸の冷たい高気圧が日本海や北日本方面に張り出す。この性質の違う2つの空気がぶつかる所は大気の状態が不安定になり、秋雨前線が発生する。
(wikipediaより)

最近は、ジェット気流の蛇行により、季節がなんとなく、変な感じになってきているように感じます。
が、基本は、上のような説明です。

梅雨が終わって、夏の猛暑が終わって、季節は秋に。
すると、シベリアの方から、高気圧が周期的に訪れるのですが、これが冷たい空気を持ってきます。
夏の暑さをもたらした、太平洋高気圧は、太平洋に南下して、その高気圧同士のぶつかり合うところに、前線ができるんだな。
これが

「秋雨前線」

です。
季節はおおむね9月~10月なのですが、何か2021年は、8月のお盆の時期から、そんな感じです。
特徴的には以下です。

梅雨前線
北日本:雨量少ない
九州や中国地方:雨量多い

秋雨前線
北日本:雨量多い
九州や中国地方:雨量少ない

こんな傾向があるのですが、最近はなんかお構いなしに感じます。

秋雨前線のイメージ写真

 

秋の暦で特別な秋霖とは?

 

「秋霖(しゅうりん)」とは?
以下のようです。

秋の長雨をいう。霖は長雨のこと。梅霖といえば梅雨のこと、春霖は春の長雨である。梅雨は南ほど早く始まって北上するが、秋霖は北で早く始まって南下する。降水量は、九州、四国南部などは梅雨のころに多く、東海や関東地方は秋霖のころのほうが多い。
(wikipediaより)

この内容から見ても、上の雨量の法則が見えて取れます。
お天気も奥が深いですね。

この季節は、秋雨前線が停滞して、「秋の長雨」ということわざ通り、いや~~な~~季節の雨です。

スポンサーリンク

 

秋雨前線と梅雨前線の違いについて!

 

基本的に、秋雨前線も梅雨前線も、高気圧と高気圧との間にできる前線。
高気圧同士が頑張りあうんだな。

梅雨前線:太平洋高圧と、湿った冷気のオホーツク海高気圧の高気圧との間にできる前線。太平洋高気圧が勝って前線は消滅する。そして真夏になる。

秋雨前線:日本海や北日本に張り出した、寒帯高気圧と、太平洋高気圧がぶつかってできる前線。低併用高気圧南下で消滅する。

高気圧が、太平洋高気圧が強いか、寒帯高圧が強いかで別れると理解しました。
秋雨前線は、基本冷たい空気ですから、雷雲の発生は少ないですね。

次に天気図で見てみましょう。

 

天気図で梅雨前線と秋雨前線の気団と停滞前線の動きを比較してみる!

 

画像で比較してみますが、さすがウェザーニュースです。
これすごくわかりやすいです。

秋雨前線の説明画像
(weathernewsより)

もう一枚。こちらもわかりやすいです。

秋雨前線の説明画像
(weathermapより)

梅雨前線は、南から太平洋高気圧が北上します。
北からの高気圧との境目に、前線ができます。
この太平洋高圧は、すごく暖かく高温。
なので、雷も多く発生します。
雨量は当然、南側が多いですね~~

秋雨前線は、北からの高気圧の寒帯高気圧が南下。
張り出してる太平洋高気圧を押し下げます。
この場合は、北から南下ですから、雨量は北日本で多くなるは必定。

でも、どうもそうでないような気もするんだな~~最近の天気は。
・・・・・・・・・・
お天気での平年並みとは?
平年の基準が2021年に切り替えられたようです。

平年とは?平年並みと例年並みの違いと気温なら過去何年の平年値か?

風速何メートルと言いますが、どんな現象になるんでしょうか?

風速5mと10mと15mと20mと30mと50mってどの位?瞬間と最大の違いは?

段階的な症状を書いてみました。
・・・・・・・・・

 

秋雨前線の特徴にはどんなものが?

 

秋雨前線のイメージ写真

秋雨前線の特徴は以下のようです。

  • 1:停滞する期間は短い(梅雨前線に比べて)
    2:秋の長雨というくらい長期間の場合がある
    3:気温が低い
    4:雷は少ない
    5:梅雨と違って、初期に雨が多い
    6:南よりも北日本で雨量が多い傾向
    7:台風を呼び込むと災害級になる

などなど・・他にもありますが、こんなところで。
秋の長雨は「台風シーズン」でもあります。
雨量が少なくとも、注意が必要です。

スポンサーリンク

 

秋雨前線はひとめぼれ(コメ)の大敵!感想とまとめ!

 

「秋雨前線」

について、いろんな角度から見てきましたが、発生のメカニズムなどは、画像から明白だと思います。
地球の自転から、南中高度の変化や、ジェット気流の流れなどなど、いろんな要素が絡み合って、気候が変動していくんだと思います。

季節って、ほんと面白いような、周期があるんですね~~
驚きます。
これが、自然の営みなんですね。

2021年は、8月の梅雨の終わりのような、そんな形の前線ができて、天気予報では「秋雨前線」とは言ってるようですが、どうも変です。

地球温暖化の影響なのか、どうにも季節感の中でも、気温や雨や雪の量が、不規則になってきたような気がするんだな・

秋雨前線のイメージ写真

 

秋雨前線はひとめぼれには大敵!稲刈りがしんどい!

 

私は兼業農家です。
コメの栽培ですが宮城県の山奥の僻地で、「ひとめぼれ」を、「1.5ha」ほど。
30㎏の袋で、約200以上ですが収穫できます。

この秋の長雨・・田んぼが乾かない。
おのずと、ぬかるんだ田んぼなので、コンバインがかわいそうだ。
そう思いながら、毎年稲刈りするんだな。

今年も雨が多いかな~~
って、毎年8月後半なったら考えるんだっけな~~

ここ10年くらい、毎年コンバインの歩いた後が、まるで戦車みたいだ。
みんなが、車下りてそのあとを見ていくんだな~~

しんどい!!

・・・・・・・・・・・
偏西風ってなんだ?
蛇行する理由は?

偏西風って何?なぜ蛇行するかをわかりやすく!季節風と貿易風の違い!

降水量の段階的な節目での、量の目安など。

降水量とは?1mmと5mmと10mmと50mmと100mmの降雨量の目安を考えた!

どのようなことが降水量によって起きるか、考察してみました。
・・・・・・・・・

*多分に自分の主観も交えて書いてますので???な部分があっても容赦ください。
ヘッダーの写真は、愛器のX-S10で撮影の自宅の庭の草花の写真です。
エビネランと湯薬かと思います。

スポンサーリンク

関連記事